231件中 81 - 90件表示
  • そば茶

    そば茶から見た食品衛生法食品衛生法

    これら原材料は 食品衛生法によるアレルゲンの特定原材料5品目の一つとして表示が義務付けられている。そば茶 フレッシュアイペディアより)

  • ポリオレフィン等衛生協議会

    ポリオレフィン等衛生協議会から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法など法令の普及・徹底ポリオレフィン等衛生協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 動物用医薬品

    動物用医薬品から見た食品衛生法食品衛生法

    抗生物質、合成抗菌剤、内寄生虫駆除剤、ホルモン剤があり、薬事法による承認が必要である。また、抗生物質、合成抗菌剤、内寄生虫駆除剤の三つには、同じく薬事法で使用対象動物、用法・容量、使用禁止期間などが規定されている。また、食品衛生法に基づく告示「食品、添加物等の規格基準」(厚生省告示第370号)の中で、食品への抗生物質の含有禁止、食肉・食鳥卵及び魚介類への科学的合成品たる抗菌性物質の含有禁止が規定されている。動物用医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • マラカイトグリーン

    マラカイトグリーンから見た食品衛生法食品衛生法

    アメリカでは1981年に、EUでは2002年に食品への使用が禁止された。ウナギへの残留が問題になった中華人民共和国でも、2002年に食用動物への使用が禁止された。日本では、食品衛生法により食品中から検出されてはならないと規定している。しかしながら2007年7月に中国産の切り身サバから、2008年7月に中国産の養殖ウナギから検出された。マラカイトグリーン フレッシュアイペディアより)

  • ポリタンク

    ポリタンクから見た食品衛生法食品衛生法

    変色やカビの繁殖などを外部から確認しやすいことや、燃料・薬品用のポリタンクと区別するため、白色としているものが多い。用途によっては食品衛生法が適用されるため、食品衛生法に基づく検査を受けている製品が多い。ポリタンク フレッシュアイペディアより)

  • 腸球菌

    腸球菌から見た食品衛生法食品衛生法

    外界で増殖しにくく、人畜の糞尿で汚染されていない限り、環境中の水や土壌にはほとんど分布していない。また、大腸菌よりも加熱や冷凍に対する耐性が強く、大腸菌群同様に汚染指標として、食品衛生法の清涼飲料水(ミネラルウォーター)基準などに用いられている。腸球菌 フレッシュアイペディアより)

  • 回転寿司

    回転寿司から見た食品衛生法食品衛生法

    飲食物の細菌学的安全性を継続的に調査している東京家政学院大学らの研究グループの報告によれば、2店舗で提供されていた非加熱のネタ複数種類に対し食品衛生学的知見から調査を行った結果、細菌数では食品衛生法の基準値以下であったが、大腸菌群は双方の店舗で提供されていたネタから検出された。特に、食中毒を発生させる可能性が有るため食品衛生法で規制されている糞便汚染の可能性を示すとされる糞便系大腸菌群 (Escherichia coli) が検出されたほか、腸炎ビブリオ (Vibrio parahaemolyticus) 食中毒の原因菌が分離同定され安全性に問題があると指摘している。回転寿司 フレッシュアイペディアより)

  • セレウス菌

    セレウス菌から見た食品衛生法食品衛生法

    汚染された食物の摂食により発生する感染性胃腸炎(食中毒症状)と、血液中に菌が侵入し発症する菌血症(大部分の感染はほぼ無症状)がある。菌血症を起こしただけではほとんど発症せず、乳幼児や高齢者など抵抗力の弱い者が時折敗血症まで病状が進行した時のみ死亡例まで発展する場合がある。セレウス菌が起こす食中毒は毒素系食中毒なので、なっても免疫はつかず、何度でも感染発症する。汚染された食物を臭いや見かけで判別することはできない。休止状態の芽胞を加熱や胃酸では完全に不活性化することが出来ず、嘔吐型毒素は更に耐性を持つ(下痢型毒素は熱で容易に不活性化を起こす)。毒素の量が増えてしまった食品は再加熱しても食中毒を起こすので、本菌での食中毒予防法として発芽と増殖の抑制がとても重要になる。(例えば調理済みの食品は10〜50℃で保存しないなどである)。本菌によって引き起こされる食中毒は、菌が体内で増殖し多量の毒素を排出して発症する下痢型と、食品中で増殖した菌が生産する毒素を大量に摂取して発症する嘔吐型の2つに別けられる。日本での発生例の大部分は嘔吐型食中毒である。平成11年(1999年)の全国の食中毒事件は総数2697件で、35214人の患者が発生し、セレウス菌による食中毒は、11件(全体の0.4%)、患者総数、59人(全体の0.2%)。 食品衛生法第27条により保健所への届け出が義務づけられている。セレウス菌 フレッシュアイペディアより)

  • きずし

    きずしから見た食品衛生法食品衛生法

    アニサキスは、サバにも寄生している。24時間以上冷凍しないサバを使った調理では食中毒(アニサキス症)を発症する可能性がある。一般に、酢は殺菌効果があるとされているが、調理に用いる程度の濃度の酢ではアニサキスは死滅しないことに注意が必要。なお、1999年の食品衛生法施行規則の一部改正(厚生省令第105号)により、アニサキスによる食中毒が疑われる場合は、24時間以内に最寄りの保健所に届け出をすることとされている。きずし フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸イソブチル

    酢酸イソブチルから見た食品衛生法食品衛生法

    引火性が高く、空気と混合すると爆発の危険がある。α位がフェニル基で置き換わったフェニル酢酸イソブチルはバラの香りの香料として、食品衛生法で食品添加物に指定されている。酢酸イソブチル フレッシュアイペディアより)

231件中 81 - 90件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード