前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示
  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た食中毒

    なお、この措置は食品による健康被害の拡大と再発の防止のためであり、営業者に対する懲罰を目的とするものではない。食中毒事件の場合、営業禁止あるいは停止の期間中に、保健所の指導のもと調理施設の消毒や従業員への衛生教育などが行われている。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た検疫所

    輸入肉・食肉製品については、輸出国の政府機関によって発行された衛生事項を記載した証明書を添付したものでなければ、輸入ができない(法第9条第2項)。この衛生証明書は、法第27条に基づく輸入届出の際に、検疫所への提出が求められる。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た添加物

    なお、従前は、化学的合成品たる添加物とそれを含む添加物製剤が対象とされていたが、平成7年の法改正によって規制強化が行われ、化学的合成品以外の添加物(天然物)を含めた添加物全体に拡大された。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た即席めん

    清涼飲料水、氷菓、魚肉ねり製品、食肉製品、ゆでがに、生食用かき、冷凍食品、即席めん類、容器包装詰加圧加熱殺菌食品など、食品ごとに規格基準が定められている。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た条例

    なお、実際には、法に違反するおそれがある場合には、保健所の判断を待たずに、営業者が自ら自主的に回収を行うことが多い。一部の都道府県(例えば、東京都)では、条例によって自主回収の報告制度を定めているところもある。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た検疫

    食品衛生に関する事業者への監視・指導を行う食品衛生監視員は食品衛生管理者となり得る資格(法第48条第6項)を有する公務員の中から厚生労働大臣、内閣総理大臣又は都道府県知事が命ずる(法第30条)。なお、日本国内の監督を行う食監は地方公務員であるが、港湾において輸入食品の検疫を行う食監は国家公務員である。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た山羊

    獣畜とは牛、馬、豚、めん羊、山羊、水牛をいい、家きんとは鶏、あひる、七面鳥をいう。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た厚生労働省

    食品衛生法(しょくひんえいせいほう、昭和22年法律第233号)は、日本において飲食によって生ずる危害の発生を防止するための法律。所管は厚生労働省(表示に関してのみ消費者庁)。食品と添加物などの基準・表示・検査などの原則を定める。食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃについても規制の対象となっている。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た粗糖

    ただし、原塩、コプラ、食用油脂の製造に用いる動物性又は植物性原料油脂、粗糖、粗留アルコール、糖みつ、麦芽、ホップは、届出を要しない(規則第32条)。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た食品添加物

    食品衛生法(しょくひんえいせいほう、昭和22年法律第233号)は、日本において飲食によって生ずる危害の発生を防止するための法律。所管は厚生労働省(表示に関してのみ消費者庁)。食品と添加物などの基準・表示・検査などの原則を定める。食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃについても規制の対象となっている。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード