前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た食中毒

    なお、この措置は食品による健康被害の拡大と再発の防止のためであり、営業者に対する懲罰を目的とするものではない。したがって、食中毒事件の場合、営業禁止あるいは停止の期間中に、保健所の指導のもと調理施設の消毒や従業員への衛生教育などが行われている。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た薬事法

    本法で規制対象となる食品は、医薬品や医薬部外品を除いた「すべての飲食物」である(法第4条)。したがって、法の規制としては、薬事法が優先する形となっている。食品と添加物の他、食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃ(乳児が口に入れるおそれがあるため)についても規制の対象となっている。なお、同じく口に入れるものであっても、歯ブラシやたばこなどは食品ではないため、規制の対象外である。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た厚生労働省

    食品衛生法(しょくひんえいせいほう、昭和22年法律第233号)は、日本において飲食によって生ずる危害の発生を防止するための法律。所管は厚生労働省(表示に関してのみ消費者庁)。食品と添加物などの基準・表示・検査などの原則を定める。食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃについても規制の対象となっている。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た健康

    (改正後)「食品の安全性確保のために公衆衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もつて国民の健康の保護を図ること」(法第1条)。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た都道府県知事

    食品衛生に関する事業者への監視・指導を行う食品衛生監視員は食品衛生管理者となり得る資格(法第48条第6項)を有する公務員の中から厚生労働大臣、内閣総理大臣又は都道府県知事が命ずる(法第30条)。なお、日本国内の監督を行う食監は地方公務員であるが、港湾において輸入食品の検疫を行う食監は国家公務員である。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た歯ブラシ

    本法で規制対象となる食品は、医薬品や医薬部外品を除いた「すべての飲食物」である(法第4条)。したがって、法の規制としては、薬事法が優先する形となっている。食品と添加物の他、食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃ(乳児が口に入れるおそれがあるため)についても規制の対象となっている。なお、同じく口に入れるものであっても、歯ブラシやたばこなどは食品ではないため、規制の対象外である。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た条例

    なお、実際には、法に違反するおそれがある場合には、保健所の判断を待たずに、営業者が自ら自主的に回収を行うことが多い。一部の都道府県(例えば、東京都)では、条例によって自主回収の報告制度を定めているところもある。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た粗糖

    ただし、原塩、コプラ、食用油脂の製造に用いる動物性又は植物性原料油脂、粗糖、粗留アルコール、糖みつ、麦芽、ホップは、届出を要しない(規則第32条)。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た地方公務員

    食品衛生に関する事業者への監視・指導を行う食品衛生監視員は食品衛生管理者となり得る資格(法第48条第6項)を有する公務員の中から厚生労働大臣、内閣総理大臣又は都道府県知事が命ずる(法第30条)。なお、日本国内の監督を行う食監は地方公務員であるが、港湾において輸入食品の検疫を行う食監は国家公務員である。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た農家

    また、営業には、農業及び水産業における食品の採取業は含まれておらず、農家や漁師も対象とはならない。(例外として、乳の搾乳は対象となる。)食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード