126件中 41 - 50件表示
  • カジュアル・ベイカンシー 突然の空席

    カジュアル・ベイカンシー 突然の空席から見た食物アレルギー食物アレルギー

    サイモンとルースの長男。スチュアート、スクヴィンダー、ガイア、クリスタルらと同級生。重症のナッツアレルギー。ガイアのことが好きで、一緒にいる時間を増やすため、ハワードが新しく開店する〈コッパー・ケトル〉で下働きのアルバイトをする。常に威張りちらし、口汚い言動ばかりの父サイモンを嫌っており、それをただ耐えるだけの母にも腹を立てている。父は議員に相応しくないと考え、議会の掲示板に「バリー・フェアブラザーの幽霊」の名で父の違法行為の告発を書き込む。カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 フレッシュアイペディアより)

  • アレルギー・マーチ

    アレルギー・マーチから見た食物アレルギー食物アレルギー

    アレルギー・マーチ(英:allergic march)とは、アレルギー反応が年齢と共に変化していく現象のことである。幼児期の食物アレルギー、その後のアトピー性皮膚炎、空気中のアレルゲンに対する気管支喘息である。アレルギー・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • ジーマーミ豆腐

    ジーマーミ豆腐から見た食物アレルギー食物アレルギー

    原料がピーナッツであるため、ピーナッツに対する食物アレルギーを持つ人が食べると急性アレルギー反応(アナフィラキシー)が起こることがある。ピーナッツアレルギーを持つ観光客がこれを知らずに食べて救急搬送される事例が発生している。このため沖縄県内の保健所などでは飲食店に対しジーマーミ豆腐の原材料がピーナッツであることを表記するよう呼び掛けている。ジーマーミ豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • 非セリアック・グルテン過敏症

    非セリアック・グルテン過敏症から見た小麦アレルギー食物アレルギー

    非セリアック・グルテン過敏症(non-celiac gluten sensitivity、以下NCGS)またはグルテン過敏症は、「グルテンを含む食品を食べることによって腸の内外にもたらされ、食べないことによって改善される、という疾患のうち、セリアック病と小麦アレルギーを除いたもの」と定義される。グルテン関連障害に含まれる。3つの合意形成会議によって定義と診断基準が設けられた。非セリアック・グルテン過敏症 フレッシュアイペディアより)

  • 牛乳アレルギー

    牛乳アレルギーから見た食物アレルギー食物アレルギー

    牛乳アレルギー(Cow's milk allergy)は、牛乳に含まれるたんぱく質に対するアレルギー反応である。食物アレルギーとしては鶏卵に次ぐ。主な原因は、牛乳に含まれるタンパク質の一種であるアルファs1-カゼインである。反芻動物の牛、羊、ヤギの乳では交差反応を示しうる。アナフィラキシーを発症し、生命に危険がある場合もある。牛乳アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 誤飲

    誤飲から見た食物アレルギー食物アレルギー

    誤食(ごしょく)と呼ぶこともある(特に対象が液体でない場合)。食物アレルギーを持つ人がアナフィラキシーショックを起こす危険性や毒キノコなどにおいても用いられる。誤飲 フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示検定

    食品表示検定から見た食物アレルギー食物アレルギー

    義務表示事項:名称、食品添加物、消費期限又は賞味期限、保存方法、製造者氏名と所在地、アレルギー物質使用について、遺伝子組み換え食品(遺伝子組み換え作物)である旨、など食品表示検定 フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示

    食品表示から見た食物アレルギー食物アレルギー

    アレルゲン - 食品衛生法により、食物アレルギー症例数の多い卵・乳・小麦・エビ・カニ、症状が重篤なソバ・ラッカセイを「特定原材料」とし、表示が義務付けられている。「特定原材料に準ずるもの」としてアワビ・イカ・イクラ・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・クルミ・鮭・サバ・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・マツタケ・モモ・ヤマイモ・リンゴの表示が推奨されている。食品表示 フレッシュアイペディアより)

  • グルテン関連障害

    グルテン関連障害から見た小麦アレルギー食物アレルギー

    グルテン関連障害(gluten-related disorders)は、グルテンが引き起こす疾患の総称。セリアック病(CD)、非セリアック・グルテン過敏症(NCGS)、グルテン失調症、疱疹状皮膚炎、小麦アレルギーを含む。グルテン関連障害の症状を指すためにグルテン不耐症(gluten intolerance)やグルテン過敏症(gluten sensitivity)が用いられたりするが、不正確なので用いるべきでないという結論が2011年の国際セリアック病シンポジウム等に基づく研究から指摘されている。グルテン関連障害 フレッシュアイペディアより)

  • トレーサビリティ (流通)

    トレーサビリティ (流通)から見た食物アレルギー食物アレルギー

    20世紀末頃より、遺伝子組み換え作物の登場や、有機農産物の人気の高まり、食物アレルギーやBSE問題、偽装表示、産地偽装問題などの発生に伴って、食品の安全性や、消費者の選択権に対する関心が高まっており、特に食品分野でのトレーサビリティが注目されている。トレーサビリティ (流通) フレッシュアイペディアより)

126件中 41 - 50件表示

「食物アレルギー」のニューストピックワード