前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た食品衛生法

    日本では食品衛生法第19条に基づき「食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令」別表第四で「特定原材料」として指定する品目について表示の義務づけがなされており、また、その他の一定の品目について「特定原材料に準ずるもの」として通知により表示することが奨励されている。なお、かつては「特定原材料」については食品衛生法施行規則で定められていた。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見たソバ

    アナフィラキシーショックを起こした場合はアナフィラキシーショックの治療を行う。魚介類、ナッツ、ピーナッツ、ソバは重篤なアナフィラキシーを起こすことが多いことが知られている。また喘息の既往がある患者も重篤なアナフィラキシーを起こす可能性が高いといわれている。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見たうどん

    小麦【コムギ、小麦粉、パン、うどん、焼きうどんなど】食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た魚介類

    乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として鶏卵と牛乳がその半数以上を占める。青年期になるにつれて甲殻類が原因の事例が増え、牛乳が減る。成人期以降では、甲殻類、小麦、果物、魚介類といったものが主要なアレルギーの原因食品となる。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見たピーナッツ

    アナフィラキシーショックを起こした場合はアナフィラキシーショックの治療を行う。魚介類、ナッツ、ピーナッツ、ソバは重篤なアナフィラキシーを起こすことが多いことが知られている。また喘息の既往がある患者も重篤なアナフィラキシーを起こす可能性が高いといわれている。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見たカニ

    かに【カニ、蟹、上海がに、マツバガニ、カニシューマイなど】食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た厚生労働省

    日本では食品衛生法や健康増進法の規定に基づく食品表示等に関する業務について、かつては厚生労働省が担っていたが平成21年9月1日より内閣府の外局である消費者庁へ移管され引き継がれた。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た喘息

    アナフィラキシーショックを起こした場合はアナフィラキシーショックの治療を行う。魚介類、ナッツ、ピーナッツ、ソバは重篤なアナフィラキシーを起こすことが多いことが知られている。また喘息の既往がある患者も重篤なアナフィラキシーを起こす可能性が高いといわれている。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た幼児期

    乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として鶏卵と牛乳がその半数以上を占める。青年期になるにつれて甲殻類が原因の事例が増え、牛乳が減る。成人期以降では、甲殻類、小麦、果物、魚介類といったものが主要なアレルギーの原因食品となる。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た消費者庁

    日本では食品衛生法や健康増進法の規定に基づく食品表示等に関する業務について、かつては厚生労働省が担っていたが平成21年9月1日より内閣府の外局である消費者庁へ移管され引き継がれた。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「食物アレルギー」のニューストピックワード