1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た口腔アレルギー症候群

    花粉症の季節に悪化する場合は口腔アレルギー症候群の可能性がある。特に成人の場合は可能性が高い。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た種実類

    アナフィラキシーショックを起こした場合はアナフィラキシーショックの治療を行う。魚介類、ナッツ、ピーナッツ、ソバは重篤なアナフィラキシーを起こすことが多いことが知られている。また喘息の既往がある患者も重篤なアナフィラキシーを起こす可能性が高いといわれている。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た免疫寛容

    アレルギー反応を起こさない量の原因食物を摂取することによって体を慣れさせる、経口免疫療法も専用機関・病院などで行われている。臨床研究段階であり、入院下での経口免疫療法の即時型症状の発生頻度は58-71%、アナフィラキシーショックに対するアドレナリンの使用頻度は6-9%と、重篤な症状の発生頻度が少なくない、リスクの高い治療法であり、2017年には安全性の確保が課題とされた。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見たアレルギー・マーチ

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見た特定原材料

    対応として原因食品を必要最小限に除去する。臨床研究段階の治療法に経口免疫療法があり、重篤な症状の発生頻度が少なくなく2017年には安全性の確保が課題とされた。2015年以降、アトピー性皮膚炎のある卵とピーナッツの食物アレルギーの乳児では、食品への早期暴露による耐性獲得が早い結果が見られている。一方、牛乳アレルギーでは大豆や米に由来する配合乳を使った方が耐性獲得が早い結果もみられている。よく原因となる食品について、日本では食品衛生法第19条の特定原材料として指定品目の表示が義務づけられている。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーから見たRAST

    RAST、ブリックテストといった検査は?型アレルギーと考えられる症例に対してのみ使用する。これらの検査は偽陽性が多いので病歴から判断し、必要なもののみを検査する。またRASTの結果は食物抗原や患者の年齢によって、同じ値であっても臨床的な意義が異なる。例えば、乳児においては小麦でRAST陽性がでることは多いので、卵白低値陽性は小麦中程度陽性よりも臨床的な意義が高いと考えられる。食物アレルギー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「食物アレルギー」のニューストピックワード