493件中 91 - 100件表示
  • フォンデュ

    フォンデュから見た食事食事

    日本や中国などアジア諸国でも鍋料理の食事は娯楽性が強いが、フォンデュはチーズフォンデュでも、その他のフォンデュでも、さらに娯楽性が強い。フォンデュ フレッシュアイペディアより)

  • 縄文クッキー

    縄文クッキーから見た食事食事

    縄文クッキー(じょうもんクッキー)は、縄文時代の食事の再現メニューとして調理されることがある植物質のクッキー(またはパン)、または動植物質のハンバーグ状の加工食品である。堅果のデンプン質がクッキー状(またはパン状)炭化物として出土することから呼ばれている。アク抜きされたドングリ等堅果類を主体に獣肉、卵などをこね合わせて焼き上げたものを指すことが多い。しかし、動物質材料を含むものはあくまで推測のものであり、実際に出土する本来の『縄文クッキー』は単に栗の実を粉状にして固めて焼き上げたものである。縄文クッキー フレッシュアイペディアより)

  • 大衆食堂

    大衆食堂から見た食事食事

    大衆食堂(たいしゅうしょくどう)とは、飲食店のうち大衆向けに廉価で食事を提供する食堂を指す言葉である。大衆食堂 フレッシュアイペディアより)

  • バッファローウィング

    バッファローウィングから見た食事食事

    アメリカにおいてはハンバーガーやフライドチキン、ピザなどと並び代表的なファーストフードだが、日本においては日常の食事として広く受容されている3品とは異なり、比較的馴染みが薄く、また強い辛さから酒の肴として受け入れられている。バッファローウィングから派生して鶏足の揚げ物やチキンナゲット、フライドチキンなどの鶏料理、海老やピザ、ポテトチップスなどにバッファローウィングスソースを用いた料理に「バッファロー - 」の名称を用いることもある。ポテトチップの場合、ブルーチーズドレッシングの味も取り入れられよりバッファローウィングを食した気分が味わえるようなものも販売されている。バッファローウィング フレッシュアイペディアより)

  • 夜食

    夜食から見た食事食事

    夜食(やしょく)は、夜遅くまで仕事や勉強などをしている人が、通常の夕食のあと深夜に摂る食事のこと。夜食 フレッシュアイペディアより)

  • 都市鳥研究会

    都市鳥研究会から見た食生活食事

    高度経済成長期には公害の発生による環境の悪化、また、人口の集中に伴う宅地開発による樹林や田園などの減少、高速道路や新幹線の整備によって生じた東京一極集中による更なる人口集中に伴う宅地開発、バブル景気時期の都市中心部のビル建設の増加による都市景観の変化(鉛筆ビルも含めた高層建築物群の拡大)、経済発展によって変化した食生活に起因する生ゴミの増加などは、都市鳥に大きな影響を与えた。都市鳥研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩民俗資料館

    志摩民俗資料館から見た食事食事

    志摩民俗資料館の開館当時は公立の博物館が志摩地方になく、その代替施設としての機能も担っていた。観光客向けには、従来型のバス移動と旅館等で食事を楽しむだけの観光から脱却し、観光客自らが能動的に地域を体感する新しい観光を提案する施設であった。志摩民俗資料館 フレッシュアイペディアより)

  • アカザ (植物)

    アカザ (植物)から見た食事食事

    は種子を食用にする穀物である)。「藜の羹(あつもの)」は粗末な食事の形容に使われる。アカザ (植物) フレッシュアイペディアより)

  • 味の素食の文化センター

    味の素食の文化センターから見た食生活食事

    1979年に味の素株式会社は創立70周年を迎え、記念事業として「食の文化センター準備室」を開設した。それまでに食に関した研究として存在した農学・調理学・生理学・栄養学とは離れ、食生活、つまり食べることを学問として研究していくこととした。具体的な活動計画は「会合活動」「図書館活動」「博物館活動」とした。味の素食の文化センター フレッシュアイペディアより)

  • 偏食

    偏食から見た食事食事

    偏食(へんしょく)とは、必要とする栄養素に偏りがある食事の状態である。栄養学の創始者である佐伯矩が造語したとされる。一般的には好き嫌いとも呼ばれる。偏食 フレッシュアイペディアより)

493件中 91 - 100件表示

「食生活」のニューストピックワード