493件中 31 - 40件表示
  • バル・ムレチュニィ

    バル・ムレチュニィから見た食事食事

    バル・ムレチュニィはポーランド語で「ミルク・バー」の意味(オーストラリアのミルク・バーとはまったく別のもの)。ポーランド式のカフェテリアである。1960年代に当時の共産主義政権が生み出した形態。もともとは社員食堂を持たない中小企業の従業員に安価な食事を提供する目的があった。1980年代までは主に乳製品や野菜中心の食事を提供していたので、ミルク・バーと呼ばれる。特に、戒厳令が布告されていた1980年代初頭は肉は配給制だったので、乳製品主体の食事が主流であった。バル・ムレチュニィ フレッシュアイペディアより)

  • 菜箸

    菜箸から見た食事食事

    菜箸(さいばし)は、料理の調理や盛り付け及び食事の取り分け用に使われる調理器具で箸の1種。通常、食事用の箸に比べてかなり長く、約1.5?2.5倍程度の長さがある。菜箸 フレッシュアイペディアより)

  • Mr.CEO

    Mr.CEOから見た飲食食事

    ゲームスタート時にサービス、小売、娯楽、飲食、のいずれかの業種を選択し、会社を設立する。人材の確保や育成,在庫の管理,商品開発,プロモーションなどを行いながら経営を軌道に乗せていく。Mr.CEO フレッシュアイペディアより)

  • 星乃岡温泉

    星乃岡温泉から見た食事食事

    入浴施設の他に食事や宿泊施設がある。星乃岡温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 心性史

    心性史から見た食生活食事

    1960年代、盛んになった心性史の研究テーマは家族、教育、恐怖、健康、祭祀、性、死、食生活、身体的特徴、年齢層別人生、犯罪、病気、民間信仰、民衆文化、労働生活などである。心性史 フレッシュアイペディアより)

  • 介護用品

    介護用品から見た食事食事

    食事に関するもの(例:食事台、先割れスプーンなど)介護用品 フレッシュアイペディアより)

  • 骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと

    骨は語る 徳川将軍・大名家の人びとから見た食事食事

    同書によれば、確認された将軍たちの身長はほとんど160cm以下と江戸時代の庶民の平均に近いが(江戸時代の成人男子の平均身長はおよそ159cm。※比較資料:1 E0 m)、もっとも古い2代・秀忠が骨格・筋肉が発達し、いまだ戦国武将としての特徴をよく具(そな)えていたのに比べて、江戸時代中期の6代・家宣以降は体格も貧弱になり、特に江戸時代後期の12代・家慶や14代・家茂に至っては顔が面長になり、下顎骨の発達が極めて弱く歯の磨耗がほとんど無くなるなど、貴族的な形質が強く現れるようになっているという。これは最高の上流階級の人々の特権として、ほとんど咀嚼する必要の無い柔らかく調理された食事を摂っていたためで、「超現代的」形質(庶民レベルでは現代を超えて未来に到達するであろうと推測される特性に進捗した形質)と言えるものである。これは将軍のみならず、同じような食生活を送っていた諸大名にも共通すると本書で述べられている。骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと フレッシュアイペディアより)

  • 食習慣

    食習慣から見た食事食事

    食習慣 フレッシュアイペディアより)

  • 紙皿

    紙皿から見た食事食事

    紙皿は、板紙や厚紙などの紙を原料とする食器であるが、一般に流通しているこれら厚手の紙をプレス加工などで成形して大量生産されているものでは、使い捨てを前提とする。このようなことから、ピクニックのような行楽、食品売場などでの試食、災害において断水などの諸事情で食器を洗えない環境において衛生的に食事をとるためなど幅広く利用されている。紙皿 フレッシュアイペディアより)

  • 常食

    常食から見た食事食事

    常食(じょうしょく)は、健康な人(健常人)が普段日常生活で食べているような食事のこと。常日頃、食べ慣れている食事や料理、お気に入りのメニューのことをいう。ただし、常食の定義は、この言葉が使われる場面に応じて、異同があり、一定ではない。常食 フレッシュアイペディアより)

493件中 31 - 40件表示

「食生活」のニューストピックワード