493件中 71 - 80件表示
  • 消費革命

    消費革命から見た食生活食事

    日本では1950年代後半からの所得水準の向上により、高額な商品が消費されるようになった時期が消費革命とされる。当時の経済白書でも所得革命という言葉が用いられている。この頃から家庭での支出の割合では、家電や自転車、オートバイ、一部には自動車などの耐久消費財の比重が高まり、また合成繊維やプラスチックのような製品も普及して、重化学工業製品が生活に浸透している。食生活でも洋食の割合が増加しており、他には娯楽や旅行などの支出も多くなっている。消費革命 フレッシュアイペディアより)

  • 下宿

    下宿から見た食事食事

    多くの場合、食事の提供を受け、料金は部屋代に朝食・夕食の食事代が加算される場合がほとんど。下宿 フレッシュアイペディアより)

  • ボロニーズ

    ボロニーズから見た食事食事

    貴族のための抱き犬(愛玩犬)として、古くからボローニャ地方で高い人気を博していた。人間の貴族のように非常に大切に扱われていた犬種である。宝石がちりばめられた純金製の首輪やブレスレットを身に着け、香水の入った風呂で体を洗われ、食事は上質な牛フィレ肉を与えられていた。飲み水を入れるための皿は高級なクリスタルガラスで作られ、食事を入れるためのボウルは純金で作られていた。更に、生まれた仔犬に母犬に代わって授乳を行う、人間の若い女性の乳母まで雇われており、非常に贅沢な暮らしを贈っていた。ちなみに、母犬は仔犬に乳を与えない(=断乳する)ことにより再び繁殖が可能になる時期が早まり、当時は仔犬を確保するためにボロニーズ用の乳母の存在が重宝されていた。然し、仔犬に犬の母乳を与えないことにより免疫を母からもらうことが出来ないので、当時の仔犬の成長率はあまりよくなく、死亡率も高かった。又、人と犬とでは母乳の成分も違うので、仔犬の健全な育成には不向きである。ボロニーズ フレッシュアイペディアより)

  • 人間の性の諸相

    人間の性の諸相から見た食事食事

    人間は特定の発情期を持たない動物で、換言すれば、常に発情しているとも言える。高等動物の性行為は食事と同様に快刺激が含まれると考えられるが、快楽あるいは快感を求めて性行為を志向したり、性的行動を行う点で人間は例外的である(類似した現象は高等なサルでも部分的に知られている。チンパンジーなども始終発情しており、自慰行為などもしているとの報告がある)。人間の性の諸相 フレッシュアイペディアより)

  • ままごと

    ままごとから見た食事食事

    ままごと(飯事)とは、幼児の遊びの一種。おままごとともいう。分類上はごっこ遊びの一種と考えられており、身の回り人間によって営まれる家庭を模した遊びである。参加する人を、お父さん、お母さん、赤ちゃん、ペットなど家族に見立てた役を振り分ける。そして、家の炊事・食事・洗濯・買物・接客等を模倣する。主に女の子の遊びとされる。ままごと フレッシュアイペディアより)

  • 炊事車

    炊事車から見た食事食事

    車両の側板と後扉はテーブルとして使用でき、椅子は車体下部に20人分が収納されている。そのため、調理と食事を同時に行うことができる。性能上は、走行しながらの調理を行うこともできるとされている。炊事器・万能調理器のほか、シンクや貯蔵庫などを装備する。炊事車 フレッシュアイペディアより)

  • 旅行ガイドブック

    旅行ガイドブックから見た食事食事

    旅行ガイドブックは、目的となる地域の情報を提供するものである。内容としては地形、気候、動植物などの地理、歴史、文化、経済、言語などの情報を提供すべき特定地域の背景を示し、鉄道・バス・自動車・人力車(リクシャー)・レンタサイクル・船・航空機・などによる移動手段の紹介、服装、宿泊、食事、見どころ、祭り、登山やハイキングその他のアクティビティや体験、土産物などについての情報を正確にかつ読者に伝わりやすく記述する。また観光地やホテルなどの宿泊施設、レストランなどの批評やランク付けなども行う。旅行ガイドブック フレッシュアイペディアより)

  • 使用価値

    使用価値から見た食べる食事

    使用価値を持つ物が必ずしも「商品」であるとは限らない。例えば、水、空気などは重要な使用価値を持つが、労働によって作られたわけではないので交換価値 を持たず、したがって「商品」ではない。また、店で売られている卵は使用価値を持つし、「商品」でもあるが、その卵でスクランブルエッグを作って自分で食べた場合、スクランブルエッグは交換価値を持つけれども、交換されないため、「商品」であるとは言えない。だが、使用価値がない不要物には価値は生まれず、他の生産物との交換も成立しないことから「商品」とはなりえない。使用価値は交換価値の前提条件であるが、十分条件ではない。使用価値 フレッシュアイペディアより)

  • カワマス

    カワマスから見た食生活食事

    カワマスは澄んでいて冷涼でpH範囲の安定した湖、川、流れ込みを好み、低酸素、汚染及び酸性雨などの環境の影響をうけたpHの変化に敏感である。食生活は完全な動物食性だが多様で、甲殻類、カエル及び他の両生類、昆虫、軟体動物、小型の魚類、ハタネズミのような哺乳類、ミミズなどに渡る。天敵は鳥類であり、またヤツメウナギからの吸血の被害を受ける。自然環境下においては、4-5年を超えて生存することは稀である。カワマス フレッシュアイペディアより)

  • 聖杯伝説

    聖杯伝説から見た食事食事

    聖遺物には病気治癒などの奇跡をもたらすという信仰がある。伝説中の聖杯は、さらに通過すると音楽が鳴り美味な食事をもたらすなどといわれる。これをアーサー王伝説に含まれるケルト神話の色濃い影響のひとつを見る説がある。すなわち魔法の大鍋等の魔法の器の影響が聖杯へと収束されたとも考えるのである。聖杯伝説 フレッシュアイペディアより)

493件中 71 - 80件表示

「食生活」のニューストピックワード