前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • 食事

    食事から見た弁当

    かつて日本の家庭でも、畳の居間の食卓で家族揃って一緒にとるという形態が、ひとつの典型的な像としてあった。それが昭和期には洋風のリビングルームやリビング・ダイニングなどにある食卓で椅子にすわって家族一緒にとるという形態に変化したが、最近では一応食卓はあるものの、朝食であれ昼であれ夕食であれ、家族が揃ってとることはむしろ稀になってきているというデータがある。近年の日本では一般論として言えば孤食化が進んでいるとされている。ただし生徒・学生らは昼食は学校の教室で同級生らと一緒に給食を食べたり、あるいは持参のお弁当を食べたり、校内の食堂やカフェテリアでとっている。日本のサラリーマンらは昼食は一般の飲食店や社内の社員食堂でとったり、持参した弁当やコンビニで買い求めたおにぎり・パン・弁当などをオフィスでとったりしており、同僚ととっている場合もあれば独りでとっている場合もある。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た栄養

    食事(しょくじ、)は、栄養をとるために毎日習慣的に何かを食べることである。また転じて、その時食べるものを指すこともある。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た脂肪

    人に必要なエネルギーは食品中の蛋白質(Protein)、脂肪(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の3大栄養素によって供給されている。3大栄養素の頭文字P、F、Cをとり、各エネルギーの比をPFCエネルギー比と言い、適正比率はP:12?13%、F:20?30%、C:57?68%といわれている。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た生活習慣病

    摂食障害のように、肉体的疾患や精神的なストレスや異常によって、食欲の減退したり正常な食事ができなくなることがある。生活習慣病の原因となることもある。また、医療の一環として食事制限や食事(食餌)療法が行われる場合がある。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た

    主食から、雑穀・イモ類が減り、・小麦・トウモロコシなどが増える食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た野菜

    主食が減り、肉、卵、魚、野菜といった副食が増える食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た料理

    食事とは、基本的には栄養、すなわち人間が生命を維持し活動し成長をするために必要な栄養素を摂る行為である。通常は何らかの食品、あるいはそれを調理してできた料理を食べる形が一般的である。ただし、栄養をとるためとは言うものの実際には人間は、栄養素の摂取のためだけでなく、味を楽しむため等、様々な目的や意味を込めつつ食事をしている。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見たフランシスコ・ザビエル

    日本では20世紀前半に、国立栄養研究所での実験により1日3回を栄養学の研究によって推奨された。日本では1日2回の食事を朝餉と夕餉と呼んだ。したがって、多くの地域で1日に3回の食事の食事をするようになったのは近代のことである。ただしフランシスコ・ザビエルが1549年頃に書いた報告書には「日本人は1日に食事を3回する」と書かれている。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た摂食障害

    摂食障害のように、肉体的疾患や精神的なストレスや異常によって、食欲の減退したり正常な食事ができなくなることがある。生活習慣病の原因となることもある。また、医療の一環として食事制限や食事(食餌)療法が行われる場合がある。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た豆腐

    [[File:Yudofu.jpg|thumb|right|240px|湯豆腐。豆腐は(安価でありながら)きわめて良質な植物性の蛋白源であり、日本人の健康に大いに貢献している、と指摘されることがある。食事 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示

「食生活」のニューストピックワード