112件中 51 - 60件表示
  • 食事

    食事から見た

    主食が減り、、卵、魚、野菜といった副食が増える食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た栄養素

    食事とは、基本的には栄養、すなわち人間が生命を維持し活動し成長をするために必要な栄養素を摂る行為である。通常は何らかの食材を調理してできた料理、あるいは食品を食べる形が一般的である。ただし、栄養をとるためとは言うものの実際には人間は、栄養素の摂取のためだけでなく、家族や仲間と一緒に「満たされた時間」を和やかにすごすため、《分かち合い》を実感するため、味を楽しむため、料理を作ってくれた人(家族や親類など)の愛を実感するため、等、様々な目的や意味を込めつつ食事をしている。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た炭水化物

    人に必要なエネルギーは食品中の蛋白質(Protein)、脂肪(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の3大栄養素によって供給されている。3大栄養素の頭文字P、F、Cをとり、各エネルギーの比をPFCエネルギー比と言い、適正比率はP:12?13%、F:20?30%、C:57?68%といわれている。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見たフランス

    たとえばフランスでは現在でも7割ほどの家庭で、夕食は家族一緒にとっている。夕食を一緒に食べることは大切なことであると考えられており、夕食時には家庭に戻るようにしているのである。一緒に食事をとることには家族を繋ぐ力がある。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た心臓病

    日本人の食生活は今までは、ほぼこの適正比率の範囲に入っており、世界一長寿の秘訣なのかも知れないと考えられている。ただし、日本でも最近は欧米型の食生活に近づいてきており、肉食が増えていることが懸念されてもいる。欧米では肉食中心なので、脂肪(Fat)比率が非常に高く、PFCエネルギーバランスが悪いため、肥満や心臓病が多いのである。また、動脈硬化の増加につながっているとも考えられている。これ以上洋食に傾かないように気をつけたいものである、とも言われ、日本型食生活が見直されている。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見たイスラーム

    また、一定期間食事を摂らない断食を行うことに宗教上の意味を見つける宗教もある。たとえばイスラームではラマダーン月には、日中は口に食物を一切入れないようにし、貧しくて食べるものが無く苦労している人々の状況を体感し、そういった人々の気持ち、つらさを皆で意識的に共有する、ということをほとんどの人が行っている。そしてラマダーン月には、恵まれない人々への寄付がさかんに行われている。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た

    フランシスコ・ザビエルが1549年頃に書いた報告書には「日本人は1日に食事を3回する」と書かれている。戦国期当時、戦場で1日3食だったことは、支給されていた米の量からもわかり、30日間は、食料は自己負担だが、30日を過ぎ、長期戦となると、軍=大名からの支給制へと移り、米は1日1人6(約900グラム)支給されていた。つまり1食辺り米2合(約300グラム)ということになる(米だけで1日のカロリーが3204kcalになる上、塩なども支給されていた)。さらに夜戦では増配された。加えて、江戸時代に庶民が1日3食を取るようになったのは元禄年間(17世紀末)からとされる。また牢中の囚人に対する食事の回数は身分によって違い、江戸市中小伝馬町牢屋敷では、庶民は朝夕の2回に対し、武士は朝昼夕の3回で、罪人であっても地位によって待遇に差があった。17世紀の日本において3食化が広まった理由として、「照明が明るくなった町の商舗経営の長時間化が刺激になった」とも考えられており、身分・職種(力士など)によっては2食が残った。庶民3食化のきっかけとしては、「明暦の大火(17世紀中頃)後の復旧工事に駆り出された職人に昼食を出したところ、広まった」ともいわれている。他にも1日3食を記録した例として、幕末の忍藩下級藩士が記した絵日記である『石城日記』があり、朝昼夕とその日に食した内容が細かく記述されている(日付によっては、3食とも茶漬けとある)。なお『石城日記』では昼食を「午飯」と記している。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た個食

    かつて日本の家庭でも、畳の居間の食卓で家族揃って一緒にとるという形態が、ひとつの典型的な像としてあった。それが昭和期には洋風のリビングルームやリビング・ダイニングなどにある食卓で椅子にすわって家族一緒にとるという形態に変化したが、最近では一応食卓はあるものの、朝食であれ昼であれ夕食であれ、家族が揃ってとることはむしろ稀になってきているというデータがある。家族がバラバラになってきてしまっているのである。近年の日本では一般論として言えば孤食化が進んでいるとされている。ただし生徒・学生らは昼食は学校の教室で同級生らと一緒に給食を食べたり、あるいは持参のお弁当を食べたり、校内の食堂やカフェテリアでとっている。日本のサラリーマンらは昼食は一般の飲食店や社内の社員食堂でとったり、持参した弁当やコンビニで買い求めたおにぎり・パン・弁当などをオフィスでとったりしており、同僚ととっている場合もあれば独りでとっている場合もある。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た大名

    フランシスコ・ザビエルが1549年頃に書いた報告書には「日本人は1日に食事を3回する」と書かれている。戦国期当時、戦場で1日3食だったことは、支給されていた米の量からもわかり、30日間は、食料は自己負担だが、30日を過ぎ、長期戦となると、軍=大名からの支給制へと移り、米は1日1人6合(約900グラム)支給されていた。つまり1食辺り米2合(約300グラム)ということになる(米だけで1日のカロリーが3204kcalになる上、塩なども支給されていた)。さらに夜戦では増配された。加えて、江戸時代に庶民が1日3食を取るようになったのは元禄年間(17世紀末)からとされる。また牢中の囚人に対する食事の回数は身分によって違い、江戸市中小伝馬町牢屋敷では、庶民は朝夕の2回に対し、武士は朝昼夕の3回で、罪人であっても地位によって待遇に差があった。17世紀の日本において3食化が広まった理由として、「照明が明るくなった町の商舗経営の長時間化が刺激になった」とも考えられており、身分・職種(力士など)によっては2食が残った。庶民3食化のきっかけとしては、「明暦の大火(17世紀中頃)後の復旧工事に駆り出された職人に昼食を出したところ、広まった」ともいわれている。他にも1日3食を記録した例として、幕末の忍藩下級藩士が記した絵日記である『石城日記』があり、朝昼夕とその日に食した内容が細かく記述されている(日付によっては、3食とも茶漬けとある)。なお『石城日記』では昼食を「午飯」と記している。食事 フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た断食

    また、一定期間食事を摂らない断食を行うことに宗教上の意味を見つける宗教もある。たとえばイスラームではラマダーン月には、日中は口に食物を一切入れないようにし、貧しくて食べるものが無く苦労している人々の状況を体感し、そういった人々の気持ち、つらさを皆で意識的に共有する、ということをほとんどの人が行っている。そしてラマダーン月には、恵まれない人々への寄付がさかんに行われている。食事 フレッシュアイペディアより)

112件中 51 - 60件表示

「食生活」のニューストピックワード