24件中 11 - 20件表示
  • 鵜久森淳志

    鵜久森淳志から見た飯山裕志飯山裕志

    初本塁打:2011年7月30日、対福岡ソフトバンクホークス10回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、9回表に飯山裕志の代打で出場、杉内俊哉から右翼ポール直撃ソロ鵜久森淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 稲田直人

    稲田直人から見た飯山裕志飯山裕志

    6月18日に一軍初出場を果たし、同年7月1日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)では、プロ初打席で二塁打を放った。7月9日の対西武ライオンズ戦(インボイスSEIBUドーム)では三塁手として初先発起用され、以降はホセ・マシーアス・飯山裕志との併用で出場する機会も増えた。稲田直人 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た飯山裕志飯山裕志

    野手:飯山、二岡(以上内野手)※控え捕手・外野手は全て出場2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見た飯山裕志飯山裕志

    飯山裕志(北海道日本ハムファイターズ、1998年-2017年)フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • いちき串木野市

    いちき串木野市から見た飯山裕志飯山裕志

    飯山裕志(プロ野球選手)いちき串木野市 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見た飯山裕志飯山裕志

    2008年8月27日の対日本ハム戦、9回表0-1ビハインドの場面において飯山裕志に、流れを変えようと2球連続で使用したが、スローボールとなってしまい、二塁打を打たれている。飯山は、自分にスローボールを投げられたからか、二塁打を打った後の塁上で怒りの表情を見せていた。この場面は2008年の珍プレーとして取り上げられた。小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た飯山裕志飯山裕志

    過去の例としては木村拓也(日本ハム→広島→巨人、投手以外の全て)、後藤孝志(巨人、三塁手、一塁手、外野手)、元木大介(巨人、内野の全て)、万永貴司(横浜、内野の全て)、秀太(阪神、内野の全て)、飯山裕志(日本ハム、内野の全て)などが挙げられる。現役選手では巨人の寺内崇幸(内野の全て)、阪神の今成亮太(三塁手、一塁手での出場が多いが、左翼手、右翼手、捕手にも対応可能)、DeNAの大和(内野の全て及び外野)、ソフトバンクの明石健志(内野の全て及び外野)、川島慶三(内野の全て及び外野)、中村晃(左翼手、右翼手、一塁手)、日本ハムの杉谷拳士(内野の全て及び外野)、西武の外崎修汰(内野の全て及び外野)、オリックスの大城滉二(一塁手を除く内野の全て、及び外野)、ロッテの中村奨吾(内野の全て及び外野)、東北楽天の渡辺直人(内野の全て)などがこれに該当する。ここに挙げた選手のほとんどは、守備固めで出場することが多いが(中村晃、中村奨吾などのように、複数のポジションで併用されながらレギュラーとして起用される選手も存在する)、主力選手の不調や故障などの非常時のバックアップ要員としてスタメンとしての起用にも対応できることが少なくないため、比較的重宝される傾向にある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 指名打者

    指名打者から見た飯山裕志飯山裕志

    5番・右翼手で先発出場した日本ハムの大谷翔平は8回表に守備位置を投手へ変更したため、大谷に代わって右翼手に入った赤田将吾はDHで出場していたミチェル・アブレイユに代わり、3番の打順に入った。なお、8回裏は大谷には打順が回らず、9回表は谷元圭介が登板、5番には飯山裕志が入り大谷は退いたため、大谷がこの試合で投手として打席に立つことはなかった。指名打者 フレッシュアイペディアより)

  • 古城茂幸

    古城茂幸から見た飯山裕志飯山裕志

    打撃の成績は高い方ではないが守備は安定しており(『掃除機』の異名をとった)、以降はしばしば守備固めで起用される。2003年には遊撃手としてゲーム補殺11というパシフィック・リーグタイ記録を作っている。また、2004年のアテネオリンピック期間中には、日本代表選手として派遣された金子誠の穴を埋める活躍を見せた。しかし打撃で伸び悩み、2005年シーズン以降、古城と同様に守備を売りとするタイプの同期入団の飯山裕志の活躍で出場機会が激減し、シーズンの大半を二軍で過ごした。古城茂幸 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻慎太郎

    江尻慎太郎から見た飯山裕志飯山裕志

    開幕を1軍で迎えたが、開幕第2戦となる3月21日の対ソフトバンク戦で7回1点リード二死無走者の場面から小久保裕紀に同点の二塁打を浴び、翌日3月22日の同カードでは9回15点リードの場面から登板し、先頭打者のサードゴロを飯山裕志がエラーしたのをきっかけに集中打を浴び4失点し、翌日3月23日に二軍降格となった。江尻慎太郎 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「飯山裕志」のニューストピックワード