53件中 11 - 20件表示
  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た金子誠

    には再び低調になる。正遊撃手の金子誠の不振および離脱により、金子に替わって先発出場した試合もあったが、守備よりも攻撃を重視するオーダーでは後輩の陽仲寿や高口隆行に先発の座を奪われた。しかし、クライマックスシリーズ第2ステージでは金子の腰痛悪化により、初戦では九番・遊撃手として自身初のポストシーズンの先発出場を果たし、また第3戦では埼玉西武ライオンズの抑え投手・アレックス・グラマンから打点を挙げるなど、大一番での活躍も見せた。飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た長渕剛

    『勇次』長渕剛( - 2009年、2012年 - 2017年)飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た田中賢介田中 賢介

    初出場:2001年7月31日、対オリックス・ブルーウェーブ21回戦(札幌ドーム)、5回表に田中賢介に代わり遊撃手で出場飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見たアレックス・グラマン

    には再び低調になる。正遊撃手の金子誠の不振および離脱により、金子に替わって先発出場した試合もあったが、守備よりも攻撃を重視するオーダーでは後輩の陽仲寿や高口隆行に先発の座を奪われた。しかし、クライマックスシリーズ第2ステージでは金子の腰痛悪化により、初戦では九番・遊撃手として自身初のポストシーズンの先発出場を果たし、また第3戦では埼玉西武ライオンズの抑え投手・アレックス・グラマンから打点を挙げるなど、大一番での活躍も見せた。飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見たマイケル中村

    には三塁手の木元邦之のケガもあって、9年目にして初の開幕戦先発出場を成し遂げた。以後は一軍に定着し、初めて一度も二軍落ちせずにシーズンを終え、職人肌のプレーで紺田敏正との「スーパーサブコンビ」として武田久、マイケル中村、中嶋聡と共にほとんどの試合の終盤を任された。また1試合だけ左翼手として先発出場している。飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た小倉恒

    初打席:同上、7回裏に小倉恒の前に三振飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    には自己最多の105試合(先発出場は4試合)に出場し、打率.306(規定打席には届いていない)、特に左投手からは5割を超える打率を残し打撃開眼。同年10月2日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(クリネックススタジアム宮城)では初の「1試合3安打以上(4安打)」と「1試合4打点」を記録している。飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た埼玉西武ライオンズ

    には再び低調になる。正遊撃手の金子誠の不振および離脱により、金子に替わって先発出場した試合もあったが、守備よりも攻撃を重視するオーダーでは後輩の陽仲寿や高口隆行に先発の座を奪われた。しかし、クライマックスシリーズ第2ステージでは金子の腰痛悪化により、初戦では九番・遊撃手として自身初のポストシーズンの先発出場を果たし、また第3戦では埼玉西武ライオンズの抑え投手・アレックス・グラマンから打点を挙げるなど、大一番での活躍も見せた。飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た山村宏樹

    初盗塁:2001年9月1日、対大阪近鉄バファローズ26回戦(東京ドーム)、9回裏に二盗(投手:山村宏樹、捕手:的山哲也)飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た高口隆行

    には再び低調になる。正遊撃手の金子誠の不振および離脱により、金子に替わって先発出場した試合もあったが、守備よりも攻撃を重視するオーダーでは後輩の陽仲寿や高口隆行に先発の座を奪われた。しかし、クライマックスシリーズ第2ステージでは金子の腰痛悪化により、初戦では九番・遊撃手として自身初のポストシーズンの先発出場を果たし、また第3戦では埼玉西武ライオンズの抑え投手・アレックス・グラマンから打点を挙げるなど、大一番での活躍も見せた。飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示

「飯山裕志」のニューストピックワード