前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た飯島勲飯島勲

    1972年(昭和47年)12月、第33回衆議院議員総選挙で自民党公認として立候補し、12万2000票余りを獲得し初当選。清和会(福田派)に属し、後に首相秘書官となる飯島勲が秘書となった。また、同期の山崎拓・加藤紘一と懇意になり、YKKと呼ばれることとなる。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 83会

    83会から見た飯島勲飯島勲

    飯島勲 ‐ 同ページ内小泉との決別も参照83会 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た飯島勲飯島勲

    2005年の第44回衆議院議員総選挙において、郵政解散直後に小泉総裁と直談判した際には全選挙区に郵政民営化賛成派を立てることを実現させるためなら自ら刺客として衆議院への鞍替えをしても構わないと言ったが、小泉首相秘書官の飯島勲によって却下された(飯島はすでに全選挙区で郵政民営化賛成候補を揃える目星をつけていたことや、選挙区当選議員である山本が議席を失うことによる補選などによる参議院議席勢力の影響を考慮したため)。なお、郵政国会で郵政民営化法案採決に欠席して衆院選における郵政民営化賛成の誓約書に署名せずに無所属出馬(最終的に署名し、自民党公認候補となる)の可能性も報道されていた小渕優子の群馬5区での立候補を志願したと噂された(山本の生まれ故郷の吾妻郡等では双方の先代の時代から「小渕・山本」の支持者が重なっている)。これについて、山本は「2005年の刺客志願は、自民党が全選挙区に郵政民営化賛成派を立てるべきだが、相手が強くて候補者が見つからない選挙区が存在すれば、自分が捨て石になってでも立候補をするという意気込みを小泉総裁に示したものであり、自分から特定の選挙区を志願したり提示されたわけではない」と噂を否定をしている。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉正也

    小泉正也から見た飯島勲飯島勲

    政治団体「小泉純一郎同志会」代表で、実兄である小泉純一郎元首相・現衆議院議員の私設秘書でもある。2005年の横須賀市長選挙では、内閣総理大臣秘書官の飯島勲と対立した。コンサルタント会社・コンステレーションの代表取締役を、美枝子夫人と共に2001年7月まで務めた。小泉正也 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島秘書官

    飯島秘書官から見た飯島勲飯島勲

    飯島秘書官 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県箕輪進修高等学校

    長野県箕輪進修高等学校から見た飯島勲飯島勲

    飯島勲 定時制在籍(小泉純一郎内閣総理大臣秘書官・厚生大臣秘書官・郵政大臣秘書官・小泉純一郎秘書)途中で東京電機大学高等学校夜間部に編入長野県箕輪進修高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大下英治

    大下英治から見た飯島勲飯島勲

    小泉純一郎の軍師飯島勲 2007.12 (祥伝社文庫)大下英治 フレッシュアイペディアより)

  • 朝比奈豊

    朝比奈豊から見た飯島勲飯島勲

    2010年2月8日、小泉純一郎元首相の秘書官だった飯島勲の名誉毀損容疑で書類送付("刑事訴訟法では、警察が告訴状を受理した場合、容疑性の有無にかかわらず、検察官に捜査書類を送ることになっている" 本件は「書類送検」ではなく「書類送付」である)。 朝比奈豊 フレッシュアイペディアより)

  • 井上義行

    井上義行から見た飯島勲飯島勲

    井上の前任として、小泉内閣の内閣総理大臣秘書官を務めた飯島勲は「官邸人事の肝は、誰を総理秘書官に据えるか」だと主張しており、特に政務担当の内閣総理大臣秘書官には「要の人物を置くもの」だと指摘している。そのうえで、飯島は「安倍さんは国鉄からノンキャリア官僚になった井上義行、鳩山さんは通産官僚の佐野忠克を据えて失敗した」と評している。井上義行 フレッシュアイペディアより)

  • 森井忠良

    森井忠良から見た飯島勲飯島勲

    1995年4月の地方選、7月の参院選に社会党が立て続けに惨敗し、村山首相の進退問題に発展するも、結局、政権維持を確認し、村山改造内閣において厚生大臣に就任。在任中、脳死及び臓器移植法案に反対に立場を表明していた。しかし大臣就任は引退前の花道の感が強かった。森井の次の厚生大臣が菅直人で、菅はこの厚生大臣時代に薬害エイズ事件の対応で大きく名前を売った。飯島勲は、いわゆる「郡司ファイル」の発見が森井と荒賀泰太薬務局長らの執念が結実したものであると指摘している。森井忠良 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「飯島勲」のニューストピックワード