前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示
  • 飯島勲

    飯島勲から見た甘利明

    第二次訪朝の際には、裏の交渉ルートである朝鮮総連・許宗萬(許は北朝鮮の最高人民会議代議員というもう一つの肩書きも有する)とのパイプを重視する飯島と、正規の外交ルートである田中均を中心とした日朝両外務省を重視する福田との間で対立が再燃。小泉が飯島の主張を重視したことにより、福田は官房長官を辞任した。一方で、この訪朝劇は自民党幹事長だった安倍との間でも軋轢を生む結果になり、小泉と安倍の関係が一時険悪化する(同年末頃には修復)。訪朝後、小泉は甘利明副幹事長代読の形で朝鮮総連に祝電を送っている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た田中真紀子

    だが、その後鈴木を取り巻く状況は一変する。鈴木の圧力によるとされる、NGO出席拒否事件の発覚で政局は大混乱を来す。その際に飯島は田中真紀子外相、野上義二外務事務次官両名の更迭と鈴木の衆議院・議院運営委員会委員長辞任で事態の収拾を図ろうとする。その際鈴木は二つ返事で飯島の申し出を快諾している。後に鈴木は、週刊新潮に寄せた手記の中で飯島から申し出があったことを明らかにしている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た亀井静香

    2005年に入り、郵政民営化の議論が本格化し始めると松岡は衆議院・郵政民営化特別委員会理事として小泉を支え、所属派閥領袖だった亀井静香と対応が分かれた。同年8月8日午後、郵政法案が参議院で否決されると間髪入れず小泉は憲法7条に基づき郵政解散を断行するが、同日午前に小泉は官邸を訪問した松岡を前に「これから新しい時代が始まる! 古い自民党をぶっ壊して新しい自民党を作る」とその決意を語っている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た小泉純一郎

    衆議院議員小泉純一郎の初当選時から議員秘書を務め、小泉の内閣総理大臣在任中は、内閣総理大臣秘書官として内閣を支えた。元自民党秘書会副会長。表彰歴には永年秘書衆議院議長表彰、永年公務員内閣総理大臣表彰など。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た佐藤優 (外交官)

    叩き上げ・議員秘書という共通点から、小泉政権下で失脚・逮捕・起訴されることになる鈴木宗男とは親しい間柄で、鈴木は飯島を通じて小泉とも実は近しい関係にあった。鈴木はアメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン侵攻の際、小泉の特使としてタジキスタンを訪問(その際には後に鈴木に連座する佐藤優が通訳として同行)、エモマリ・ラフモノフ大統領から、米英軍に対する「領空通過」、「国内の基地使用」の成果を引き出している。小泉政権下の日米関係は、戦後最良と言われるほど親密であったが、それに対する鈴木の貢献は決して少なくない。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た上杉隆

    第1次安倍内閣発足時、松岡利勝の農水相起用を実現させたのは飯島であるとされる。松岡は自殺した際、国民や安倍首相、後援会などにあてた複数の遺書を残しているが、その中には飯島宛のものも存在した。官邸の内幕を取材したジャーナリストの上杉隆によれば飯島は安倍に対し「松岡先生をどうか宜しくお願いします。”身体検査”は全てクリアーしています」と語ったとされる。ただ、飯島が語ったとされる”身体検査”は政治資金の受け取り・つまりは古典的な贈収賄を指すと見られ、政治資金の出・計上経費・事務所費に関しては想定外だったことが伺える。現実に安倍内閣発足までは計上経費は問題視すらされていない。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た鈴木宗男

    叩き上げ・議員秘書という共通点から、小泉政権下で失脚・逮捕・起訴されることになる鈴木宗男とは親しい間柄で、鈴木は飯島を通じて小泉とも実は近しい関係にあった。鈴木はアメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン侵攻の際、小泉の特使としてタジキスタンを訪問(その際には後に鈴木に連座する佐藤優が通訳として同行)、エモマリ・ラフモノフ大統領から、米英軍に対する「領空通過」、「国内の基地使用」の成果を引き出している。小泉政権下の日米関係は、戦後最良と言われるほど親密であったが、それに対する鈴木の貢献は決して少なくない。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た田原総一朗田原 総一朗

    鈴木は政界復帰を果たした郵政選挙後の特別国会で、郵政民営化法案には反対票を投じる傍ら、首班指名選挙においては小泉に票を投じている。一方飯島は田原総一朗との対談で田中更迭について次のように語っている。「あの人の官僚をひたすら罵倒する姿勢は、いたずらに士気を低下させるだけ」と田中の政治手法を激しく批判。飯島は安倍内閣が2007年3月27日に閣議決定を行った「公務員制度改革」についても真っ先に慎重論を唱えている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た日本経済新聞社

    『小泉官邸秘録』(日本経済新聞社)ISBN 4532352444。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た光文社

    『永田町の掟 「欲望渦巻く町」の超ぶっとび事情』(光文社) - 豪徳寺三生名義、 ISBN 433401299X。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示

「飯島勲」のニューストピックワード