130件中 91 - 100件表示
  • 飯島勲

    飯島勲から見た産経新聞

    産経新聞はこれについて「飯島勲内閣官房参与の訪朝は、北朝鮮が数ヶ月前から誘ったもので、平壌で行われた会談などは全面的な北朝鮮ペースだったことがわかった。(中略)飯島氏は北朝鮮の「言い分」をたっぷり吹き込まれたようだ。政府は飯島氏から報告を聞いたが、この訪朝を受けての日朝交渉の具体的な動きはない。飯島氏は北朝鮮の「日朝接近」演出に利用されただけとの指摘も出ている」「北朝鮮としては、これまでの経緯を含めた北朝鮮側の言い分を吹き込むには、最適な人物だと考えたのだろう」としている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た小屋

    父はIHKの工場のトラック運転手を長くつとめた。木造二階建ての生家は物置小屋に手を加えた程度で、ごく粗末なつくりである。飯島の従兄で飯島本家の当主によれば「子どもの頃は貧しくて、電報の配達をしたり、納豆を売ったりしていた。彼は家庭的には本当に恵まれなかったんです。」という。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た納豆

    父はIHKの工場のトラック運転手を長くつとめた。木造二階建ての生家は物置小屋に手を加えた程度で、ごく粗末なつくりである。飯島の従兄で飯島本家の当主によれば「子どもの頃は貧しくて、電報の配達をしたり、納豆を売ったりしていた。彼は家庭的には本当に恵まれなかったんです。」という。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た東京電機大学中学校・高等学校

    上京し、東京電機大学高等学校定時制から東京電機大学短期大学電気科第二部に入学。短期大学卒業後は都内の法律特許事務所で職員となる。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見たフランス料理

    日仏親善に貢献するとともに、日本ソムリエ協会を設立するなど、日本におけるワインをはじめとするフランス料理の普及に尽力した。これらの功績が認められ、2016年11月4日、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章オフィシエ及びシュバリエが叙勲された。自ら授与したマニュエル・バルス首相は「一度に複数の賞が授与されるのは珍しい」と述べた。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た名誉総領事

    ウガンダ共和国政府顧問。コソボ共和国名誉総領事。2012年6月1日、シエラレオネ駐東京名誉総領事に就任した。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見たアメリカ合衆国

    その後、竹下内閣改造内閣及び宇野内閣において厚生大臣秘書官、宮沢内閣改造内閣において郵政大臣秘書官、第2次橋本内閣・第2次橋本内閣改造内閣において厚生大臣秘書官を務め、小泉内閣の誕生にともない内閣総理大臣秘書官(政務担当)に就任。メディア戦略や情報操作に長けており、日本のメディアからは「官邸のラスプーチン」、アメリカのメディアからは「日本のカール・ローヴ」と評され、歴代の総理秘書官と比較してメディア露出が多い。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た表彰

    衆議院議員小泉純一郎の初当選時から議員秘書、小泉の内閣総理大臣在任中は内閣総理大臣秘書官を務めた。元自民党秘書会副会長。表彰歴には永年秘書衆議院議長表彰、永年公務員内閣総理大臣表彰などがある。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た中華人民共和国

    飯島と福田の対立の発端は、小泉が首相に就任した2001年の終戦の日に靖国神社参拝を目指した際、参拝を是とする飯島と安倍晋三が首相官邸に不在の間隙を突く形で福田が小泉を説得。参拝を前倒しさせたことだとされる。この内幕を取材したジャーナリストの須田慎一郎によると、小泉は福田の、「唐家璇が終戦の日を外せば中国政府は問題視しない」とする説得を受け入れたものの、中国は最大限の糾弾を小泉に対し行い、小泉は福田に対する強い不信感をこのときに抱いたことを明らかにしている。他方、飯島と安倍はこのことをきっかけに関係を強めていったとされ、安倍が短期間で自民党幹事長、官房長官、首相に上り詰めた裏には、飯島との良好な関係が存在したこともその一因に挙げられる。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見たメディア (媒体)

    その後、竹下内閣改造内閣及び宇野内閣において厚生大臣秘書官、宮沢内閣改造内閣において郵政大臣秘書官、第2次橋本内閣・第2次橋本内閣改造内閣において厚生大臣秘書官を務め、小泉内閣の誕生にともない内閣総理大臣秘書官(政務担当)に就任。メディア戦略や情報操作に長けており、日本のメディアからは「官邸のラスプーチン」、アメリカのメディアからは「日本のカール・ローヴ」と評され、歴代の総理秘書官と比較してメディア露出が多い。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

130件中 91 - 100件表示

「飯島勲」のニューストピックワード