105件中 11 - 20件表示
  • 飯島勲

    飯島勲から見た大下英治

    小泉が首相を退任した後は、以前のように小泉の議員秘書を務めていた。小泉自身は首相再登板を否定していたが、飯島は小泉が望めばいつでも再登板が可能な情勢を整えていた。しかし、2007年9月13日付で辞表を提出し小泉事務所へは出勤していない。これは安倍首相辞任を受けて飯島が小泉チルドレンを中心に、小泉再登板の署名を集めさせていたが、小泉が再登板を否定して飯島と不仲である福田康夫を支持したことへの反発だと考えられる。小泉事務所は飯島の辞表を直ちに受けずに保留にしている。しかし飯島は、作家の大下英治との会話の中で、「俺は燃え尽きたよ。もう小泉事務所の敷居は二度と跨がない」と語っていたとされており、双方の溝を埋めるのは困難だという見解が多い。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た福田康夫

    小泉が首相を退任した後は、以前のように小泉の議員秘書を務めていた。小泉自身は首相再登板を否定していたが、飯島は小泉が望めばいつでも再登板が可能な情勢を整えていた。しかし、2007年9月13日付で辞表を提出し小泉事務所へは出勤していない。これは安倍首相辞任を受けて飯島が小泉チルドレンを中心に、小泉再登板の署名を集めさせていたが、小泉が再登板を否定して飯島と不仲である福田康夫を支持したことへの反発だと考えられる。小泉事務所は飯島の辞表を直ちに受けずに保留にしている。しかし飯島は、作家の大下英治との会話の中で、「俺は燃え尽きたよ。もう小泉事務所の敷居は二度と跨がない」と語っていたとされており、双方の溝を埋めるのは困難だという見解が多い。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た田中均

    第二次訪朝の際には、裏の交渉ルートである朝鮮総連・許宗萬(許は北朝鮮の最高人民会議代議員というもう一つの肩書きも有する)とのパイプを重視する飯島と、正規の外交ルートである田中均を中心とした日朝両外務省を重視する福田との間で対立が再燃。小泉が飯島の主張を重視したことにより、福田は官房長官を辞任した。一方で、この訪朝劇は自民党幹事長だった安倍との間でも軋轢を生む結果になり、小泉と安倍の関係が一時険悪化する(同年末頃には修復)。訪朝後、小泉は甘利明副幹事長代読の形で朝鮮総連に祝電を送っている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見たエモマリ・ラフモノフ

    叩き上げ・議員秘書という共通点から、小泉政権下で失脚・逮捕・起訴されることになる鈴木宗男とは親しい間柄で、鈴木は飯島を通じて小泉とも実は近しい関係にあった。鈴木はアメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン侵攻の際、小泉の特使としてタジキスタンを訪問(その際には後に鈴木に連座する佐藤優が通訳として同行)、エモマリ・ラフモノフ大統領から、米英軍に対する「領空通過」、「国内の基地使用」の成果を引き出している。小泉政権下の日米関係は、戦後最良と言われるほど親密であったが、それに対する鈴木の貢献は決して少なくない。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た許宗萬

    第二次訪朝の際には、裏の交渉ルートである朝鮮総連・許宗萬(許は北朝鮮の最高人民会議代議員というもう一つの肩書きも有する)とのパイプを重視する飯島と、正規の外交ルートである田中均を中心とした日朝両外務省を重視する福田との間で対立が再燃。小泉が飯島の主張を重視したことにより、福田は官房長官を辞任した。一方で、この訪朝劇は自民党幹事長だった安倍との間でも軋轢を生む結果になり、小泉と安倍の関係が一時険悪化する(同年末頃には修復)。訪朝後、小泉は甘利明副幹事長代読の形で朝鮮総連に祝電を送っている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た唐家セン

    飯島と福田の対立の発端は、小泉が首相に就任した2001年の終戦の日に靖国神社参拝を目指した際、参拝を是とする飯島と安倍晋三が首相官邸に不在の間隙を突く形で福田が小泉を説得。参拝を前倒しさせたことだとされる。この内幕を取材したジャーナリストの須田慎一郎によると、小泉は福田の、「唐家璇が終戦の日を外せば中国政府は問題視しない」とする説得を受け入れたものの、中国は最大限の糾弾を小泉に対し行い、小泉は福田に対する強い不信感をこのときに抱いたことを明らかにしている。他方、飯島と安倍はこのことをきっかけに関係を強めていったとされ、安倍が短期間で自民党幹事長、官房長官、首相に上り詰めた裏には、飯島との良好な関係が存在したこともその一因に挙げられる。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た松岡利勝

    第1次安倍内閣発足時、松岡利勝の農水相起用を実現させたのは飯島であるとされる。松岡は自殺した際、国民や安倍首相、後援会などにあてた複数の遺書を残しているが、その中には飯島宛のものも存在した。官邸の内幕を取材したジャーナリストの上杉隆によれば飯島は安倍に対し「松岡先生をどうか宜しくお願いします。”身体検査”は全てクリアーしています」と語ったとされる。ただ、飯島が語ったとされる”身体検査”は政治資金の受け取り・つまりは古典的な贈収賄を指すと見られ、政治資金の出・計上経費・事務所費に関しては想定外だったことが伺える。現実に安倍内閣発足までは計上経費は問題視すらされていない。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た安倍晋三

    飯島と福田の対立の発端は、小泉が首相に就任した2001年の終戦の日に靖国神社参拝を目指した際、参拝を是とする飯島と安倍晋三が首相官邸に不在の間隙を突く形で福田が小泉を説得。参拝を前倒しさせたことだとされる。この内幕を取材したジャーナリストの須田慎一郎によると、小泉は福田の、「唐家璇が終戦の日を外せば中国政府は問題視しない」とする説得を受け入れたものの、中国は最大限の糾弾を小泉に対し行い、小泉は福田に対する強い不信感をこのときに抱いたことを明らかにしている。他方、飯島と安倍はこのことをきっかけに関係を強めていったとされ、安倍が短期間で自民党幹事長、官房長官、首相に上り詰めた裏には、飯島との良好な関係が存在したこともその一因に挙げられる。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た客員教授

    駒沢女子大学人文学部客員教授(2007年?2011)、松本歯科大学歯学部特任教授。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た野上義二

    だが、その後鈴木を取り巻く状況は一変する。鈴木の圧力によるとされる、NGO出席拒否事件の発覚で政局は大混乱を来す。その際に飯島は田中真紀子外相、野上義二外務事務次官両名の更迭と鈴木の衆議院・議院運営委員会委員長辞任で事態の収拾を図ろうとする。その際鈴木は二つ返事で飯島の申し出を快諾している。後に鈴木は、週刊新潮に寄せた手記の中で飯島から申し出があったことを明らかにしている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

105件中 11 - 20件表示

「飯島勲」のニューストピックワード