130件中 31 - 40件表示
  • 飯島勲

    飯島勲から見たグリゴリー・ラスプーチン

    その後、竹下内閣改造内閣及び宇野内閣において厚生大臣秘書官、宮沢内閣改造内閣において郵政大臣秘書官、第2次橋本内閣・第2次橋本内閣改造内閣において厚生大臣秘書官を務め、小泉内閣の誕生にともない内閣総理大臣秘書官(政務担当)に就任。メディア戦略や情報操作に長けており、日本のメディアからは「官邸のラスプーチン」、アメリカのメディアからは「日本のカール・ローヴ」と評され、歴代の総理秘書官と比較してメディア露出が多い。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た警察官

    母は辰野の警察官の家に生まれ、女学校を出て飯島家に嫁いだ。母は飯島の中学時代に脳溢血で倒れ、寝たきりの生活を30年近く送った。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た政教分離

    2014年6月10日のワシントンでの講演で、公明党と支持母体である創価学会について「公明党と創価学会の関係は長い間、『政教一致』と騒がれてきた。内閣法制局の発言の積み重ねで『政教分離』になっている」と述べ、政府見解である『政教分離』を見直した場合、「弊害が出てきて(公明党が)おたおたする可能性も見える」飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た創価学会

    2014年6月10日のワシントンでの講演で、公明党と支持母体である創価学会について「公明党と創価学会の関係は長い間、『政教一致』と騒がれてきた。内閣法制局の発言の積み重ねで『政教分離』になっている」と述べ、政府見解である『政教分離』を見直した場合、「弊害が出てきて(公明党が)おたおたする可能性も見える」飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た増元照明

    第二次訪朝の際には、裏の交渉ルートである朝鮮総連・許宗萬(許は北朝鮮の最高人民会議代議員というもう一つの肩書きも有する)とのパイプを重視する飯島と、正規の外交ルートである田中均を中心とした日朝両外務省を重視する福田との間で対立が再燃。小泉が飯島の主張を重視したことにより、福田は官房長官を辞任した。一方で、この訪朝劇は自民党幹事長だった安倍との間でも軋轢を生む結果になり、小泉と安倍の関係が一時険悪化する(同年末頃には修復)。訪朝後、小泉は甘利明副幹事長代読の形で朝鮮総連に祝電を送っている。なお、飯島が内閣官房参与になった2013年に増元照明は飯島の第二次訪朝での態度について、「なぜ、被害者をまだ幽閉し返さない国家の、まだ国家ではなく集団ですね、頭目となぜ笑いながら握手できるのか」と批判し、「官邸の体制を締めるという意味ではあの方は適任なのかもしれませんが、朝鮮半島問題には関与していただきたくないというのが正直な気持です」と述べた。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見たワイン

    日仏親善に貢献するとともに、日本ソムリエ協会を設立するなど、日本におけるワインをはじめとするフランス料理の普及に尽力した。これらの功績が認められ、2016年11月4日、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章オフィシエ及びシュバリエが叙勲された。自ら授与したマニュエル・バルス首相は「一度に複数の賞が授与されるのは珍しい」と述べた。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見たニュースキャスター

    首相秘書官在任中は、メディア対策の一環として、テレビのニュースキャスターと懇談会を開くなどしたが、その際になぜかオムライスが出てくることが一部メディアで報じられ話題になったことがある。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た公設秘書

    内閣総理大臣秘書官、厚生大臣秘書官、郵政大臣秘書官、衆議院議員公設秘書、内閣官房参与などを歴任した。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た国会議員

    飯島 勲(いいじま いさお、1945年(昭和20年)10月13日 - )は、日本の国会議員秘書。東京電機大学短期大学卒業。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見たジャーナリスト

    飯島と福田の対立の発端は、小泉が首相に就任した2001年の終戦の日に靖国神社参拝を目指した際、参拝を是とする飯島と安倍晋三が首相官邸に不在の間隙を突く形で福田が小泉を説得。参拝を前倒しさせたことだとされる。この内幕を取材したジャーナリストの須田慎一郎によると、小泉は福田の、「唐家璇が終戦の日を外せば中国政府は問題視しない」とする説得を受け入れたものの、中国は最大限の糾弾を小泉に対し行い、小泉は福田に対する強い不信感をこのときに抱いたことを明らかにしている。他方、飯島と安倍はこのことをきっかけに関係を強めていったとされ、安倍が短期間で自民党幹事長、官房長官、首相に上り詰めた裏には、飯島との良好な関係が存在したこともその一因に挙げられる。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

130件中 31 - 40件表示

「飯島勲」のニューストピックワード