105件中 41 - 50件表示
  • 飯島勲

    飯島勲から見た衆議院議員

    内閣総理大臣秘書官、厚生大臣秘書官、郵政大臣秘書官、衆議院議員公設秘書、内閣官房参与などを歴任した。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た情報操作

    その後、竹下内閣改造内閣及び宇野内閣において厚生大臣秘書官、宮沢内閣改造内閣において郵政大臣秘書官、第2次橋本内閣・第2次橋本内閣改造内閣において厚生大臣秘書官を務め、小泉内閣の誕生にともない内閣総理大臣秘書官(政務担当)に就任。メディア戦略や情報操作に長けており、日本のメディアからは「官邸のラスプーチン」、アメリカのメディアからは「日本のカール・ローブ」と評され、歴代の総理秘書官と比較してメディア露出が多い。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た首相

    飯島と福田の対立の発端は、小泉が首相に就任した2001年の終戦の日に靖国神社参拝を目指した際、参拝を是とする飯島と安倍晋三が首相官邸に不在の間隙を突く形で福田が小泉を説得。参拝を前倒しさせたことだとされる。この内幕を取材したジャーナリストの須田慎一郎によると、小泉は福田の、「唐家璇が終戦の日を外せば中国政府は問題視しない」とする説得を受け入れたものの、中国は最大限の糾弾を小泉に対し行い、小泉は福田に対する強い不信感をこのときに抱いたことを明らかにしている。他方、飯島と安倍はこのことをきっかけに関係を強めていったとされ、安倍が短期間で自民党幹事長、官房長官、首相に上り詰めた裏には、飯島との良好な関係が存在したこともその一因に挙げられる。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た秘書官

    内閣総理大臣秘書官、厚生大臣秘書官、郵政大臣秘書官、衆議院議員公設秘書、内閣官房参与などを歴任した。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見たタービン

    長野県上伊那郡辰野町出身。飯島家は江戸時代、伊那市郊外の東春近で庄屋を務めた名門の家柄だった。父は農業を嫌って一時東京に出た。辰野に戻ってからは、船舶などのタービン類を製造するIHKの工場のトラック運転手を長くつとめた。母は辰野の警察官の家に生まれ、女学校を出て飯島家に嫁いだ。飯島の中学時代に脳溢血で倒れ、寝たきりの生活を30年近く送った。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た名門

    長野県上伊那郡辰野町出身。飯島家は江戸時代、伊那市郊外の東春近で庄屋を務めた名門の家柄だった。父は農業を嫌って一時東京に出た。辰野に戻ってからは、船舶などのタービン類を製造するIHKの工場のトラック運転手を長くつとめた。母は辰野の警察官の家に生まれ、女学校を出て飯島家に嫁いだ。飯島の中学時代に脳溢血で倒れ、寝たきりの生活を30年近く送った。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た鈴木宗男事件

    だが、その後鈴木を取り巻く状況は一変する。鈴木の圧力によるとされる、NGO出席拒否事件の発覚で政局は大混乱を来す。その際に飯島は田中真紀子外相、野上義二外務事務次官両名の更迭と鈴木の衆議院・議院運営委員会委員長辞任で事態の収拾を図ろうとする。その際鈴木は二つ返事で飯島の申し出を快諾している。後に鈴木は、週刊新潮に寄せた手記の中で飯島から申し出があったことを明らかにしている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た聖域なき構造改革

    松岡は、小泉内閣の中期までは典型的な農水族議員・抵抗勢力の代表格で、農業自由化はおろか、「改革」と名のつく全ての政策に反射的・無条件に反対する論者として知られていたが、安倍内閣に入閣以降は農業自由化の急先鋒に立場を転換し、小泉改革の裏の担い手として活動するようになった。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た朝鮮民主主義人民共和国

    第二次訪朝の際には、裏の交渉ルートである朝鮮総連・許宗萬(許は北朝鮮の最高人民会議代議員というもう一つの肩書きも有する)とのパイプを重視する飯島と、正規の外交ルートである田中均を中心とした日朝両外務省を重視する福田との間で対立が再燃。小泉が飯島の主張を重視したことにより、福田は官房長官を辞任した。一方で、この訪朝劇は自民党幹事長だった安倍との間でも軋轢を生む結果になり、小泉と安倍の関係が一時険悪化する(同年末頃には修復)。訪朝後、小泉は甘利明副幹事長代読の形で朝鮮総連に祝電を送っている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た議院運営委員会

    だが、その後鈴木を取り巻く状況は一変する。鈴木の圧力によるとされる、NGO出席拒否事件の発覚で政局は大混乱を来す。その際に飯島は田中真紀子外相、野上義二外務事務次官両名の更迭と鈴木の衆議院・議院運営委員会委員長辞任で事態の収拾を図ろうとする。その際鈴木は二つ返事で飯島の申し出を快諾している。後に鈴木は、週刊新潮に寄せた手記の中で飯島から申し出があったことを明らかにしている。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

105件中 41 - 50件表示

「飯島勲」のニューストピックワード