前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1871件中 1 - 10件表示
  • 特別養子縁組

    特別養子縁組から見た養子養子縁組

    普通養子縁組の場合、戸籍上、養子は実親と養親の2組の親を持つことになるが、特別養子縁組は養親と養子の親子関係を重視するため、養子は戸籍上養親の子となり実親らとの親族関係がなくなる点で普通養子縁組と異なる。ただし、近親婚を禁止する規定は例外的に実親の親族との間でも適用される。特別養子縁組の条件として子供が養子縁組できるのは、子どもの年齢が6歳になるまでと制限されている(ただし6歳未満から事実上養育していたと認められた場合は8歳未満まで可能)。特別養子縁組の離縁は、「養親による虐待,悪意の遺棄その他養子の利益を著しく害する事由があること」「実親が相当の監護をすることができること(実父母の双方がすでに死亡している場合は対象外)」「養子の利益のために特に必要があると認めるとき」と家庭裁判所が認めた場合のみ可能であり、その場合は離縁の日から、実親らとの親族関係が復活する。特別養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 特別養子縁組

    特別養子縁組から見た養子縁組養子縁組

    なお、里親制度と養子縁組が混合されがちであるが、里親委託は里親が(実親の生活が安定するまでなどの)一時的に子どもを養育する制度であり、里親と子どもの戸籍上の繋がりは発生しない点が養子縁組とは異なっている。 特別養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 母の初恋

    母の初恋から見た養女養子縁組

    『母の初恋』が執筆される8年前の1932年(昭和7年)3月初め頃、下谷区上野桜木町36番地(現・台東区上野桜木)の川端宅を伊藤初代が訪れた。川端が顧問をしているレビュー劇場・カジノ・フォーリーの楽屋で川端の住所を訊ねてやって来た伊藤初代(当時、数え年27歳)は、その10年前に川端の前から姿を消した元婚約者で、川端の失恋相手であった。川端と書斎で対面中、ずうずうしい女だとお思いになるでしょうと初代は何度も繰り返して、川端を懐かしがった。初代は、再婚相手の桜井五郎の失業から生活か苦しく、亡き前夫・中林忠蔵(カフェ・アメリカの元支配人)との間の長女・珠江(当時8歳)を養女に貰ってほしいと頼んだ。母の初恋 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤周作

    遠藤周作から見た養子養子縁組

    元哲に医師とする男子なく、藩医真嶋三随の甥である玄益を養子とした。安永4年(1775年)6月病没した。玄益は養子のため、三人扶持を受けて家督相続し、天明8年(1788年)より藩邸や城中勤務をした。勤務良好とあって翌寛政元年(1789年)には四人扶持となっている。そして御近習医師に昇格し、詰江戸を命ぜられ寛政6年まで江戸三田邸に勤務した。その後も度々江戸詰を命ぜられ五人扶持二十五俵の加増となり、寛政12年3月から七代池田仲雅の御匕代役をした。享和2年に諸役から退き文化7年(1810年)正月に病没した。遠藤周作 フレッシュアイペディアより)

  • DEATHTOPIA

    DEATHTOPIAから見た養子縁組養子縁組

    結衣は、6係がカレンの事件の真相を隠蔽したこと、確保済みであるリッパーの事件も同様に隠蔽すること、そして彼の表の顔が小学校の教師だったことをコウに明かす。また、九重はコウを巡る不穏な存在を、舞夜はコウの能力をそれぞれ分析する。OLたちの顔の表皮を剥がした「チーター」・フェイスの捜査に際し、コウは九重の命令で結衣たち3人のチームへ組み込まれるが、捜査中にひなたがフェイスに拉致されてしまう。被害者たちの死体から検出されていた合成ドラッグの成分をたどったコウと結衣たち3人は、フェイスの正体・園山ユリエの真相や潜伏先を看破できない。その裏側には、「チーター」への協力者・UDの存在があった。ユリエの再捜査を却下されて悩むコウのもとへ、何者かがノートPCをクラッキングしてユリエの情報を伝える。それを見て独断したコウは、潜伏先の隠し通路で衰弱していたひなたを発見する。そこに駆けつけてコウと被害者たちを救出した結衣たち3人は、ユリエの猛攻に追い詰められるが、コウの銃撃と結衣の斬撃でユリエを再確保する。コウは九重から、ひなたと両親が6係の保護プログラム下に置かれたこと、両親が元警察庁所属という前職を隠していたこと、自分が家族と非血縁の養子だったこと、自分の本当の出生が現在でも不明であること、そしてユリエが何者かに惨殺されたことを知らされる。その直後、不審な男性がマンションを訪れる。DEATHTOPIA フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤初代

    伊藤初代から見た養女養子縁組

    夫・桜井五郎が前年から失業し、生活が苦しかった初代は、小説家として有名になっていた川端を頼り、前夫・中林忠蔵との間の長女・珠江(当時8歳)を養女に貰ってほしいと頼んだ。その申し出を断られ、初代はこれ以降、川端家を訪れることはなかった。伊藤初代 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿内信隆

    鹿内信隆から見た養子養子縁組

    信隆の実の親は徹とモヨではなく、“I”といい六歳の時に養子に出されたことになっている。生まれたのも留萌町である。ただ両家ともに信隆はたしかに徹、モヨの実子に違いないと信じている。たしかに“I家”は信隆の父方の祖母が後妻として嫁いだ先であり、また徹二十四歳、モヨ十八歳の若さで信隆が生まれたことになるから、しばらく“I家”に預けられたということなのかもしれない。いずれにしろ幼少期に、信隆は留萌町から由仁町の鹿内家に引き取られたということになるのだろうが、その詳しい事情はいまとなっては判然としない。それより不可解なのは、歴代の秘書はもちろん家族もその詳しい経緯を知らないことである。鹿内信隆 フレッシュアイペディアより)

  • 尾澤虎雄

    尾澤虎雄から見た養子養子縁組

    1884年4月、倉澤?人の二男として長野県で生まれた。実業家である尾澤福太?の長女と結婚することになり、それに伴い福太?の養子となった。もともと福太?の長女は尾澤晴海と結婚しており、福太?は晴海を養嗣子としていた。しかし、晴海は若くして亡くなったため、福太?の長女は虎雄と再婚することとなったのである。なお、福太?の長女と晴海との間には尾澤金一が生まれており、亡くなった晴海に代わって金一が尾澤家の嫡子となっていた。尾澤虎雄 フレッシュアイペディアより)

  • 続柄

    続柄から見た養子縁組養子縁組

    本人または血族の婚姻・再婚相手の連れ子・養子縁組によって成立した関係は、義理の関係と呼ばれる。続柄としては同じ呼称を使うことができる。「義〜」(たとえば「義父」「義兄」等)と書くこともあるが、読みは同じである。続柄 フレッシュアイペディアより)

  • 皇族

    皇族から見た養子縁組養子縁組

    養子をすることができない(皇室典範9条)。皇族 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1871件中 1 - 10件表示

「養子縁組」のニューストピックワード