前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1688件中 1 - 10件表示
  • 遠藤周作

    遠藤周作から見た養子養子縁組

    元哲に医師とする男子なく、藩医真嶋三随の甥である玄益を養子とした。安永4年(1775年)6月病没した。玄益は養子のため、三人扶持を受けて家督相続し、天明8年(1788年)より藩邸や城中勤務をした。勤務良好とあって翌寛政元年(1789年)には四人扶持となっている。そして御近習医師に昇格し、詰江戸を命ぜられ寛政6年まで江戸三田邸に勤務した。その後も度々江戸詰を命ぜられ五人扶持二十五俵の加増となり、寛政12年3月から七代池田仲雅の御匕代役をした。享和2年に諸役から退き文化7年(1810年)正月に病没した。遠藤周作 フレッシュアイペディアより)

  • 皇族

    皇族から見た養子縁組養子縁組

    後一条天皇のとき、皇太子敦明親王が皇太子辞退(廃太子)を申し出ると、敦明親王の男子は二世孫(三条天皇の孫)であるにもかかわらず、三条天皇の猶子とされて親王宣下を受け、親王の待遇を受けた。このとき以後、「親王は天皇の子」というルールは厳格に適用されなくなり、天皇の孫より遠い血縁の皇親でも天皇の養子・猶子となって親王宣下を受け、親王の待遇を受けることが可能となった。後には、親王宣下を受ける資格が世襲化され、世襲親王家となった。皇族 フレッシュアイペディアより)

  • 国際養子

    国際養子から見た養子縁組養子縁組

    国際養子(こくさいようし)とは、国籍の異なる養親と養子の間で養子縁組を行うことをいう。当事者の一方の国における手続き上の面からは、渉外養子(しょうがいようし)とも呼ばれる。国際養子 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿内信隆

    鹿内信隆から見た養子養子縁組

    信隆の実の親は徹とモヨではなく、“I”といい六歳の時に養子に出されたことになっている。生まれたのも留萌町である。ただ両家ともに信隆はたしかに徹、モヨの実子に違いないと信じている。たしかに“I家”は信隆の父方の祖母が後妻として嫁いだ先であり、また徹二十四歳、モヨ十八歳の若さで信隆が生まれたことになるから、しばらく“I家”に預けられたということなのかもしれない。いずれにしろ幼少期に、信隆は留萌町から由仁町の鹿内家に引き取られたということになるのだろうが、その詳しい事情はいまとなっては判然としない。それより不可解なのは、歴代の秘書はもちろん家族もその詳しい経緯を知らないことである。鹿内信隆 フレッシュアイペディアより)

  • 石原慎太郎

    石原慎太郎から見た養子養子縁組

    最初、潔の戸籍に入っていたが、のち他家に養子縁組した。この男性によれば、父親は潔ではなく潔の弟の真砂 (まさご) であるという。なおこの男性の"父"という真砂 (まさご) と"母"という女性の間に正式の婚姻関係はない。この男性が養子縁組した祖母の家と、山下亀三郎の生家は直接の血縁関係はないが、遠い縁戚にあたる。石原慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 戸籍

    戸籍から見た養子縁組養子縁組

    現在では、出生(親と生年月日)・氏名・婚姻(配偶者)・子・養子縁組・国籍の離脱等の個人の関係(法的には「身分関係」と呼ぶが差別的な意味ではない。以下同じ)を明確にし、婚姻・離婚の届出や日本国旅券の発行を容易にするものである。戸籍 フレッシュアイペディアより)

  • 摂家

    摂家から見た養子縁組養子縁組

    摂家が断絶した場合の後継の養子には必ず皇族か同じ摂家からの養子しか認められなくなり、太政大臣の任官要件に摂政・関白・征夷大将軍の経験者という暗黙の規定が追加された。これにより清華家以下の公家は朝廷中枢から排除された。摂家 フレッシュアイペディアより)

  • 野田聖子

    野田聖子から見た養子養子縁組

    衆議院議員、経済企画庁長官、建設大臣、大蔵事務次官等を歴任した野田卯一の養子野田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • ママ・トラブル

    ママ・トラブルから見た養子縁組養子縁組

    りんごが密かに想いを寄せる青年。りんごからは「颯先輩」と呼ばれている。クールな性格ながら、時折寂しげな目を見せる。きうい始めとする子供たちとは、かつて同じ「ざくろの家」の一員であり、「颯兄ちゃん」と呼ばれ慕われていたが、後に「ざくろの家」を維持するために自ら望んで資産家の養子となった。ママ・トラブル フレッシュアイペディアより)

  • 前田利聲

    前田利聲から見た養子養子縁組

    天保6年(1835年)2月17日、第10代藩主・前田利保の七男として江戸で生まれる。嘉永6年(1853年)12月19日、同母兄で第11代藩主の利友の養子となり、12月20日に兄が死去したため、嘉永7年(1854年)2月12日に家督を継いで第12代藩主となる。前田利聲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1688件中 1 - 10件表示

「養子縁組」のニューストピックワード