1688件中 91 - 100件表示
  • Midnight Sun

    Midnight Sunから見た養子養子縁組

    わずかな違いはあるものの薫と瓜二つの容姿をした双子の弟で、産まれてすぐ養子に出された。冷静沈着で冷徹な性格をしており、マスター曰く、人間を捨てているらしい。Midnight Sun フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼元

    有馬頼元から見た養子養子縁組

    承応3年(1654年)2月25日、第2代藩主・有馬忠頼の次男として生まれる。寛文8年(1668年)に兄で第3代藩主であった有馬頼利が死去したため、その養子として家督を継いで第4代藩主となり、従四位下・中務大輔に叙位・任官される。このとき、父の養子で頼元の養弟に当たる有馬豊祐に1万石を分与して松崎藩を立藩させている。有馬頼元 フレッシュアイペディアより)

  • ひつじの涙

    ひつじの涙から見た養子縁組養子縁組

    紫ノ塚学園卒業生であり、諏訪駆・羽野蝶子・羽野鳥花とは同級生であると同時に、研修部の創部メンバーである。体型とは正反対の大食らい。現在は、圭と理人と3人暮らし。父方の叔母である加也乃は特別な存在であり、彼女の余命が長くないことを知り、母親になりたいと願っていた彼女のため養子入りを決意する。そのため圭と苗字が違う。義弟である凌が紫ノ塚学園におり、説明が面倒なので学園内での圭と彩人の関係はいとことなっている。ひつじの涙 フレッシュアイペディアより)

  • 深見有正

    深見有正から見た養子養子縁組

    直心影流を学び深見流を開いた深見有安の養子で、養父同様に一般的に深見休八で知られる。本家筋の深見龍之進家から分家筋にあたる休八家の養子となり、家督を相続。当初は養父の門人にあたる前田龍五郎の後見を受ける。島津忠義の小姓や二の丸稽古所の剣術師範を勤めた。また、明治5年に明治天皇が鹿児島に行幸した際に剣術を天覧に供したという。深見有正 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利保

    前田利保から見た養子養子縁組

    寛政12年(1800年)2月28日、第8代藩主・前田利謙の次男として江戸で生まれる。享和元年(1801年)に父が死去したときには2歳だったために家督を継げなかった。文化8年(1811年)閏2月5日、第9代藩主・利幹の養子となる。天保6年(1835年)10月19日、利幹が病気のために隠居したため、家督を継いで第10代藩主となった。前田利保 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利幹

    前田利幹から見た養子養子縁組

    明和8年(1771年)11月28日、加賀大聖寺藩の第5代藩主・前田利道の八男として江戸で生まれる。享和元年(1801年)に富山藩の第8代藩主・前田利謙が死去したとき、次男の利保が2歳の幼年だったため、利謙の養子として迎えられ、家督を継いで第9代藩主となる。前田利幹 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利久 (藩主)

    前田利久 (藩主)から見た養子養子縁組

    宝暦12年(1762年)3月16日、第5代藩主・前田利幸の長男として富山で生まれる。父・利幸が死去した時に生まれて間もなかったため、家督は叔父・利與が継いだ。宝暦13年(1763年)8月16日に利與の養子となり、安永6年(1777年)11月8日、利與の隠居に伴い家督を継いで第7代藩主に就いた。前田利久 (藩主) フレッシュアイペディアより)

  • 鍋島直称

    鍋島直称から見た養子養子縁組

    寛文7年(1667年)5月3日、初代藩主・鍋島直澄の五男として、藤津郡塩田吉浦別館で生まれる。元禄元年(1688年)に藩士・副島五郎兵衛の養子となるが、元禄7年(1694年)に異母兄で第2代藩主である直之の世子・直富が早世したため、直之の養子となった。元禄13年(1700年)に従五位下・朝散大夫・甲斐守に叙位・任官する。宝永5年(1708年)1月9日、直之の隠居により家督を継いで第3代藩主となった。鍋島直称 フレッシュアイペディアより)

  • 鍋島直興

    鍋島直興から見た養子養子縁組

    藩政では財政難のため、御用金の取立てをはじめ、百姓の他国への出稼ぎ禁止などを行なったが、宝暦3年(1753年)には勅使接待役などによる出費などに苦しめられている。宝暦7年(1757年)5月29日、蓮池で死去した。死因は水腫といわれる。享年28。実子が無かったため、異母弟で養子の直寛が跡を継いだ。鍋島直興 フレッシュアイペディアより)

  • 鍋島正茂

    鍋島正茂から見た養子養子縁組

    寛永13年(1636年)、本家の佐賀藩主で伯父にあたる鍋島勝茂が、自分の九男・直朝を養子に迎えるように求めてくる。正茂は31歳になっても嗣子に恵まれなかったのである。しかし、正茂はそれを拒否した。自らはまだ31歳であり、仮に子が生まれなかったら弟の茂久を後継ぎにしようと考えていたからである。しかし勝茂は正茂に圧力をかけ、直朝を強引に養子とさせた。翌寛永14年(1637年)に、皮肉にも長男の正恭が誕生している。鍋島正茂 フレッシュアイペディアより)

1688件中 91 - 100件表示

「養子縁組」のニューストピックワード