1871件中 101 - 110件表示
  • 大田原光清

    大田原光清から見た養子養子縁組

    文化9年(1812年)11月22日、弟で養子の愛清に家督を譲って隠居する。文政4年(1821年)1月25日、江戸藩邸で死去した。享年46。大田原光清 フレッシュアイペディアより)

  • 大田原愛清

    大田原愛清から見た養子養子縁組

    寛政10年(1798年)6月24日、第9代藩主・大田原庸清の三男として生まれる。文化9年(1812年)7月21日に兄で第10代藩主である光清の養子となり、11月22日に兄が隠居したため家督を継ぐ。12月16日に従五位下・飛騨守に叙位・任官する。大田原愛清 フレッシュアイペディアより)

  • 大田原広清

    大田原広清から見た養子養子縁組

    嘉永4年(1851年)4月12日に江戸藩邸で死去した。享年22。跡を養子の富清が継いだ。大田原広清 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松範実

    赤松範実から見た養子養子縁組

    赤松範資の子。叔父の則祐の養子。正平14年/延文4年(1359年)、足利義詮に与して南朝の和田正武や楠木正儀らが守る竜泉寺城を攻略する武功を立てた。康安元年/正平16年(1361年)、細川清氏に内通して南朝に寝返った。しかし養父の則祐の取り成しもあり、北朝に帰服するとき義詮より罪を許されている。赤松範実 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原忠綱

    藤原忠綱から見た養子養子縁組

    平安時代中期の公家。藤原北家道長流・藤原頼通の子・藤原信家の養子については藤原忠綱 (道長流)を参照。藤原忠綱 フレッシュアイペディアより)

  • 安部信任

    安部信任から見た養子養子縁組

    文政11年(1828年)4月10日に死去した。享年20。跡を弟で養子の信古が継いだ。安部信任 フレッシュアイペディアより)

  • 安部信平

    安部信平から見た養子養子縁組

    寛延3年(1750年)4月5日に死去した。享年41。跡を養子の信允が継いだ。安部信平 フレッシュアイペディアより)

  • 一条実秋

    一条実秋から見た養子養子縁組

    同じ西園寺家庶流の清水谷家が断絶した時に実秋がその所領を継承したが、その際に「清水谷」の家号を一時期用いた。子の公知は同じ家名の摂関家と区別するためにかつて父が用いた「清水谷」をそのまま家号として常用したため、子孫はそのまま清水谷家と呼ばれるようになった。公知の子実久は権大納言にまで昇ったが、橋本家から迎えた養子の公松は若くして没して清水谷家は断絶した。同家の再興は江戸時代に入ってからの事になる。一条実秋 フレッシュアイペディアより)

  • 芝山広豊

    芝山広豊から見た養子縁組養子縁組

    左中将・四辻季輔の次男。権中納言・芝山定豊の養子。母は右大臣・久我広通の娘。養子に権中納言・芝山重豊(図書頭非参議・高丘季起の次男)、右権中将・芝山経業(参議・水無瀬氏孝の子、のち帰家)、権中納言・石井行忠の室などがいる。芝山広豊 フレッシュアイペディアより)

  • 久我通明

    久我通明から見た養子養子縁組

    天明5年(1785年)に父通維の実家の久我家に養子入りし、叙爵した。以降清華家当主として速い速度で累進し、侍従・左近衛権少将・左近衛権中将を経て、寛政6年(1794年)には従三位となり、公卿に列する。その後も右近衛中将・踏歌節会外弁・権中納言を経て、文化7年(1810年)に権大納言となる。文政7年(1824年)に内大臣に就任。さらに右近衛大将・右馬寮御監ともなったが、同年中に任職を辞した。文政8年(1825年)に従一位を授与された。久我通明 フレッシュアイペディアより)

1871件中 101 - 110件表示

「養子縁組」のニューストピックワード