1688件中 111 - 120件表示
  • 平常家

    平常家から見た養子縁組養子縁組

    平 常家(たいら の つねいえ、生没年不詳)は、平安時代の武士。上総氏の初代当主。平常長の嫡男。下総国香取郡坂村に因んで坂(佐賀)太郎と号した。父から上総権介の地位を継承するが、嗣子無くして没した為に、五弟の常晴が養子として継いだ。平常家 フレッシュアイペディアより)

  • 幸田彦右衛門尉

    幸田彦右衛門尉から見た養子養子縁組

    織田信長の3男・織田信孝の乳兄弟で、その縁から信孝に早くから仕えた。信孝が神戸具盛の養子になったときに随従し、信孝の補佐役を務めている。天正10年(1582年)6月の本能寺の変で信長が死去し、その後に台頭した羽柴秀吉(豊臣秀吉)と信孝が対立し、12月に秀吉の大軍に岐阜城を攻められたとき、秀吉に対して自分の母を人質に差し出している。幸田彦右衛門尉 フレッシュアイペディアより)

  • 中村宗十郎

    中村宗十郎から見た養子養子縁組

    位牌養子に初代中村霞仙、和事芸の後継者としては初代中村鴈治郎がいる。中村宗十郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松平直方 (前橋藩主)

    松平直方 (前橋藩主)から見た養子養子縁組

    安政5年(1858年)8月28日、越中富山藩の第12代藩主・前田利聲の次男として生まれる。明治2年(1869年)8月13日、初代藩主・松平直克の養子となり、8月17日に直克が隠居したため、家督を継ぎ、8月25日に正式に前橋藩知事に就任した。しかし不手際があり、明治3年(1870年)11月30日から12月17日まで新政府の命令により、謹慎している。松平直方 (前橋藩主) フレッシュアイペディアより)

  • 吉見左膳

    吉見左膳から見た養子養子縁組

    宇和島藩の参政を務める中井筑後守の実弟であったが、吉見家に養子入りしている。はじめ伊達宗紀に近習として仕えたが、宗紀に早くから才能を見出されて藩政改革への参与を許された。宗紀が隠居して伊達宗城が藩主になった後も信任は変わらず、むしろ宗城から家老にまで取り立てられ、宇和島藩のナンバー2として宗城の藩政改革や幕政参与に協力した。吉見左膳 フレッシュアイペディアより)

  • 小栗氏

    小栗氏から見た養子養子縁組

    三河国の松平氏(徳川氏)流。松平郷松平家の系統で、松平信広(信光の兄)の末裔の吉忠が、外祖父(伯父の説あり)・小栗正重の養子となり、小栗氏と称したという(『寛政譜』)。吉忠の子・忠政は本宗家の徳川家康に従い功績を残したという。子孫に幕末期の小栗忠順などが出た(三河小栗氏を参照)。小栗氏 フレッシュアイペディアより)

  • 熱血ニセ家族

    熱血ニセ家族から見た養子養子縁組

    ニセ姪。水無の友人である渋谷リエの娘だったが虐待されているのを見かねて水無に引き取られることに。捨三からは「パソ子」と呼ばれている。水無と裕司が結婚したのを機に二人の養子になる。養子入り後は戸籍等の問題で通えなかった保育園に通い始めた。熱血ニセ家族 フレッシュアイペディアより)

  • かてもの

    かてものから見た養子養子縁組

    その結果、いわゆる天明の大飢饉においては辛うじて領民の犠牲を防いだものの、藩の財政は破綻状態に陥って治憲が進めてきた藩政改革の成果は水泡に帰し、治憲は失意のうちに養子の治広に家督を譲る事になった。かてもの フレッシュアイペディアより)

  • 成田長忠

    成田長忠から見た養子養子縁組

    成田長泰の次男で、成田氏長の弟(養子とも)。長尾忠景の玄孫にあたる。正室は上杉憲盛の娘。子は成田重長(長男)、成田氏宗(次男)。別名は泰親(やすちか)・泰喬(やすたか)(ただし、現存の直筆文書の署名は「泰喬」名義のものしか残っていないとされている)。成田長忠 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野康長

    牧野康長から見た養子養子縁組

    文政2年(1819年)4月21日、病気を理由に家督を弟で養子の牧野康明に譲って隠居する。天保4年(1833年)12月29日には松山と号した。慶応4年(1868年)1月4日に死去。享年73。牧野康長 フレッシュアイペディアより)

1688件中 111 - 120件表示

「養子縁組」のニューストピックワード