1871件中 121 - 130件表示
  • 北条氏喬

    北条氏喬から見た養子養子縁組

    天保8年(1837年)2月の大塩平八郎の乱では大坂城の警備を務めた。しかし財政悪化のため、倹約や祝賀行事の制限を行ない、さらに天保6年(1835年)からは藩札を発行して上米を強化するなどしたが効果はほとんどなかった。逆に上米の負担が強化されたことから家臣団で不満が起こり、天保13年(1842年)1月21日、やむなく家督を養子の氏久に譲って隠居した。しかし12月には家老の林永右衛門が家臣団の不満による突き上げで辞職願を提出するなど、藩政はその後も混乱している。北条氏喬 フレッシュアイペディアより)

  • 曹欽

    曹欽から見た養子養子縁組

    曹欽(そうきん、生年不詳 - 1461年7月)は、明中期の廷臣。有力宦官だった曹吉祥の甥で養子曹欽 フレッシュアイペディアより)

  • 橘成季

    橘成季から見た養子養子縁組

    橘 成季(たちばな の なりすえ、生没年不詳)は、鎌倉時代の人物。橘則光の後裔である橘光季の養子。官職は伊賀守。『古今著聞集』の作者。橘成季 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦時高

    三浦時高から見た養子養子縁組

    三浦 時高(みうら ときたか、応永23年(1416年) - 明応3年9月23日(1494年10月22日))は、室町時代後期から戦国時代前期の武将。別名は義高。相模三浦氏当主で扇谷上杉家の下で相模守護(守護代とも)を務める。三浦高明の子。姉妹に大森氏頼室。子に高教、養子に高救(上杉持朝の次男)・義同(高救の嫡男)。相模三浦郡三崎城(新井城)主。法号は聖庵。三浦時高 フレッシュアイペディアより)

  • 越中の戦国時代

    越中の戦国時代から見た養子養子縁組

    天文年間に入ると、神保慶宗の遺児・神保長職と椎名慶胤の遺児・椎名康胤が復活を遂げ、前者は富山城に、後者は松倉城に拠って越中の覇権をめぐって争うようになる。永禄年間に入ると、椎名康胤は越後の上杉謙信の従弟・長尾景直を養子に迎えて後ろ盾にしたため、神保長職は対抗するために謙信の宿敵であった甲斐国の武田信玄と同盟を結んで対抗した。また、信玄は石山本願寺の顕如と縁戚関係にあったことから一向一揆も神保氏に味方する。このため、越中の内乱は信玄派の神保氏と謙信派の椎名氏による、いわゆる武田・上杉の代理戦争という形となったのである。越中の戦国時代 フレッシュアイペディアより)

  • 西園寺寛季

    西園寺寛季から見た養子縁組養子縁組

    西園寺 寛季(さいおんじ ひろすえ、天明6年12月5日(1787年1月23日) - 安政3年2月12日(1856年3月18日))は、江戸時代後期の公卿。主に光格天皇(119代)・仁孝天皇(120代)の二帝に仕えた。最終官位は正二位権中納言。実父は左大臣二条治孝。母は参議徳川宗翰(水戸藩主)の娘。養父は左大臣西園寺賞季。室に大谷等子(大谷光暉の娘)、継室に正親町八千子(権大納言正親町公明の娘)。実子に左近衛権中将西園寺治季、養子に右近衛権中将西園寺公潔(有栖川宮韶仁親王の王子)がいる。西園寺寛季 フレッシュアイペディアより)

  • 徳大寺公城

    徳大寺公城から見た養子養子縁組

    徳大寺 公城(とくだいじ きんむら、享保14年10月17日(1729年12月7日) - 天明2年7月11日(1782年8月19日))は、江戸時代中期の公卿。主に桜町天皇(115代)・桃園天皇(116代)・後桜町天皇(117代)・後桃園天皇(118代)の四朝にわたり仕え、官位は従二位権大納言まで昇った(薨去後従一位追贈)。父は権大納言徳大寺実憲。母は加藤泰恒(大洲藩主)の娘。妻は松平頼恭(高松藩主)の娘、郁子。養子に右大臣徳大寺実祖がいる。徳大寺公城 フレッシュアイペディアより)

  • 西園寺賞季

    西園寺賞季から見た養子養子縁組

    男子には実子の公兼、公氏と養子の実韶の三人がいたが、相次いで先立たれている。西園寺家の相続人がいなくなったために、左大臣二条治孝の三男の寛季を養子に迎えて西園寺家を相続させた。西園寺賞季 フレッシュアイペディアより)

  • 西園寺賞季

    西園寺賞季から見た養子縁組養子縁組

    西園寺賞季(さいおんじ よしすえ、寛保3年8月12日(1743年9月29日) - 寛政11年12月22日(1800年1月16日))は、江戸時代中期の公卿。桃園天皇(116代)・後桜町天皇(117代)・後桃園天皇(118代)・光格天皇(119代)の四帝にわたり仕え、官位は従一位右大臣まで昇る。父に内大臣西園寺公晃。母は内大臣今出川伊季の娘。妻は広幡長忠の娘(近衛内前の猶子)。実子に従五位上西園寺公兼、左近衛少将西園寺公氏、娘(権中納言野宮定業室)、宝珠院(長州藩主毛利匡芳室)がいる。養子に左近衛中将西園寺実韶(一条輝良の子)、権中納言西園寺寛季(二条治孝の子)がいる。西園寺賞季 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤為章

    安藤為章から見た養子養子縁組

    伏見宮に仕える安藤朴翁の次男として丹波国桑田郡(現京都府)に生まれる。儒学を伊藤仁斎に、和歌を中院通茂に学ぶ。兄の為実とともに最初は伏見宮に仕え、後に2人とも水戸藩の徳川光圀に招かれて彰考館の寄人となり『大日本史』『礼儀類典』『釈万葉集』の編纂に従事した。光圀の命令で契沖のもとに万葉集の註釈を教わりにたびたび出かけることとなり、ついには契沖の門人となる。水戸藩から家禄を加増する命があったが、実子がないことを理由にこれを断り、養子もとらず家が絶えた。伴蒿蹊は「人のなし難き所にして、吾が天を安んずるの節義称すべし」と評す。安藤為章 フレッシュアイペディアより)

1871件中 121 - 130件表示

「養子縁組」のニューストピックワード