1871件中 131 - 140件表示
  • 稲村三伯

    稲村三伯から見た養子養子縁組

    現在の鳥取市川端に生まれる。町医・松井如水の三男。明和7年(1770年)藩医・稲村三杏の養子に入る。稲村三伯 フレッシュアイペディアより)

  • 細川興徳

    細川興徳から見た養子養子縁組

    興昶、興祥、興民と3人の養子が早世・廃嫡などしたため、家督は4人目の養子の興建が継いだ。細川興徳 フレッシュアイペディアより)

  • 山路徳風

    山路徳風から見た養子養子縁組

    山路 徳風(やまじ よしつぐ、宝暦11年(1761年)?文化7年1月27日(1810年3月2日))は、江戸時代後期の江戸幕府天文方。通称は才助。仙台藩小倉雅久の次男、母は湯本輝胤の娘。評定所儒者山路之徽の養子。子に山路諧孝及び奥留種敏妻ふき子(庶子、徳風曾孫彰善妻・けい子の実母)がいる。山路徳風 フレッシュアイペディアより)

  • 家範

    家範から見た養子養子縁組

    各家の家範には、一族の心構えを説く家訓的な条文もあったが、配偶者や養子の資格や財産処分の手続きについて独自の規定を定めることができた。もし家範に違反した場合、宮内大臣は華族戒飭令の規定に基づき懲戒処分を下すことができた。家範 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川寛

    長谷川寛から見た養子養子縁組

    長谷川 寛(はせがわ ひろし、通称:善左衛門、藤次郎とも、1782年(天明2年) - 1839年1月5日(天保9年11月20日))は、江戸時代末期の数学者、和算家。江戸出身で、号は西磻、極翁である。1830年に、和算の初歩から丁寧に著した独習書であり、明治時代に和算の教科書として使われた『算法新書』が主著として知られる。また長谷川派の創始者だが寛は生涯、子供がおらず弟子の長谷川弘(養子になる前の名前:佐藤秋三郎篤信)を養子として育てた。長谷川寛 フレッシュアイペディアより)

  • 一条実良

    一条実良から見た養子養子縁組

    一条 実良(いちじょう さねよし、天保6年2月28日(1835年3月26日) - 慶応4年4月24日(1868年5月16日))は江戸時代後期の公家。一条忠香の子で、母は伏見宮邦家親王第2王女順子女王。昭憲皇太后(明治天皇皇后)の異母兄。妻は近衛忠煕の娘総子。子に良子(一条実輝の妻)、一条忠貞は養子。法号は華厳光寺。横浜港の閉鎖などを建言する。慶応3年(1867年)12月に王政復古の大号令が発せられ、公武合体派であることを理由に参内を停止された。一条実良 フレッシュアイペディアより)

  • 金子万嶽

    金子万嶽から見た養子養子縁組

    宝暦14年(1764年)3月に兄の清房の養子となって跡を継ぎ、上山藩主の松平信亨に仕えた。寛政5年(1793年)11月に中老となり、次いで家老に列して100石3人扶持の禄高を与えられた。当時の上山藩では先代の信亨が藩政に無関心な上に奢侈な生活を送って藩財政の悪化を招き、信古(信亨の長男)も父親と同じような人物だったため、藩内で主導権抗争が起こった。万嶽は農村改革派の中心人物であり、領民に重税を強いることで財政再建を図る保守派と対立。しかし藩主の信古は保守派であり、万嶽は信古と対立して寛政6年(1794年)に信古に対して諫書を差し出して隠退し、上山を去って江戸に出た。金子万嶽 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋泰直

    土屋泰直から見た養子養子縁組

    明和5年(1768年)3月13日、第4代藩主土屋篤直の次男として生まれる。安永6年(1777年)、異母兄で第5代藩主の寿直が死去したため、その養子となって家督を継いだ。天明3年(1783年)12月18日に従五位下・能登守に叙位・任官する。土屋泰直 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋英直

    土屋英直から見た養子養子縁組

    明和6年(1769年)11月28日、第4代藩主土屋篤直の三男として生まれる。寛政2年(1790年)に同母兄で第6代藩主の泰直が死去したため、その養子として家督を継ぎ、11月27日に従五位下・但馬守に叙位・任官する。土屋英直 フレッシュアイペディアより)

  • 久我信通

    久我信通から見た養子養子縁組

    宝暦6年(1756年)に久我家の養子に入り、同年叙爵した。以降清華家当主として早いスピードで累進し、侍従・左近衛権少将・左近衛権中将を経て、宝暦13年(1763年)に従三位となり、公卿に列する。踏歌節会外弁・権中納言を経て、明和5年(1768年)に従二位となり、英仁親王(後桃園天皇)の立太子にともない、その春宮権大夫となる。明和7年(1770年)親王の即位とともに辞す。明和8年(1771年)に権大納言となる。安永4年(1775年)には後桜町上皇の院執権となった。安永5年(1776年)に武家伝奏に就任し、寛政3年(1791年)までの長きにわたりつとめた。この間の寛政元年(1789年)には右近衛大将・右馬寮御監にも任じられる。寛政3年(1791年)から内大臣に就任するも翌寛政4年(1792年)には辞した。この年に朝廷と幕府の間で典仁親王への尊号一件事件が発生したが、信通は朝廷側の代表にたてられ、中山愛親・正親町公明らを伴って江戸へ下向している。久我信通 フレッシュアイペディアより)

1871件中 131 - 140件表示

「養子縁組」のニューストピックワード