1688件中 11 - 20件表示
  • 脇坂安親

    脇坂安親から見た養子養子縁組

    元文3年(1738年)12月19日、近江宮川藩主・堀田正陳の四男として生まれる。龍野藩の第3代藩主・脇坂安清の弟・脇坂安利は、宝永7年(1710年)に2000石を分与されて旗本となっていたが、その息子である脇坂安種には嗣子が無かった。このため、安親が養子となって2000石の家督を継いでいた。脇坂安親 フレッシュアイペディアより)

  • 松平忠和 (桑名藩主)

    松平忠和 (桑名藩主)から見た養子養子縁組

    桑名藩の第4代藩主で異母兄に当たる松平忠功に実子が無かったため、寛政5年(1793年)9月2日に兄の養子となり、11月28日に兄が病気を理由に隠居したため、家督を継いで第5代藩主となる。藩政では定信の寛政の改革をならって、寛政7年(1795年)11月に家臣の半知借上を行い藩財政再建を目指し、中沢道二らを招聘して学問を奨励している。寛政12年(1800年)には藩法を制定して綱紀の粛正を図った。松平忠和 (桑名藩主) フレッシュアイペディアより)

  • 松平信充

    松平信充から見た養子養子縁組

    寛政元年(1789年)に第5代藩主・松平信成の養子となる。寛政5年(1793年)に大蔵大輔に任官する。寛政12年(1800年)2月13日、信成が隠居したため、家督を継いで第6代藩主となり、12月に従四位下・侍従に昇叙された。しかし在位3年後の享和3年(1803年)2月9日に死去。享年29。松平信充 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤胤昌

    遠藤胤昌から見た養子養子縁組

    遠藤 胤昌(えんどう たねまさ、文化元年10月4日(1804年11月5日) - 安政3年6月27日(1856年7月28日))は、近江三上藩第5代藩主・遠藤胤統の養嗣子である。官位は式部少輔。正室は遠藤胤統の娘。養子に胤城。遠藤胤昌 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部貞治

    矢部貞治から見た養子養子縁組

    11月9日 - 鳥取県気高郡美穂村大字向国安(現在の鳥取市向国安)の農家に生まれる。のち、愛媛県今治市出身の司法官矢部安男の養子となる。旧制鳥取中学校、旧制第一高等学校文科甲類を経て矢部貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 宗義和

    宗義和から見た養子養子縁組

    文政元年(1818年)8月4日、第13代藩主・宗義質の次男として生まれる。はじめ暢孫家の養子となり、次いで樋口家の養子となり、樋口章貞と名乗った。しかし天保13年(1842年)に兄で第14代藩主の義章が死去したため、その養子となって家督を継ぎ、10月に従四位下・侍従・対馬守に叙位・任官する。宗義和 フレッシュアイペディアより)

  • えの素

    えの素から見た養子養子縁組

    郷介亡き後はばあちゃんと暮らしていたが、二比とタミの息子として生まれた郷介を扱えるのは君しかいない、と乞われて二比家の養子になる。えの素 フレッシュアイペディアより)

  • エンジェル・スノー

    エンジェル・スノーから見た養子縁組養子縁組

    子供のいない若い夫婦を通して、医療・養子・臓器移植などの問題を扱っている。日本での公開は2002年6月1日。エンジェル・スノー フレッシュアイペディアより)

  • 名跡

    名跡から見た養子養子縁組

    名跡は基本的には芸系に属するものであるが、しばしばある一家がこれを管理し、血縁もしくは養子縁組によってこれを相続することが多い。ただし後嗣がいない場合、遺族との相談によって先代の芸系を受継ぐ者がこれを相続する場合もあるが、現在ではこれはあくまでもそれにふさわしい後嗣がいない場合に限られるようである。名跡は単なる名前ではなく、代々の襲名者によって伝統的に築き上られてきた芸を継承するという意味もある。つまり市川団十郎における荒事、尾上菊五郎における世話物、坂東三津五郎における踊り、三遊亭圓朝における人情話、怪談などがこれであって、襲名の際には、血縁的な資格だけではなく、こうした芸の特質を受継ぎ、よく習得しているか、あるいはその実力が名跡の大きさに相応しいか、などが勘考される。つまり本来血縁や師弟関係等の系図的要素はあくまでも基礎的資格であるにすぎず、それ以上の、名跡にふさわしいか否かについての判断のために、しばしば襲名にあたっては、当該襲名者の師匠の許し、歌舞伎であれば松竹、落語ならば席亭や師匠の判断、さらに場合によっては同姓同亭号の大立者の協賛などが必要になってくる。ただし襲名を契機にさらなる飛躍を期待するという意味で、血縁者に実力以上の名跡を継がせるということもしばしばある。名跡 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師寺元一

    薬師寺元一から見た養子養子縁組

    薬師寺元長の実子、または養子、さらに甥とも言われる説があり、詳細は不明である。明応9年(1500年)、政元の命令により河内の畠山義英を助けて畠山尚順を破るという武功を挙げた。文亀元年(1501年)に元長が死去したため、家督を継いで摂津守護代となり、細川政元に仕えた。文亀3年(1503年)、政元の命令により、阿波細川家から細川澄元を養子に迎える交渉を果たしている。薬師寺元一 フレッシュアイペディアより)

1688件中 11 - 20件表示

「養子縁組」のニューストピックワード

  • 村上春樹と私とノーベル賞

  • 仮面ライダー平成ジェネレーションズ

  • 古舘トーキングヒストリー〜忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況〜