1871件中 11 - 20件表示
  • 皇位継承問題 (平成)

    皇位継承問題 (平成)から見た養子養子縁組

    皇位継承のルールが単純であり、かつ皇嗣の確保が比較的容易である。現在の晩婚化、一夫一妻制を前提とすれば、たとえ皇籍復帰や養子によって旧宮家の子孫を数人皇室に入れ、一時的に皇位継承資格者たる男系男子を確保しても、確率論的に3代程度で再び男系男子が絶えて、男子皇族を確保できなくなる可能性が高いことは明らかである。旧宮家の復帰や養子を迎え入れても皇統断絶問題を先送りしているだけであり、女系による継承も認める方が制度的安定性に優れる。皇位継承問題 (平成) フレッシュアイペディアより)

  • 石原慎太郎

    石原慎太郎から見た養子養子縁組

    最初、潔の戸籍に入っていたが、のち他家に養子縁組した。この男性によれば、父親は潔ではなく潔の弟の真砂 (まさご) であるという。なおこの男性の"父"という真砂 (まさご) と"母"という女性の間に正式の婚姻関係はない。この男性が養子縁組した祖母の家と、山下亀三郎の生家は直接の血縁関係はないが、遠い縁戚にあたる。石原慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 弓道士魂

    弓道士魂から見た養子養子縁組

    本作の主人公。実父は尾張藩に仕えていたが、改易により浪人となり紀州を訪れ、下級武士である義父の頼みにより5歳の勘左衛門を養子に送り出した。好物はホウレンソウのおひたし。弓道士魂 フレッシュアイペディアより)

  • 三橋鑑一郎

    三橋鑑一郎から見た養子養子縁組

    18歳で三橋家の養子となり、同家師範新宮弥次兵衛に武蔵流を学ぶ。三橋鑑一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川幾三郎

    谷川幾三郎から見た養子養子縁組

    慶応3年(1867年)10月17日、藩命により谷川遊水(筑後柳川藩出身・150石)の家に養子に入る。谷川幾三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 景山粛

    景山粛から見た養子養子縁組

    伯耆国会見郡中野村(現在の鳥取県境港市中野町)の農家七右衛門の子として生まれる。叔父義春の養子となって木島家を継いだ。義春は智正とも称し、立碩と号し医学を京の木島(このしま)氏に学んだ名医だった。景山粛 フレッシュアイペディアより)

  • 古河藩

    古河藩から見た養子養子縁組

    武蔵国本庄より小笠原信之が1万石加増の2万石で入った。信之は家康覇業の功臣で徳川四天王で知られる酒井忠次の3男であり、小笠原秀政の同族信嶺の養子である。信嶺は入部してから2年後の慶長19年(1614年)に45歳で死去。嫡男政信が家督を相続した。元和5年(1619年)、下総関宿へ移封された。古河藩 フレッシュアイペディアより)

  • 家事審判法

    家事審判法から見た養子縁組養子縁組

    具体例として、後見開始の審判、失踪宣告、子の氏の変更の許可、養子縁組の許可、死後離縁の許可、相続放棄申述の受理、遺言執行者の選任、氏又は名の変更の許可などがある。家事審判法 フレッシュアイペディアより)

  • 義親

    義親から見た養子縁組養子縁組

    親が子を連れて結婚または再婚をする場合、親はそれまで子と共にあった戸籍から抜けて、新しい配偶者との間に新たな戸籍を作成する。その際、子はそれまでの戸籍に残ったままなので、子の姓もそのまま変わらない。したがって連れ子は、実親・義親の戸籍に連ならないばかりか、その姓まで実親・義親のそれとは異なったものとなり、さらには義親の遺産相続権もないという状態になる。連れ子を実親と義親の戸籍に入れて姓を同じにし、遺産相続権を付与するためには、連れ子と義親との間にも別個に養子縁組をする必要がある。義親 フレッシュアイペディアより)

  • 国際養子

    国際養子から見た養子縁組養子縁組

    国際養子(こくさいようし)とは、国籍の異なる養親と養子の間で養子縁組を行うことをいう。当事者の一方の国における手続き上の面からは、渉外養子(しょうがいようし)とも呼ばれる。国際養子 フレッシュアイペディアより)

1871件中 11 - 20件表示

「養子縁組」のニューストピックワード