1871件中 21 - 30件表示
  • 養親

    養親から見た養子養子縁組

    養親(ようしん)とは、養子縁組による養子から見た義理の親である。また、養父母(ようふぼ)、養父(ようふ)、養母(ようぼ)とも呼ばれる。養親 フレッシュアイペディアより)

  • 源重之

    源重之から見た養子養子縁組

    源 重之(みなもと の しげゆき、生年未詳 - 長保2年(1000年)頃?)は、平安時代中期の歌人・貴族。清和源氏、上野太守・貞元親王の孫で、三河守・源兼信の子。伯父の参議・源兼忠の養子。官位は従五位下・筑前権守。三十六歌仙の一人。源重之 フレッシュアイペディアより)

  • ママ・トラブル

    ママ・トラブルから見た養子縁組養子縁組

    りんごが密かに想いを寄せる青年。りんごからは「颯先輩」と呼ばれている。クールな性格ながら、時折寂しげな目を見せる。きうい始めとする子供たちとは、かつて同じ「ざくろの家」の一員であり、「颯兄ちゃん」と呼ばれ慕われていたが、後に「ざくろの家」を維持するために自ら望んで資産家の養子となった。ママ・トラブル フレッシュアイペディアより)

  • 親子

    親子から見た養子養子縁組

    親子(おやこ、しんし)とは、親と子のことである。また、その関係。「親子」という語は父母と子の関係を意味する語であるが、生みの親と子の血縁的な関係だけでなく、養親と養子の関係も指す。父と子、あるいは、母と子の関係に限定して使用するときは、それぞれ父子、あるいは、母子という。また、親分と子分の関係、親方と子方の関係など、習俗上親子関係になぞらえた関係(擬制的親子関係)を指しても用いられる。親子 フレッシュアイペディアより)

  • 反致

    反致から見た養子縁組養子縁組

    英米法においては、渉外的な養子縁組や離婚については、準拠法指定という発想はなく、当事者のドミサイル (domicile) が存在する場合に裁判管轄を認め、法廷地法を適用して事件を処理する扱いがされている。このような裁判管轄に関する扱いにつき、養子縁組や離婚は当事者のドミサイルがある地の法が準拠法になるとする国際私法のルールが隠れていると解釈した上で、反致を認めるべきかが問題となる。反致 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾寿造

    西尾寿造から見た養子養子縁組

    現在の鳥取市吉方温泉3丁目に生まれた。鳥取県士族・西尾重威の四男、兄幸太郎の養子西尾寿造 フレッシュアイペディアより)

  • 士学館

    士学館から見た養子養子縁組

    記念に芝神明社に自讃の額を掲げたところ、近所の直心影流長沼道場ら他流派の人々から目を付けられ、次々に試合を要求されてしまう。直由は病気を理由に断り、その養子直一は度々負けたため、江戸中に悪評が広まり、額に張り紙して嘲笑う者もいた。士学館 フレッシュアイペディアより)

  • 名跡

    名跡から見た養子養子縁組

    名跡は基本的には芸系に属するものであるが、しばしばある一家がこれを管理し、血縁もしくは養子縁組によってこれを相続することが多い。ただし後嗣がいない場合、遺族との相談によって先代の芸系を受継ぐ者がこれを相続する場合もあるが、現在ではこれはあくまでもそれにふさわしい後嗣がいない場合に限られるようである。名跡は単なる名前ではなく、代々の襲名者によって伝統的に築き上られてきた芸を継承するという意味もある。つまり市川団十郎における荒事、尾上菊五郎における世話物、坂東三津五郎における踊り、三遊亭圓朝における人情話、怪談などがこれであって、襲名の際には、血縁的な資格だけではなく、こうした芸の特質を受継ぎ、よく習得しているか、あるいはその実力が名跡の大きさに相応しいか、などが勘考される。つまり本来血縁や師弟関係等の系図的要素はあくまでも基礎的資格であるにすぎず、それ以上の、名跡にふさわしいか否かについての判断のために、しばしば襲名にあたっては、当該襲名者の師匠の許し、歌舞伎であれば松竹、落語ならば席亭や師匠の判断、さらに場合によっては同姓同亭号の大立者の協賛などが必要になってくる。ただし襲名を契機にさらなる飛躍を期待するという意味で、血縁者に実力以上の名跡を継がせるということもしばしばある。名跡 フレッシュアイペディアより)

  • 失権の原理

    失権の原理から見た養子養子縁組

    失権の原理(しっけんのげんり、英語:Doctrine of lapse)は、イギリス統治時代、インド諸藩王国に適用された養子による相続を認めない無嗣改易による併合政策。失権の原理 フレッシュアイペディアより)

  • 橋田邦彦

    橋田邦彦から見た養子養子縁組

    鳥取の漢方医藤田謙造の次男として生まれ、鳥取中学在学中に河村郡長瀬宿の医師橋田浦蔵の養子となる。第一高等学校から東京帝国大学医学科を卒業し、生理学教室に入った。1914年(大正3年)ドイツに留学。1918年の帰国後は生理学助教授。1922年(大正11年)に教授に就任し、実験的生理学、ことに電気生理学の研究、発展につとめた。生理学の多くの著作の他に、哲学をよくし、禅に通じた。1945年(昭和20年)9月14日、太平洋戦争敗戦の責を負って、東京荻窪の自邸において自決した。橋田邦彦 フレッシュアイペディアより)

1871件中 21 - 30件表示

「養子縁組」のニューストピックワード