1688件中 21 - 30件表示
  • 景山粛

    景山粛から見た養子養子縁組

    会見郡中野村(現在の鳥取県境港市中野町)の農家七右衛門の子として生まれる。叔父義春の養子となって木島家を継いだ。義春は智正とも称し、立碩と号し医学を京の木島(このしま)氏に学んだ名医だった。景山粛 フレッシュアイペディアより)

  • 松方三郎

    松方三郎から見た養子養子縁組

    4月 - 兄松方幸次郎の養子として届出。松方三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 土井利善

    土井利善から見た養子養子縁組

    しかし晩年においては、もともと井上氏から養子に入った上、実子が早世して養子問題などで藩内部で対立が起こり、さらに尊王派の藩士(松本奎堂、宍戸弥四郎)が長州藩士を匿って天誅組の変に中心的人物として参加するなどしたことから、幕府からの圧迫を受け、さらに土井家の本家からも圧力を受けて失意に落ちた利善は、慶応2年(1866年)7月19日に家督を養子の土井利教に譲って隠居した。土井利善 フレッシュアイペディアより)

  • 弓道士魂

    弓道士魂から見た養子養子縁組

    本作の主人公。実父は尾張藩に仕えていたが、改易により浪人となり紀州を訪れ、下級武士である義父の頼みにより5歳の勘左衛門を養子に送り出した。好物はホウレンソウのおひたし。弓道士魂 フレッシュアイペディアより)

  • 宗方熈

    宗方熈から見た養子養子縁組

    元禄9年(1696年)9月27日、第3代藩主・宗義真の九男として生まれる。はじめ臣下の樋口家の養子となり、樋口主馬と称した。しかし享保15年(1730年)11月に兄で第6代藩主の義誠が死去したため、その養子となり、享保16年(1731年)2月21日に家督を相続して第7代藩主となる。4月に従四位下、侍従・対馬守に叙位・任官した。宗方熈 フレッシュアイペディアより)

  • 鍋島直与

    鍋島直与から見た養子養子縁組

    寛政10年(1798年)5月3日、肥前佐賀藩第8代藩主・鍋島治茂の七男として佐賀城で生まれる。文化2年(1805年)には親族の神代鍋島氏の養子となり、弾正と名乗った。文化12年(1815年)に実兄の直道が養父の蓮池藩主・直温から廃嫡されたため、兄に代わって養子に入り、主税と名乗った。文化13年(1816年)4月4日、養父・直温の隠居により家督を継いで蓮池藩第8代藩主となる。鍋島直与 フレッシュアイペディアより)

  • 三橋鑑一郎

    三橋鑑一郎から見た養子養子縁組

    18歳で三橋家の養子となり、同家師範新宮弥次兵衛に武蔵流を学ぶ。三橋鑑一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 勘解由小路家

    勘解由小路家から見た養子養子縁組

    昭和の当主は資承、なお、資淳を養子に迎えるさい、資淳を一度武者小路実篤の養子にしてから勘解由小路家に迎え入れた。勘解由小路家 フレッシュアイペディアより)

  • 朱友讓

    朱友讓から見た養子養子縁組

    朱友譲(しゅ ゆうじょう、生没年不詳)は、後梁の皇族で、初代皇帝の朱全忠の仮子。本姓は李で、本名は不明(輩行で「七郎」と呼ばれていた)。朱友讓 フレッシュアイペディアより)

  • 朱友謙

    朱友謙から見た養子養子縁組

    朱友謙(しゅ ゆうけん、生年不詳 - 925年)は、後梁の皇族で、初代皇帝の朱全忠の仮子。本姓は李で、名は簡。朱友謙 フレッシュアイペディアより)

1688件中 21 - 30件表示

「養子縁組」のニューストピックワード