1688件中 41 - 50件表示
  • 小沢佐重喜

    小沢佐重喜から見た養女養子縁組

    娘(養女)・スミ子、則子小沢佐重喜 フレッシュアイペディアより)

  • 池田定賢

    池田定賢から見た養子養子縁組

    元禄13年(1700年)7月16日、初代藩主・池田清定の兄に当たる鹿奴藩の初代藩主・池田仲澄の四男として鳥取で生まれる。同年12月、生後5ヵ月の時に家老・池田知定の養子となった。享保2年(1717年)に元服したが、享保3年(1718年)に叔父の清定が死去すると、その養子として家督を継ぐこととなり、松平姓を称した。12月18日に従五位下・近江守に叙位・任官する。池田定賢 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮藩

    宇都宮藩から見た養子養子縁組

    文禄元年(1592年)、秀吉が朝鮮出兵を開始すると国綱も参陣した。しかし慶長2年(1597年)、国綱は秀吉の命令で所領を没収されて改易となった。理由は太閤検地に際して結果が秀吉が安堵した18万石ではなくその倍以上という石高詐称によるもの、また当時国綱には継嗣が無かったため、重臣の今泉高光が豊臣五奉行である浅野長政の3男長重を養子に迎えようとしたが、国綱の実弟芳賀高武が反対して今泉を討ち取ったため御家騒動に発展、養子話を潰された長政の面目も丸潰れとなり、長政が秀吉に讒訴して改易に追い込んだとする説がある。国綱は宇都宮を追放されて備前の宇喜多秀家の下に預けられ、慶長の役では名誉挽回と御家再興のために朝鮮に渡海するも秀吉が慶長3年(1598年)8月18日に病死したため、再興の道は閉ざされた。宇都宮藩 フレッシュアイペディアより)

  • 旧姓

    旧姓から見た養子縁組養子縁組

    旧姓(きゅうせい)とは、結婚や養子縁組などにより、所属する家族が変更する以前の姓(氏)を指す。旧姓 フレッシュアイペディアより)

  • 古河藩

    古河藩から見た養子養子縁組

    武蔵国本庄より小笠原信之が1万石加増の2万石で入った。信之は家康覇業の功臣で徳川四天王で知られる酒井忠次の3男であり、小笠原秀政の同族信嶺の養子である。信嶺は入部してから2年後の慶長19年(1614年)に45歳で死去。嫡男政信が家督を相続した。元和5年(1619年)、下総関宿へ移封された。古河藩 フレッシュアイペディアより)

  • 橋田邦彦

    橋田邦彦から見た養子養子縁組

    鳥取の漢方医藤田謙造の次男として生まれ、鳥取中学在学中に河村郡長瀬宿の医師橋田浦蔵の養子となる。第一高等学校から東京帝国大学医学科を卒業し、生理学教室に入った。大正3年(1914年)ドイツ留学をし、帰国後生理学助教授となり、大正11年(1922年)教授となって、実験的生理学、ことに電気生理学の研究、発展につとめた。生理学の多くの著作の他に、哲学をよくし、禅に通じた。昭和20年(1945年)9月14日、太平洋戦争の責めを負って、東京荻窪の自邸において自決した。橋田邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 橋田邦彦

    橋田邦彦から見た養女養子縁組

    妻 きみえ(橋田浦蔵の養女橋田邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 家事審判法

    家事審判法から見た養子縁組養子縁組

    具体例として、後見開始の審判、失踪宣告、子の氏の変更の許可、養子縁組の許可、死後離縁の許可、相続放棄申述の受理、遺言執行者の選任、氏又は名の変更の許可などがある。家事審判法 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 愛之助

    片岡愛之助 (6代目)から見た養子養子縁組

    歌舞伎とは無縁の家庭の出身でありながら、1981年に片岡一門へ入門したことをきっかけに、二代目片岡秀太郎の養子として上方歌舞伎を中心に活動。今や数少ない大阪出身・在住の歌舞伎役者である。端整な顔立ちから女性ファンが多く、主に二枚目で活躍中。骨太な役もこなす。かつては女形を務めることも多かったが、現在は立役を専門にこなしている。片岡愛之助 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 西尾寿造

    西尾寿造から見た養子養子縁組

    現在の鳥取市吉方温泉3丁目に生まれた。鳥取県士族・西尾重威の四男、兄幸太郎の養子西尾寿造 フレッシュアイペディアより)

1688件中 41 - 50件表示

「養子縁組」のニューストピックワード