1688件中 61 - 70件表示
  • イ・サン

    イ・サンから見た養子養子縁組

    居酒屋の女将、マクソンと恋仲になるも、自身が玉無し(鼓子(コジャ)=男性自身がない男の事)であることが知られてしまい、一時関係は冷え込む。しかしその後よりを戻し、晴れて夫婦になり、ホン・グギョンの口添えもあって、内侍府に復帰した。後に、養子をとる。イ・サン フレッシュアイペディアより)

  • 国・地域別のLGBTの権利

    国・地域別のLGBTの権利から見た養子縁組養子縁組

    LGBTに関連する法律は、同性愛の政府による承認や、LGBTの養子縁組(en)や性的指向による兵役の制限(en)、同性国際結婚に伴う移住の平等(en)、反差別法、LGBTの人々に対する迫害(en)に関連するヘイトクライム法、同性間の性交渉を犯罪とするソドミー法、反レズビアン法、同性間における性的同意年齢の規制などに留まらない。国・地域別のLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • 蝉しぐれ

    蝉しぐれから見た養子縁組養子縁組

    牧助左衛門の一人息子。ただし実子ではなく、助左衛門の妻登世の実家である服部家からの養子。物語開始時15歳。蝉しぐれ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤博文

    伊藤博文から見た養子縁組養子縁組

    周防国熊毛郡束荷村字野尻(現 山口県光市束荷字野尻)の百姓・林十蔵(後に重蔵)の長男として生まれる。母は秋山長左衛門の長女・琴子。家が貧しかったため、12歳ごろから奉公に出されたという。父・十蔵が長州藩の蔵元付中間・水井武兵衛の養子となり、武兵衛が安政元年(1854年)に周防国佐波郡相畑村の足軽・伊藤弥右衛門の養子となって、伊藤直右衛門と改名したため、十蔵、博文父子も足軽となった。伊藤博文 フレッシュアイペディアより)

  • 婿養子

    婿養子から見た養子縁組養子縁組

    婿養子(むこようし)は、婚姻と同時に夫が妻の親と養子縁組すること、またその場合に養子になった夫のことをいう。本記事では主に日本の民法における規定を説明する。歴史的な事柄は入婿を参照。婿養子 フレッシュアイペディアより)

  • 未来日記 (漫画)

    未来日記 (漫画)から見た養女養子縁組

    本作のヒロイン。雪輝と同じクラスの少女。美人で成績も良く皆の憧れだが、実は雪輝に惚れているストーカー。火山から雪輝を守るために共闘したことをきっかけに行動するようになる。美坂児童養護施設の出身であり、我妻潮夫妻に養女として引き取られるまでは家族がいなかった。神の座には興味がなく、ただ雪輝と一緒にいたいとしか思っていない。また、「DEAD END」以外の現在唯一のENDである「HAPPY END。」が彼女の未来日記に表示されている。未来日記 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 近交係数

    近交係数から見た養子縁組養子縁組

    特記ない限り、兄弟姉妹関係は全て両親どちらも同じとする。また当然だが、養子縁組・婚姻などによる義理の関係は除外する。近交係数 フレッシュアイペディアより)

  • 平常晴

    平常晴から見た養子縁組養子縁組

    房総平氏代々の土地である下総国相馬郡にて相馬五郎と称する。長兄の常家が男子を儲けることなく没したため、養子と言う形で上総氏の家督、即ち上総権介の地位を継承する。上総氏は常晴を初代当主とすることが多い。平常晴 フレッシュアイペディアより)

  • 正親町三条公統

    正親町三条公統から見た養子縁組養子縁組

    正親町三条公統(おおぎまちさんじょう きんおさ、寛文8年2月18日(1668年3月30日) - 享保4年8月16日(1719年9月29日)は、江戸時代前期から中期の公卿。霊元天皇(112代)・東山天皇(113代)・中御門天皇(114代)の三帝にわたり仕えた廷臣で、官位は正二位権大納言まで昇っている。父は参議正親町三条公廉。母は不詳。養父に参議正親町三条実久(公廉の弟)。養子(滋野井公澄の子)に左近衛権中将正親町三条実彦。養女(左兵衛督吉田兼敬の娘)に治部卿穂波晴宣室がいる。初名は公光(きんみつ)。正親町三条公統 フレッシュアイペディアより)

  • 西園寺公遂

    西園寺公遂から見た養子縁組養子縁組

    西園寺家には相続人がいなくなったので、関白鷹司房輔次男実輔を、公宣の娘安姫の婿養子に迎えて、西園寺家を相続させることとなった。ちなみにこの実輔も早世する。西園寺公遂 フレッシュアイペディアより)

1688件中 61 - 70件表示

「養子縁組」のニューストピックワード