1688件中 71 - 80件表示
  • 大炊御門経光

    大炊御門経光から見た養子縁組養子縁組

    大炊御門 経光(おおいのみかど つねみつ、寛永15年8月8日(1638年9月15日) - 宝永元年9月6日(1704年10月4日))は、江戸時代前期の公卿。おもに後光明天皇(110代)・後西天皇(111代)・霊元天皇(112代)・東山天皇(113代)に仕え、官位は従一位左大臣まで昇った。父は従一位左大臣大炊御門経孝。母は家女房。正室は細川立孝の娘。子に内藤義竜(内藤義恭猶子)、娘(鷲尾隆長室)、養子に大炊御門信名(近衛基熙の次男)がいる。大炊御門経光 フレッシュアイペディアより)

  • 離縁

    離縁から見た養子縁組養子縁組

    離縁(りえん)は、夫婦または養親子の関係を解消すること。法律用語では養子縁組の解消とされている。離縁 フレッシュアイペディアより)

  • マーヴィン・P・ブッシュ

    マーヴィン・P・ブッシュから見た養子養子縁組

    子:2名(養子、Gladney Center、フォートワース、テキサス州)マーヴィン・P・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 源師俊

    源師俊から見た養子養子縁組

    源 師俊(みなもと の もろとし、承暦4年(1080年) - 永治元年12月7日(1142年1月5日))は、平安時代後期の公卿・歌人。村上源氏、左大臣・源俊房の子。大納言・源師忠の養子。官位は従三位・権中納言。源師俊 フレッシュアイペディアより)

  • 磯正智

    磯正智から見た養子養子縁組

    天神真楊流の宗家三代目で磯又右衛門正智を名乗った。養子であり短身痩躯の体格であったと伝えられている。講道館柔道の創始者、嘉納治五郎が彼の元で学んでいる。磯正智 フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹義信

    佐竹義信から見た養子養子縁組

    兄(異説あり)の義武が戦死したため、その養子として義武の家督を継いで久米城主となった。兄の義舜をよく助け、義舜が永正14年(1517年)に死去した後は甥に当たる義篤を実弟の政義と共に後見人として補佐した。佐竹義信 フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹義住

    佐竹義住から見た養子養子縁組

    継嗣が無かったため、弟の佐竹義廉が養子として跡を継いだ。佐竹義住 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原信辰

    小笠原信辰から見た養子養子縁組

    貞享3年(1686年)2月16日、小笠原信秀(越前勝山初代藩主・小笠原貞信の次男)の長男として江戸で生まれる。元禄15年(1702年)に祖父の貞信が隠居したため、祖父の養子として家督を継ぎ、第2代藩主となる。しかし実権は祖父の貞信がなおも握っており、さらに家督をめぐっての内紛も起こるなど、治世当初から混乱が起こった。小笠原信辰 フレッシュアイペディアより)

  • 細川元常

    細川元常から見た養子養子縁組

    天文23年(1554年)6月16日に死去。享年73。弟・三淵晴員の子・細川藤孝を養子として後を継がせた。細川元常 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎氏

    岡崎氏から見た養子縁組養子縁組

    岡崎義実は相模西部を支配した中村荘司宗平の娘である桂御前と結婚している。桂御前との息子のうち、嫡男の義忠は現在の平塚市真田に因んで佐奈田氏を称したが、次男の義清は母方の叔父土屋宗遠の養子となって土屋氏を称している。岡崎氏は三浦氏の一族であるが、中村氏との婚姻関係及び根拠地が宗平一族の勢力圏にあることから実質的には中村党の一員と言った方が良い。事実、『吾妻鏡』や『源平盛衰記』等では「土肥・土屋・岡崎の一族」と中村党の有力氏族である土肥・土屋氏と同じ一族として扱われる記述が見出せるからである。岡崎氏 フレッシュアイペディアより)

1688件中 71 - 80件表示

「養子縁組」のニューストピックワード