77件中 21 - 30件表示
  • 養子縁組

    養子縁組から見た婿養子

    養子縁組制度が求められた理由は以上のとおりであるが、法制度の建前はともかく、現実的には色々な事情により養子縁組がされるのが実情である。日本の場合に多く行われるのは離婚後の再婚に伴う連れ子の養子である。しかし、成年に達している者を養子にすることが法律上可能であることもあり、その他の場面においては、子のための制度としてはあまり機能していない。具体的には、自己の孫を養子にすることにより相続税の節約を図る節税養子や、男子に家を継がせるためのいわゆる婿養子などが行われている。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た法定代理人

    契約により養子縁組が成立するとはいっても、養子になる者が幼少である場合などは、自ら有効に縁組契約を結ぶことは不可能なので、そのような場合は法定代理人などが代わって縁組の承諾をすることになる。日本では、養子になる者が15歳未満である場合は、法定代理人が養子になる者に代わって縁組の承諾をする(代諾養子)。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た日本国憲法

    いわゆる家父長制を基本とする家族制度を採用している場合は、家長の後継者を得るための養子縁組制度が必要である。要するに家のための養子縁組である。古代ローマの制度はこのような制度であり、日本においても、日本国憲法の制定に伴い家族法が大幅に改正される前の養子制度は、基本的に家制度を維持するための制度であった。また、これとは別に近代以前の東アジアでは、より擬制的な親子関係の色が強い「義子」(中国)・「猶子」(日本)などの制度があった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た戸籍法

    普通養子縁組の場合は、当事者の合意に基づき、戸籍法の定めるところにより行う届出が必要である(799条、739条準用)。養子は15歳以上であれば実父母の意思と関係なく縁組が可能であるが、15歳未満の者を養子とする縁組の場合は法定代理人による代諾により養子縁組を承諾しうる(代諾縁組、797条1項)。ただし、法定代理人は養子となる者の父母でその監護権者である者が他にあるときは、その同意も得なければならない(797条2項前段)。また、養子となる者の父母で親権を停止されている者があるときもその同意を要する(797条2項後段。この規定は平成23年6月3日法律第61号により親権停止の制度が新設されたのに伴って追加された)。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た契約

    契約型とは、養親になる者と養子になる者の契約により養子縁組を成立させる形態であり、スイスやオーストリアなどで採用されている。また、ドイツやフランスでも以前は契約型が採用されていた。日本では、民法792条から817条までに規定されている普通養子がこれに該当する。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た浪人

    江戸幕府は当初は様々な養子規制を設けたものの、慶安の変をきっかけに末期養子を解禁し、享保18年(1738年)には当主か妻の縁戚であれば浪人・陪臣でも養子が可能とされた。このため、養子の規制が次第に緩くなり、江戸時代後期には商人などの資産家の次男以下が持参金を持って武家に養子に行って武士身分を得るという持参金養子が盛んになり、士農工商の建前を崩壊に導いていった。一方、商人・農民などの庶民間における養子縁組は、証文のやり取りだけで縁組も離縁も比較的簡単に可能であり、「家名の存続」よりも「家業の経営」を重視した養子縁組が行われるケースが多かった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た参勤交代

    娘に夫を迎えて養子とする婿養子、大名が参勤交代などの折に、万が一の事態があった場合のためにあらかじめ届け出る仮養子、そして大名・家臣が急に危篤になった場合に出される末期養子などがあった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見たスイス

    契約型とは、養親になる者と養子になる者の契約により養子縁組を成立させる形態であり、スイスやオーストリアなどで採用されている。また、ドイツやフランスでも以前は契約型が採用されていた。日本では、民法792条から817条までに規定されている普通養子がこれに該当する。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た離縁

    普通養子縁組の場合は、原則として自由に離縁ができ、養親と養子の合意と離縁の届出が必要である(811条 - 813条)。裁判による離縁も認められている(814条)。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た直系卑属

    原則として当事者の意思により自由に縁組できる。しかし、養子が未成年者である場合は、養子が自己又は配偶者の直系卑属(自分の孫や配偶者の連れ子など)でない限り、家庭裁判所の許可が必要である(798条)。婚姻時に配偶者の連れ子がいる場合、養子縁組をしない限り法的には自分の子とはならない(姻族扱いとなる)。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

77件中 21 - 30件表示

「養子縁組」のニューストピックワード