108件中 31 - 40件表示
  • 養子縁組

    養子縁組から見たスイス

    契約型は、養親になる者と養子になる者の契約により養子縁組を成立させる形態であり、スイスやオーストリアなどで採用されている。また、ドイツやフランスでも以前は契約型が採用されていた。日本では、民法792条から817条までに規定されている普通養子がこれに該当する。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見たフランス

    契約型は、養親になる者と養子になる者の契約により養子縁組を成立させる形態であり、スイスやオーストリアなどで採用されている。また、ドイツやフランスでも以前は契約型が採用されていた。日本では、民法792条から817条までに規定されている普通養子がこれに該当する。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た配偶者

    配偶者のある者は、配偶者と共同してのみ養子縁組をなすことができる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た法定代理人

    契約により養子縁組が成立するとはいっても、養子になる者が幼少である場合などは、自ら有効に縁組契約を結ぶことは不可能なので、そのような場合は法定代理人などが代わって縁組の承諾をすることになる。日本では、養子になる者が15歳未満である場合は、法定代理人が養子になる者に代わって縁組の承諾をする(代諾養子)。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見たアメリカ合衆国

    19世紀中頃にアメリカで、恵まれない子供に家庭を与えるための養子縁組制度、すなわち子のための制度が導入され、ヨーロッパでも第一次世界大戦により孤児が増加したことに伴い、子のための養子縁組に関する養子法制が導入されることになった。日本においては、日本国憲法制定に伴い改正された家族法が子のための福祉という観点からこれを導入したが、本格的な導入は1988年から施行された特別養子制度(後述)を待つことになる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見たキリスト教

    その後ヨーロッパではキリスト教の普及により、神以外の者が親子関係を勝手に作るのは冒涜と考えられたことから一時的に養子縁組制度は廃れたが、脱宗教化が進んだ近世以降は親のための制度としての機能を果たすようになる。つまり、老後の扶養を得たり、親のない子を養いたいという博愛精神を満足させたりすることを目的とする機能を有するようになる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た戸籍法

    普通養子縁組の場合は、当事者の合意に基づき、戸籍法の定めるところにより行う届出が必要である(799条、739条準用)。養子は15歳以上であれば実父母の意思と関係なく縁組が可能であるが、15歳未満の者を養子とする縁組の場合は法定代理人による代諾により養子縁組を承諾しうる(代諾縁組、797条1項)。ただし、法定代理人は養子となる者の父母でその監護権者である者が他にあるときは、その同意も得なければならない(797条2項前段)。また、養子となる者の父母で親権を停止されている者があるときもその同意を要する(797条2項後段。この規定は平成23年6月3日法律第61号により親権停止の制度が新設されたのに伴って追加された)。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た家父長制

    いわゆる家父長制を基本とする家族制度を採用している場合は、家長・家業の後継者や財産の相続者を得るための養子縁組制度が必要である。古代ローマの制度はこのような制度であり、日本においても、日本国憲法の制定に伴い家族法が大幅に改正される前の養子制度は、武家の価値観を受け継ぎ家制度を維持するための制度であった。また、これとは別に近代以前の東アジアでは、より擬制的な親子関係の色が強い「義子」(中国)・「猶子」(日本)などの制度があった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た儒教

    韓国では、儒教文化の影響で血縁関係を重んじるため国内養子縁組が進まなかったことや、未婚の母が社会で容認されないため子どもを養育するのが困難なこと、母子家庭への支援策が少ないことなどを背景として、戦後、養子の多くは国外へ渡っていたとされる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た武士

    鎌倉時代後期以後になると、家督と所領の一体化が進んで嫡子相続が一般的になるにつれて、家の存続を最優先とした養子縁組が行われるようになる。特に武士では、当主に男子がいない場合、あるいはいても幼少の場合に、主君への忠勤を尽くせないことを理由に所領を没収されるなどの事態を避けるため、養子縁組を行うことが一般的となった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示

「養子縁組」のニューストピックワード