77件中 41 - 50件表示
  • 養子縁組

    養子縁組から見た同性結婚

    日本では同性結婚は制度上認められていないため、養子縁組制度で代用する例がみられる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た慶安の変

    江戸幕府は当初は様々な養子規制を設けたものの、慶安の変をきっかけに末期養子を解禁し、享保18年(1738年)には当主か妻の縁戚であれば浪人・陪臣でも養子が可能とされた。このため、養子の規制が次第に緩くなり、江戸時代後期には商人などの資産家の次男以下が持参金を持って武家に養子に行って武士身分を得るという持参金養子が盛んになり、士農工商の建前を崩壊に導いていった。一方、商人・農民などの庶民間における養子縁組は、証文のやり取りだけで縁組も離縁も比較的簡単に可能であり、「家名の存続」よりも「家業の経営」を重視した養子縁組が行われるケースが多かった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た律令法

    日本の歴史において、最初に現れる養子に関する法律は、唐の律令法の影響を受けて成立した大宝律令であるといわれている。ただし、中国の宗族社会と違って、氏姓制度の延長上に成り立った日本社会では、中国のような厳格な制限は設けられず、一定の年下の者であれば養子縁組は比較的簡単に許された。このため貴族社会においては、高官が優秀な孫や庶流・傍流出身者を養子に迎え、蔭位制度を活用してその出世を助けることで、結果的に一族の繁栄を図ろうとするための養子縁組が多くなった。また、時には遠い親戚や異姓出身者を養子にする者もあった。また、平安時代までは、「養子」と、より擬制的な要素の強い「猶子」との区別はあいまいであった。家の継承という要素が強くなり、養子と猶子の分離が進むのは、中世以後のことである。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た末期養子

    娘に夫を迎えて養子とする婿養子、大名が参勤交代などの折に、万が一の事態があった場合のためにあらかじめ届け出る仮養子、そして大名・家臣が急に危篤になった場合に出される末期養子などがあった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見たチュニジア

    なお、イスラム国家では、チュニジアを除き養子縁組を認めていない。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た中世

    その後、ヨーロッパでは、中世に入ってから実際の血縁関係が重視されるようになったことに伴い、後継者を得るための機能を果たさなくなり、親のための制度としての機能を果たすようになる。つまり、子を養いたいという欲求を満足させたり、老後の扶養を得ることを目的とする機能を有するようになる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た家父長制

    いわゆる家父長制を基本とする家族制度を採用している場合は、家長の後継者を得るための養子縁組制度が必要である。要するに家のための養子縁組である。古代ローマの制度はこのような制度であり、日本においても、日本国憲法の制定に伴い家族法が大幅に改正される前の養子制度は、基本的に家制度を維持するための制度であった。また、これとは別に近代以前の東アジアでは、より擬制的な親子関係の色が強い「義子」(中国)・「猶子」(日本)などの制度があった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た武士

    やがて、鎌倉時代後期以後になると、家督と所領の一体化が進んで嫡子相続が一般的になるにつれて、家の存続を最優先とした養子縁組が行われるようになる。特に武士では、当主に男子がいない場合、あるいはいても幼少の場合に、主君への忠勤を尽くせないことを理由に所領没収などの事態を避けるため、養子縁組を行うことが一般的となった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た婚姻

    養子は、養親の氏を称する(810条)。ただし、婚姻によって氏を改めた者については、その効力の及ぶ期間(婚姻成立から離婚による復氏(767条1項)まで。例外は婚氏続称(同条2項))は、婚姻の際に定めた氏を称する(同条ただし書)。また、養子が既婚者の場合、戸籍上の筆頭者である場合は、配偶者も同時に養親の氏を名乗ることになる。逆に、筆頭者でない場合(結婚する際に氏を改めた者)は夫婦同氏の原則から、縁組しても養親の氏を名乗ることはできない。養子に子がいる場合、養子の子の氏は養子(親)が縁組する前の氏のままで、養親(義祖父母)の氏に改める場合は入籍届を提出する必要がある。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た大宝律令

    日本の歴史において、最初に現れる養子に関する法律は、唐の律令法の影響を受けて成立した大宝律令であるといわれている。ただし、中国の宗族社会と違って、氏姓制度の延長上に成り立った日本社会では、中国のような厳格な制限は設けられず、一定の年下の者であれば養子縁組は比較的簡単に許された。このため貴族社会においては、高官が優秀な孫や庶流・傍流出身者を養子に迎え、蔭位制度を活用してその出世を助けることで、結果的に一族の繁栄を図ろうとするための養子縁組が多くなった。また、時には遠い親戚や異姓出身者を養子にする者もあった。また、平安時代までは、「養子」と、より擬制的な要素の強い「猶子」との区別はあいまいであった。家の継承という要素が強くなり、養子と猶子の分離が進むのは、中世以後のことである。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

77件中 41 - 50件表示

「養子縁組」のニューストピックワード