108件中 81 - 90件表示
  • 養子縁組

    養子縁組から見た所領

    鎌倉時代後期以後になると、家督と所領の一体化が進んで嫡子相続が一般的になるにつれて、家の存続を最優先とした養子縁組が行われるようになる。特に武士では、当主に男子がいない場合、あるいはいても幼少の場合に、主君への忠勤を尽くせないことを理由に所領を没収されるなどの事態を避けるため、養子縁組を行うことが一般的となった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た士分

    江戸幕府は当初は様々な養子規制を設けたものの、慶安の変をきっかけに末期養子の禁を緩め、享保18年(1738年)には当主か妻の縁戚であれば浪人・陪臣でも養子が可能とされた。養子の規制は時代が下るにつれて緩くなり、江戸時代後期には商人などの資産家の次男以下が持参金を持って武家に養子に行って武士身分を得るという持参金養子が盛んになり、士分の取得を容易にした。一方、商人・農民などの庶民間における養子縁組は、証文のやり取りだけで縁組も離縁も比較的簡単に可能であり、「家名の存続」よりも「家業の経営」を重視した養子縁組が行われるケースが多かった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た血縁関係

    韓国では、儒教文化の影響で血縁関係を重んじるため国内養子縁組が進まなかったことや、未婚の母が社会で容認されないため子どもを養育するのが困難なこと、母子家庭への支援策が少ないことなどを背景として、戦後、養子の多くは国外へ渡っていたとされる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た摂関家

    当時の養子縁組の代表的な例として摂関家を例に取ると、仁寿年間に文徳天皇の義父として権力を振るっていた正二位右大臣藤原良房に男子がいないために、長兄で正三位参議であった長良の三男・基経を養子に迎えた。その結果、基経は養父の蔭位によって17歳の若さで蔵人になった一方で、長良の子としてそのまま育ったその同父母兄弟は、兄・国経が31歳、弟・清経は32歳になってやっと蔵人に到達したのである。さらに、良房が摂政・太政大臣に登り詰めたのに対して、長良が権中納言で死去したために、その出世の格差は広がるばかりであった。異姓の養子の例としては、姉婿である藤原頼通の養子となって後の村上源氏繁栄の基礎を築いた源師房などがいる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た

    日本の歴史において、最初に現れる養子に関する法律は、の律令法の影響を受けて成立した大宝律令であるといわれている。ただし、中国の宗族社会と違って、氏姓制度の延長上に成り立った日本社会では、中国のような厳格な制限は設けられず、一定の年下の者であれば養子縁組は比較的簡単に許された。このため貴族社会においては、高官が優秀な孫や庶流・傍流出身者を養子に迎え、蔭位制度を活用してその出世を助けることで、結果的に一族の繁栄を図ろうとするための養子縁組が多くなった。また、時には遠い親戚や異姓出身者を養子にする者もあった。また平安時代までは、「養子」とより擬制的な要素の強い「猶子」との区別はあいまいであった。家の継承という要素が強くなり、養子と猶子の分離が進むのは、中世以後のことであるが、南北朝時代に入っても混用は残っていた。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た江戸幕府

    江戸幕府は当初は様々な養子規制を設けたものの、慶安の変をきっかけに末期養子の禁を緩め、享保18年(1738年)には当主か妻の縁戚であれば浪人・陪臣でも養子が可能とされた。養子の規制は時代が下るにつれて緩くなり、江戸時代後期には商人などの資産家の次男以下が持参金を持って武家に養子に行って武士身分を得るという持参金養子が盛んになり、士分の取得を容易にした。一方、商人・農民などの庶民間における養子縁組は、証文のやり取りだけで縁組も離縁も比較的簡単に可能であり、「家名の存続」よりも「家業の経営」を重視した養子縁組が行われるケースが多かった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た入婿

    実弟を養子とすることや、養父の実の息子(養子の義理の弟)を養子が自身の養子とすることはしばしば行われており、これらはいずれも順養子という。後者の順養子の場合、1代限りであれば間に入った養子は中継ぎ的立場になるが、代々順養子を重ねて両統迭立のような形になる例もある。また、娘に夫を迎えて養子とする婿養子、大名が参勤交代などの折に、万が一の事態があった場合のためにあらかじめ届け出る仮養子、そして大名・家臣が急に危篤になった場合に出される末期養子などがあった。この他、他家の大名などを縁戚として傘下に取り込みたいが実の娘に適当な者がいない場合、一族や重臣の娘を形式的に養女とした上で娶せることも行われた(養女に夫を迎える形式の婿養子の例もあった)。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た大韓民国

    韓国では、儒教文化の影響で血縁関係を重んじるため国内養子縁組が進まなかったことや、未婚の母が社会で容認されないため子どもを養育するのが困難なこと、母子家庭への支援策が少ないことなどを背景として、戦後、養子の多くは国外へ渡っていたとされる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た同性結婚

    日本では同性結婚は制度上認められていないため、養子縁組制度で代用する例がみられる。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

  • 養子縁組

    養子縁組から見た国際連合

    しかし、国連子どもの権利条約批准(1990年)以後、施設収容より家庭的養護が重視されるようになり、養子縁組は里親制度と並ぶ要保護児童対策として重要な役割を占めていると認識されるようになった。養子縁組 フレッシュアイペディアより)

108件中 81 - 90件表示

「養子縁組」のニューストピックワード