2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示
  • 的屋

    的屋から見た養鶏養鶏

    ひよこ - 養鶏場で商品価値の低い雄の ひよこの処分手段として売られているケースが殆ど。スプレーで着色し「カラーひよこ」と称して売ったり、稀にウズラの子などを売るものもあった。かわいらしい生き物ということで、定番となっていたが近年は余り見かけなくなった。フィリピンでは出店で日常的に見られるが、飼育する上で育てきれない場合や近隣からの苦情などで社会問題になった。 的屋 フレッシュアイペディアより)

  • 霜鳳典雄

    霜鳳典雄から見た養鶏養鶏

    保有していた錦島株は蔵王錦の錦島親方に名跡を貸していた。しかし、今回の引退で保有できなくなったため名跡を同部屋の豊ノ島に譲ることになった。5月22日に時津風部屋で断髪式を行い、30日には地元後援会の解散式に姿を現し、謝罪した。現在は福岡にいる知人が経営する養鶏業を手伝っている。霜鳳典雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日系人

    日系人から見た養鶏養鶏

    それらの悪環境の中にあっても、日本人の特質とも言えるきめの細やかな管理が重要となる養鶏や果実栽培等の分野を中心に徐々に成功する者も現れ、ブラジルでは大地主になる者も現れた。これらの成功者の功績等により、日系人は移民受け入れ国内でも一定の評価を得るに至り、"nikkei"と言う単語が認知される程になった所が多い。日系人 フレッシュアイペディアより)

  • 安城市

    安城市から見た養鶏養鶏

    1879年に明治用水の開通した3年後の1883年に水田面積は4,300ha、1907年には8,100haに拡大した。安城町には農業関連機関が集中し、愛知県立農林学校、愛知県立農事試験場、愛知県立農業補習学校、満鉄飼料研究所、愛知県立種鶏場などが置かれた。農業関連機関の集中は安城町の発展に大きく寄与した。また、農林学校校長兼農事試験場長の山崎延吉により農業の多角化・共同化が提唱され、実施されたことから1920年から30年代にかけて農業先進国のデンマークにあやかり「日本デンマーク」と呼ばれた。この背景には、明治以降に切り開いた土地だったために寄生地主制がそれほど強くなく、自作農、特に大経営の農家が多かったことがあげられる。ただし、農業の多角化といっても米麦・蔬菜・養鶏の三角形栽培が最も多く、梨や西瓜の栽培も多かった。農業の共同化は失敗したものの、協業経営は成功して産業組合が設立され企業化されるに至ったものまであった。1923年、碧海郡購買販売組合連合会(丸碧)が設立され、米や鶏卵の協同販売に乗り出した。そのほか、安城町農会が文化活動に積極的に関与し、農村文化の向上のために啓蒙誌『安城』の発刊や、農業図書館を設置した。また、丸碧により碧海郡唯一の総合病院として更生病院が設立された。こうして、産業組合・農会・農民が一体となって町を発展させていった。安城市 フレッシュアイペディアより)

  • アウトバック

    アウトバックから見た養鶏養鶏

    アウトバック(Outback)とは、オーストラリアの内陸部に広がる、砂漠を中心とする広大な人口希薄地帯を指す。オーストラリアの人口の90%は面積にして約5%の沿海地域に集中しており、内陸部地域の人口密度は1人/km2以下である。しかしウルル(エアーズロック)を始めとする観光地が散在するほか、比較的気候が穏やかな地域では牧羊・養鶏が行われており、乾燥地域においてもラクダの飼育や鉄鉱石・石炭・ボーキサイト・ウラン・オパールなどを採掘する鉱業が盛んな地域もあり、オーストラリアの経済にとって看過できない重要な地域である。またオーストラリアの原住民であるアボリジニが伝統的な生活を維持している地域もある。映画「クロコダイル・ダンディー」の主人公が暮らす場所。アウトバック フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た養鶏場養鶏

    2005年11月 - 『幸せって何だっけ』内で、細木数子が養鶏場で生産される鶏卵について「薬漬けのニワトリが24時間照明を点けられて一日2,3個の卵を産まされている」と発言し、養鶏業者団体から猛抗議を受けた。これを受けフジテレビは後日養鶏業者団体に謝罪し、番組内で細木自らが養鶏業者に出向いた。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • 幸福会ヤマギシ会

    幸福会ヤマギシ会から見た養鶏養鶏

    近藤は、幸福会ヤマギシ会を「歴史的にも類をみない特異なユートピア集団」であり、そのような集団を組織できた要因は創始者である山岸巳代蔵の思想にあったと分析している。山岸は、食糧増産のためにと伝授を求められた独自の養鶏技術を「真の幸福社会建設のため」秘匿し、養鶏よりも精神論を説き、精神論に耳を傾ける者にのみ若干の技術を教えた。技術を会得しようとする者は研鑽会を開き、山岸自身の難解な言葉の中から「真理」を得ようと必死になった。近藤は、「秘密」の存在をほのめかすことで山岸が人心を掌握していったのだと分析し、その後も「秘密の呪縛」が組織を維持する原動力になっていると推察している。さらに近藤によると、山岸の言葉には矛盾が多く、後に幸福会ヤマギシ会は山岸の言葉のうち組織運営に都合のいいものを選んで会員の〈観念〉を操作しようとした。幸福会ヤマギシ会 フレッシュアイペディアより)

  • 笠間村

    笠間村から見た養鶏養鶏

    農業は稲作中心であったが、その他には漁業、養鶏を営んでいた所もあった。笠間村 フレッシュアイペディアより)

  • 一木村

    一木村から見た養鶏養鶏

    当時はウリ、タマネギ、ワラ製品などの生産の他、養鶏も行われていた所もあった。一木村 フレッシュアイペディアより)

  • 林中村

    林中村から見た養鶏養鶏

    当時はワラ製品などの生産、養鶏、醸造業なども行われていた。林中村 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示

「養鶏場と養鶏農家」のニューストピックワード