110件中 61 - 70件表示
  • マルキユー

    マルキユーから見た養鶏養鶏

    元は長野県岡谷市にあった「○」に漢数字「二」のマルニ小口製肥合資会社の傘下で「○」に漢数字「九」の(マルキュー)大宮支店として1910年に開業、長野県岡谷市は製糸業が盛んで、そこから出るカイコのサナギを有効利用する会社として、製糸会社の近くに進出した。大宮市の南に進出した片倉工業からサナギを入手して事業を行っていた。兄弟会社として、熊谷市には「○」に漢数字の「八」のマルハチ、古河市に「○」に漢数字の「十」のマルジュウと支店名の前に屋号を冠した。無論のことであるが「マルキュー」という呼び名が生まれたのもこちらが元祖である。1938年に資本金300万円でマルキュー小口油肥株式会社に改組し、養魚や養鶏用の飼料および食用油の製造販売を行う。そのノウハウが今日、粉餌を中心とした同社の製品の原点になった。マルキユー フレッシュアイペディアより)

  • 鳥かご

    鳥かごから見た養鶏場養鶏

    鳥かご(とりかご)とは、鳥を飼うために用いる籠である。ペットとして飼育する場合、又は養鶏場内で食用鶏を収容するためにも用いる。中でもインテリアとしても使用できるものは、アンティーク鳥かごと呼ばれている。鳥かご フレッシュアイペディアより)

  • 西平良将

    西平良将から見た養鶏養鶏

    西平良将(にしひら よしまさ、1973年2月17日-)は、鹿児島県阿久根市市長。養鶏会社代表取締役。西平良将 フレッシュアイペディアより)

  • A型インフルエンザウイルス

    A型インフルエンザウイルスから見た養鶏場養鶏

    H7N3はトリインフルエンザを起こす。2004年2月にブリティッシュコロンビア州のいくつかの養鶏場で流行した。2人が感染し、軽いインフルエンザ症状が見られたが回復した。A型インフルエンザウイルス フレッシュアイペディアより)

  • せんざんき

    せんざんきから見た養鶏養鶏

    料理名やスパイス類を多く使っていることなどからすると、中国料理に何らかの影響を受けているとみるものもある。もちろん、今日ではキジではなくニワトリを用いる。今治近郊では、養鶏家も多い。せんざんき フレッシュアイペディアより)

  • 縁日

    縁日から見た養鶏養鶏

    ひよこ - 養鶏場で商品価値の低い雄のひよこの処分手段として売られているケースが殆ど。スプレーで着色したものを「カラーひよこ」と称して売ったり、稀にウズラの子(シマドリとも)などを売るものもあった。近年は余り見かけなくなった。縁日 フレッシュアイペディアより)

  • 結城無二三

    結城無二三から見た養鶏養鶏

    明治40年(1907年)、大積寺を降り上京、息・禮一郎が渋谷建てた家へ移り住み、養鶏を始めたが、事情により転居、目黒に移る。結城無二三 フレッシュアイペディアより)

  • 養殖業

    養殖業から見た養鶏養鶏

    養殖業(ようしょくぎょう、英語:aquaculture)とは、生物を、その本体または副生成物を食品や工業製品などとして利用することを目的として、人工的に育てる産業である。鑑賞や愛玩目的で育てる場合は含まない。狭義には水産業(養殖漁業)の一種で、魚介類や海藻などの水棲生物を、広義には、生物全般を育てることを指す。陸生植物に関しては栽培、哺乳類に関しては畜産あるいは酪農、鶏に関しては養鶏と呼ばれる。養殖するためには対象となる生物の生態を知る必要があり、養殖に成功するまでには時間がかかる。魚介類に関しては、卵あるいは稚魚、稚貝から育てることが多い。反面、人工的に稚魚が得る事が難しい魚種の場合、自然界から稚魚を捕らえて育てる蓄養も多く、その場合養殖であっても自然界の資源減少の要因とされている。養殖業 フレッシュアイペディアより)

  • 島原市

    島原市から見た養鶏養鶏

    畜産 - 養鶏(鶏肉・卵)、牛(島原和牛)島原市 フレッシュアイペディアより)

  • ニワトリ

    ニワトリから見た養鶏養鶏

    鶏は肉と卵を食用に、羽を衣服(特に防寒具)や寝具に利用するため、世界中で飼育されている家禽である(養鶏)。特に食用目的での飼育が盛んであり、伝統的な放し飼いによる低密度な飼育から、大規模養鶏場での高密度な飼育まで、生産者ごとに数々の飼育法が用いられる。食肉としては、淡白な白身で、栄養素としてタンパク質に富む良質な肉質を持つ。ニワトリ フレッシュアイペディアより)

110件中 61 - 70件表示

「養鶏場と養鶏農家」のニューストピックワード