1927件中 111 - 120件表示
  • ジャムジュリー・アートギャラリー

    ジャムジュリー・アートギャラリーから見たバンコクバンコク

    「ジャムジュリー・アートギャラリー」(英語:Jamjuree Art Gallery、タイ語:)は、タイ王国バンコクにあるチュラーロンコーン大学所属の美術館。ジャムジュリー・アートギャラリー フレッシュアイペディアより)

  • 蹴撃手マモル

    蹴撃手マモルから見たバンコクバンコク

    中学生・蹴田マモルは、天才的な走り高跳びの才能を持っており、親善陸上競技大会に出場するためタイの首都バンコクに渡っていた。ある日、マモルはムエタイチャンピオン、キング・パイソンとその門下生たちの事件を目撃し、ムエタイの魅力に取りつかれてしまう。ムエタイの試合を見に行ったマモルは3年前に格闘家になるため家を出た兄・イサオと再会する。イサオはパイソンに挑戦するも完敗してしまう。その光景に耐え切れなくなったマモルは兄の敵を討つため、パイソンらに挑戦状を叩き付け、ゼペット・チャンガーの下で修行を始めたのだった。蹴撃手マモル フレッシュアイペディアより)

  • 小関桃

    小関桃から見たバンコクバンコク

    2007年、タイでプロ転向。5月26日、バンコクでプロデビュー。以降3連勝を飾る。小関桃 フレッシュアイペディアより)

  • クアラルンプール

    クアラルンプールから見たバンコクバンコク

    アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界49位の都市と評価された。東南アジアではシンガポール、バンコクに次ぐ3位である。また、日本の民間研究所が2016年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界32位と評価されており、東南アジアではシンガポールに次ぐ2位である。クアラルンプール フレッシュアイペディアより)

  • アジアハイウェイ19号線

    アジアハイウェイ19号線から見たバンコクバンコク

    アジアハイウェイ12号線の通過地のタイ東北部の都市ナコーンラーチャシーマーを起点する。経路の途中、でアジアハイウェイ1号線と交差し、タイ湾に面する港湾都市レムチャバンを経由し、終点バンコクでアジアハイウェイ1号線およびアジアハイウェイ2号線と接続する。レムチャバンからバンコクまでは高速道路区間となっている。アジアハイウェイ19号線 フレッシュアイペディアより)

  • 一式戦闘機

    一式戦闘機から見たバンコクバンコク

    末期においても圧倒的不利な状況にて一式戦が活躍していた事例として、以下の記録が存在する。1945年(昭和20年)3月15日、バンコク付近にて飛行第30戦隊の一式戦2機が「第二次世界大戦最優秀機」と評されるアメリカ陸軍航空軍のP-51D 4機(当初は8機)と交戦、この一式戦2機は空中退避中にP-51D 4機編隊の奇襲を受けた劣勢にも関わらずまずその一撃離脱攻撃を回避、続く別のP-51D 4機編隊の攻撃は得意とする超低空域機動によってこれも回避、一式戦は反撃し1機(第1戦闘飛行隊第4小隊モダイン大尉機)を確実撃墜。一式戦闘機 フレッシュアイペディアより)

  • 戦勝記念塔 (バンコク)

    戦勝記念塔 (バンコク)から見たバンコクバンコク

    戦勝記念塔(せんしょうきねんとう、, アヌサーワリーチャイサモーラプームあるいは単にアヌサーワリーチャイとも)とは、タイ王国のバンコク、ラーチャテーウィー区にある記念塔である。戦勝記念塔 (バンコク) フレッシュアイペディアより)

  • コスコスプレプレ

    コスコスプレプレから見たバンコクバンコク

    海外スペシャル第4弾。約4年ぶりのタイ・バンコクでコスプレイベント・リポートコスコスプレプレ フレッシュアイペディアより)

  • ジージャー・ヤーニン

    ジージャー・ヤーニンから見たバンコクバンコク

    ジージャー・ヤーニン(全名:ジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン,JiJa Yanin Vismitananda, 1984年3月31日-)は、タイ・バンコク生まれの女優。ジージャー・ヤーニン フレッシュアイペディアより)

  • 弓削昭子

    弓削昭子から見たバンコクバンコク

    大学卒業後、日本に帰国。当時、修士号を要件としていなかったJPOに応募し、1976年国連開発計画(UNDP)から国際公務員としてのキャリアをスタートさせる。同機関のタイ、バンコク事務所で常駐副代表補佐を務めた。弓削昭子 フレッシュアイペディアより)

1927件中 111 - 120件表示

「首都バンコク」のニューストピックワード