1374件中 61 - 70件表示
  • 戦勝記念塔 (バンコク)

    戦勝記念塔 (バンコク)から見たバンコクバンコク

    戦勝記念塔(せんしょうきねんとう、, アヌサーワリーチャイサモーラプームあるいは単にアヌサーワリーチャイとも)とは、タイ王国のバンコク、ラーチャテーウィー区にある記念塔である。戦勝記念塔 (バンコク) フレッシュアイペディアより)

  • サムセン駅

    サムセン駅から見たバンコクバンコク

    サムセン駅(サムセンえき、タイ語:???????????????)は、タイ王国の首都バンコク都パヤータイ区にあるタイ国有鉄道北本線の駅である。サムセン駅 フレッシュアイペディアより)

  • バーンケン駅

    バーンケン駅から見たバンコクバンコク

    バーンケン駅(バーンケンえき、タイ語:)は、タイ王国の首都バンコク都チャトゥチャック区にあるタイ国有鉄道北本線の駅である。バーンケン駅 フレッシュアイペディアより)

  • ラックシー駅

    ラックシー駅から見たバンコクバンコク

    ラックシー駅(ラックシーえき、タイ語:)は、タイ王国の首都バンコク都ラックシー区にあるタイ国有鉄道北本線の駅である。ラックシー駅 フレッシュアイペディアより)

  • アユタヤ駅

    アユタヤ駅から見たバンコクバンコク

    また当駅は、ユネスコの世界遺産に「古都アユタヤ」の名前で登録されているアユタヤ歴史公園の最寄り駅であり、タイ王国の中でも屈指の観光地である。この為列車利用による観光客も多く、クルンテープ駅から当駅の乗車率もかなり高い。イメージ的にはバンコクからかなり距離があると思われがちであるが、実距離は71.08kmである。普通列車利用の場合運賃は3等車で20バーツ(約60円)となっており、時間的にも2時間弱である。アユタヤ駅 フレッシュアイペディアより)

  • クワンタイ・シッモーセン

    クワンタイ・シッモーセンから見たバンコクバンコク

    2010年11月5日、タイ・バンコクのプラナコーン・ラチャパット大学でローマン・ゴンサレスの王座返上に伴うWBA世界ミニマム級王座決定戦でABCO王者でハードパンチャーのピグミー・ゴーキャットジム(タイ)と対戦し、タフネス同士の試合は2-1(116-112、114-115、115-114 )と1者が1点差でピグミー有利、1者が1点差でクワンタイ有利とし、残り1者の4点差でクワンタイ有利との判定が決めてとなり、王座獲得に成功した。積極性・手数ではピグミーが上回っていたが、パンチの正確性で多くのポイントを取ったクワンタイが上回った。クワンタイ・シッモーセン フレッシュアイペディアより)

  • マダガスカル航空

    マダガスカル航空から見たバンコクバンコク

    1990年代から2000年頃にかけて経営が悪化したため、ルフトハンザ・ドイツ航空の支援を受け、2002年6月から再建プログラムに着手した。2003年11月には全ての負債を完済し、同年の決算では黒字を計上したことで、再建プログラムは終了。また、航空機運航面でも安全性も非常に高いことで有名である。これを受けて、2004年3月には新しいロゴマークを制定、同年にはバンコクへ乗り入れたが、これは同社初のアジアへの路線展開となった。日本からのアクセスもバンコクでの乗り継ぎが便利であることから、過去10年間で邦人のマダガスカル観光客数は10倍以上に伸びている。2009年度中には中国への乗入れを計画しており、アジア重視の傾向が見られる。マダガスカル航空 フレッシュアイペディアより)

  • アジア学術会議

    アジア学術会議から見たバンコクバンコク

    2001年5月 - 第1回大会 バンコクにて開催アジア学術会議 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国首都圏警察

    タイ王国首都圏警察から見たバンコクバンコク

    首都圏警察は、バンコク首都圏において犯罪の防止および取り締まり、治安の維持、王室、重要人物、国民の護衛さらに国民の生活の手助けを行う。警察官は法規、刑法にしたがって公務を遂行することを旨とし、王国内の安全保障任務を行う。さらに関係諸機関、地域住民とも密接に連絡を取り合い、相互に公共の災害を軽減するための任務を分担し、協力してゆく。それにより、地域、住民に配慮し、適切に市民から犯罪被害から救うことを目的とする。タイ王国首都圏警察 フレッシュアイペディアより)

  • ラオスの歴史

    ラオスの歴史から見たバンコクバンコク

    ラーンサーン三王国を属領下に置いたシャムで1782年、武将カサットストックによる反乱が発生し、タークシン王は王座を追われることとなった。新しく王座についたカサットストック(ラーマ1世)は王都をトンブリから対岸のクルンテープ(バンコク)へ移し、トンブリ王朝は終わりを告げ、チャクリー王朝の時代が始まった。このような政権交代の時期にあってラーンサーン三王国に対してあまり手がかけられない事情もあり、カサットストックは三王国に対し、大幅な自治権を認めた。ラオスの歴史 フレッシュアイペディアより)

1374件中 61 - 70件表示

「首都バンコク」のニューストピックワード