1927件中 81 - 90件表示
  • タイ国立図書館

    タイ国立図書館から見たバンコクバンコク

    バンコク ドゥシット区 セームセーン通り ワースクリー船着場()タイ国立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • チャンパーサック王国

    チャンパーサック王国から見たバンコクバンコク

    チャオ・マー・ノーイ王はこの事件がきっかけで逃亡先のバンコクで死亡し、1819年にヴィエンチャン王国国王チャオ・アヌウォン(セーターティラート3世)の息子である(在位:1819年 - 1826年)が新しく国王に就いた。チャオ・ヨーは城壁の修復や税制改革などで敏腕を発揮し、名君と謳われたが、1825年に父親チャオ・アヌウォンが起こしたヴィエンチャン王国の独立戦争に賛同して挙兵したため、シャムによって逮捕され、バンコクの獄中で死亡した。チャンパーサック王国 フレッシュアイペディアより)

  • 暗黒の土曜日

    暗黒の土曜日から見たバンコクバンコク

    暗黒の土曜日(あんこくのどようび)は、2010年4月10日(土曜日)、タイ王国の首都バンコクで発生した武力弾圧事件。暗黒の土曜日 フレッシュアイペディアより)

  • ムアンナコーンラーチャシーマー郡

    ムアンナコーンラーチャシーマー郡から見たバンコクバンコク

    バンコクやタイ南部と比べると雨量は少ない。しかし雨季の終わりである9月は雨が多い。ムアンナコーンラーチャシーマー郡 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国陸軍

    タイ王国陸軍から見たバンコクバンコク

    1991年のスチンダー政権と、元バンコク都知事のチャムロン・シームアンの衝突では陸軍派のスチンダーが実質的に敗北し、陸軍勢力の政治的影響力の衰退が顕著になり、タクシン・チナワットやアピラック・コーサヨーティンに代表されるような企業政治家が台頭するようになった。しかしながら、現在でも政治家にとって陸軍は政権安定の「鬼門」であり、タクシンが陸軍司令官にいとこを配置したのも、陸軍勢力の牽制が目的であったと言われる。タイ王国陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • ラオスの歴史

    ラオスの歴史から見たバンコクバンコク

    ラーンサーン三王国を属領下に置いたシャムで1782年、武将カサットストックによる反乱が発生し、タークシン王は王座を追われることとなった。新しく王座についたカサットストック(ラーマ1世)は王都をトンブリから対岸のクルンテープ(バンコク)へ移し、トンブリ王朝は終わりを告げ、チャクリー王朝の時代が始まった。このような政権交代の時期にあってラーンサーン三王国に対してあまり手がかけられない事情もあり、カサットストックは三王国に対し、大幅な自治権を認めた。ラオスの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • タリンチャン駅

    タリンチャン駅から見たバンコクバンコク

    タリンチャン駅(タリンチャンえき、タイ語:)は、タイ王国の首都バンコク都タリンチャン区にある、タイ国有鉄道南本線の駅である。タリンチャン駅 フレッシュアイペディアより)

  • タイ高速鉄道計画

    タイ高速鉄道計画から見たバンコクバンコク

    タイ王国運輸省とタイ国有鉄道は、2009年10月、数線からなる高速鉄道計画を発表。11月アピシット内閣によって鉄道開発基本計画の一部として高速鉄道建設案が採択され、より短い区間をパイロットプロジェクトとすることに決定した。さらに2010年10月タイ議会で中国の企業と共にバンコクを基点とする5線からなる計画を推進することが承認された。アピシット・ウェーチャチーワ内閣はタイ中協力の立場から中国へとつながるノーンカーイルート、マレーシアへつながるパダン・ブサール・ルートへの関心が強く、三国を高速交通システムに組み込むことを計画した。タイ高速鉄道計画 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国動物園機構

    タイ王国動物園機構から見たバンコクバンコク

    1938年、バンコク都管理の下でドゥシット動物園が開園。タイ王国動物園機構 フレッシュアイペディアより)

  • アジア学術会議

    アジア学術会議から見たバンコクバンコク

    2001年5月 - 第1回大会 バンコクにて開催アジア学術会議 フレッシュアイペディアより)

1927件中 81 - 90件表示

「首都バンコク」のニューストピックワード