185件中 21 - 30件表示
  • バンコク

    バンコクから見た冨田竹二郎

    冨田竹二郎編著『タイ日大辞典』めこん、第三版1997年10月1日 ISBN 978-4-8396-0114-0バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たアサニー・ワサン

    アサニー・ワサン(タイの人気兄弟デュオ。1989年にバンコクの非常に長い名称に曲をつけて歌い、大ヒットさせた)バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たアピラック・コーサヨーティン

    バンコクはある程度内閣による制限があるが、他の市と違い内務省の役人でなく民選の知事が行政を行う。2004年から2008年までアピラック・コーサヨーティンが知事を務めた。現在の知事は、アサウィン・クワンムアンである。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たシモン・ド・ラ・ルベール

    一般にはアユタヤ王朝時代、トンブリー(チャオプラヤ川を挟んでバンコク中心部の対岸側)にある要塞に駐屯していたポルトガル傭兵団がこの地の地名を現地人に訪ねたところこの名前が答えとして返ってきたが、バーンコークは固有名詞ではなく普通名詞なのでこれが誤って広まり定着したとされる。一方、17世紀のフランスの外交官、シモン・ド・ラ・ルベールは本当の名前であるトン(ブリー)を外国人から隠すためにわざとバンコクという名を用いているとしている。いずれにせよ、外国ではこの地をバンコクと呼ぶことが定着した。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たジャカルタ

    タイの首都でタイ最大の都市であるバンコクはタイ経済の中心であり、またラオスやカンボジア、ミャンマーを含むインドシナ半島の経済圏の中心地でもある。2014年のバンコク都市圏の総生産は2917億ドルであり、世界35位の経済規模を有する。東南アジアでは、シンガポール、ジャカルタに次ぐ都市圏である。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たショッピングセンター

    都内にはタイ国際航空やバンコク銀行、シン・コーポレーション・グループなどの大企業の本社やスタンダード・チャータード銀行やメルセデス・ベンツ、アリアンツなどの外国企業の支店が立ち並ぶ他、サイアム・パラゴンや伊勢丹、ロビンソンなどの大規模なデパートやショッピングセンターなどが立ち並ぶなどタイ国内における消費トレンドの発信地でもある。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見た外務省

    よく間違われるがバンコクは市ではなく首都府である。そのため、日本の外務省の資料では必ず「バンコク都」と表現され、その政庁も都庁または首都圏庁と表記される。日本語でバンコク都(首都圏庁・BMA)と、隣接5県を加えた都市圏(首都圏・BMR)のいずれもバンコク首都圏と表記され得る。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たラーマ1世

    バンコクの歴史は1782年、ラーマ1世がタークシンを処刑しそれまでのトンブリーからチャオプラヤー川の対岸に首都を移したことに始まる。ラーマ1世が遷都した理由として、トンブリーがチャオプラヤー川西岸にあり、当時チャオプラヤー川周辺に勢力を広げようとしていたビルマのコンバウン王朝(現、ミャンマー)の進入が容易だったからである。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見た格安航空会社

    バンコクはクアラルンプールやシンガポールなどと並び、ヨーロッパ諸国から東南アジア各国やオーストラリアなどへの中継地点として、また、東南アジアのハブ空港である。タイ・エアアジアやノック・エア、バンコク・エアウェイズなどのタイ国内線やアジア圏内を運航する格安航空会社が乗り入れている。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見た

    タイ証券取引所 (SET) があるなどバーツ経済圏の中心であり、その他などの貴金属や宝石などの取引の中心である。2016年9月、英国のシンクタンクにより世界39位の金融センターと評価されており、東南アジアではシンガポールに次ぐ2位である。バンコク フレッシュアイペディアより)

185件中 21 - 30件表示

「首都バンコク」のニューストピックワード