185件中 61 - 70件表示
  • バンコク

    バンコクから見たエアポート・レール・リンク

    このため、更なる地下鉄や高架鉄道の路線の建設が進められている他、スワンナプーム国際空港との連絡鉄道の建設が進められ、2010年8月23日にエアポート・レール・リンクとして開業した。また、排気ガス浄化のためにタクシーの定期的な新型車両への代替が義務付けられている。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たスワンナプーム国際空港

    このため、更なる地下鉄や高架鉄道の路線の建設が進められている他、スワンナプーム国際空港との連絡鉄道の建設が進められ、2010年8月23日にエアポート・レール・リンクとして開業した。また、排気ガス浄化のためにタクシーの定期的な新型車両への代替が義務付けられている。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たカンボジア

    タイの首都でタイ最大の都市であるバンコクはタイ経済の中心であり、またラオスやカンボジア、ミャンマーを含むインドシナ半島の経済圏の中心地でもある。2014年のバンコク都市圏の総生産は2917億ドルであり、世界35位の経済規模を有する。東南アジアでは、シンガポール、ジャカルタに次ぐ都市圏である。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たチエンマイ県

    バンコク駅(フワランポーン駅)を起点として、チエンマイやパッタヤーをはじめとする国内各地に路線を伸ばしている。また、マレーシア・シンガポール・ラオス方面への国際列車もある。詳細はタイ国有鉄道を参照のこと。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たラオス

    タイの首都でタイ最大の都市であるバンコクはタイ経済の中心であり、またラオスやカンボジア、ミャンマーを含むインドシナ半島の経済圏の中心地でもある。2014年のバンコク都市圏の総生産は2917億ドルであり、世界35位の経済規模を有する。東南アジアでは、シンガポール、ジャカルタに次ぐ都市圏である。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たハブ空港

    バンコクはクアラルンプールやシンガポールなどと並び、ヨーロッパ諸国から東南アジア各国やオーストラリアなどへの中継地点として、また、東南アジアのハブ空港である。タイ・エアアジアやノック・エア、バンコク・エアウェイズなどのタイ国内線やアジア圏内を運航する格安航空会社が乗り入れている。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たトンブリー

    一般にはアユタヤ王朝時代、トンブリー(チャオプラヤ川を挟んでバンコク中心部の対岸側)にある要塞に駐屯していたポルトガル傭兵団がこの地の地名を現地人に訪ねたところこの名前が答えとして返ってきたが、バーンコークは固有名詞ではなく普通名詞なのでこれが誤って広まり定着したとされる。一方、17世紀のフランスの外交官、シモン・ド・ラ・ルベールは本当の名前であるトン(ブリー)を外国人から隠すためにわざとバンコクという名を用いているとしている。いずれにせよ、外国ではこの地をバンコクと呼ぶことが定着した。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見た中華人民共和国

    北京市(中国)- 1993年5月26日バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たインドラ

    イン神(インドラ、帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヴァカルマン神)に命じてお作りになった、神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような、偉大な天使の都。バンコク フレッシュアイペディアより)

  • バンコク

    バンコクから見たノンタブリー県

    1972年には、拡大が進みバンコクの行政機関の手に負えなくなっていたノンタブリー県、サムットプラーカーン県、パトゥムターニー県がバンコクから分離。一方で1975年にはバンコクと経済的に密な関係にあったトンブリー県がバンコクに吸収されている。その間にもさらにバンコクの市街地の拡大が進んだ。バンコク フレッシュアイペディアより)

185件中 61 - 70件表示

「首都バンコク」のニューストピックワード