11314件中 91 - 100件表示
  • ガブリエル・フォーレ

    ガブリエル・フォーレから見たパリパリ

    フランス南部、ミディ=ピレネー地域圏のアリエージュ県、パミエで教師だった父の元に五男一女の末っ子として生まれた。一家にそれまで音楽家になったものはいなかったが、幼い頃から教会のリード・オルガンに触れるうちに天性の楽才を見出される。フォーレは9歳のときに入学したパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校(1853年開校)にて学び、教師で校長であったルイ・ニーデルメイエールの死後、1861年に教師としてやってきたカミーユ・サン=サーンスにピアノと作曲を師事した。1865年に卒業したのち、旅行先のレンヌにて教会オルガニストの職を得た。1870年、フランスに戻ったときには当時勃発していた普仏戦争において、歩兵部隊に従軍志願している。のち、パリのマドレーヌ教会でオルガニストとなり、1896年にはマドレーヌ教会の主席ピアニストに任じられ、またフランス国立音楽・演劇学校の教授にもなっている。1871年にはサン=サーンス、フランクらとともにフランス国民音楽協会の設立に参加している。ガブリエル・フォーレ フレッシュアイペディアより)

  • チャーチ (靴)

    チャーチ (靴)から見たパリパリ

    都市名:ロンドン、パリ、ニューヨーク、ミラノ、東京(5都市)…新生/現行チャーチ (2014年?)チャーチ (靴) フレッシュアイペディアより)

  • 赤松林太郎

    赤松林太郎から見たパリパリ

    2001年 神戸大学卒業と同時に渡仏し、2003年にパリ・エコール・ノルマル音楽院の室内楽高等演奏家課程を審査員満場一致で首席卒業赤松林太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 全国指導者ローゼンベルク特捜隊

    全国指導者ローゼンベルク特捜隊から見たパリパリ

    1940年7月、を隊長としてERR在仏司令部がパリに設置される。外務局第3課(Amtes III des APA)の一部たるERR中央事務局 (Zentralamt des ERR) はおよび外務局庁舎に隣接したベルリン・マルガレーテ通り18番地 (Margaretenstraße 18) に設置された。ERRは国家機関ではなくNSDAPの党機関であり、ローゼンベルクの提唱した高等学院に関する構想に従いユダヤ人やフリーメイソンなどドイツの「敵」に関する文書の収集を任務とした。しかし押収部隊から多数の芸術品・文化遺産の発見に関する報告が増え始めるとこれの略奪も任務に加わり、やがて芸術品・文化遺産の略奪がERRの主たる任務となっていった。全国指導者ローゼンベルク特捜隊 フレッシュアイペディアより)

  • テディ・タムゴー

    テディ・タムゴーから見たパリパリ

    タムゴーはフランス・パリで生まれた。カメルーンのにルーツを持つ。スヴランのコミューンで成長した子供の頃陸上競技に興味を持った。13歳からディナミク・オーナイ・クリュブ (Dynamic Aulnay Club) の選手として三段跳の競技会に出場し始めた。2007年のヨーロッパジュニア選手権で初めて選手権大会に出場したが、自己ベストの16m35を記録したものの4位となり表彰台を逃した。テディ・タムゴー フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘン連邦軍大学

    ミュンヘン連邦軍大学から見たパリパリ

    - トゥールーズ高等商業学校(トゥールーズ)、国立高等工芸学校(ENSAM、パリ)、国立高等研究技師・兵器技術学校(ENSIETA、ブレスト)、パリ国立高等鉱業学校(ENSMP、パリ)、パリ高等電子工学研究所(ISEP、パリミュンヘン連邦軍大学 フレッシュアイペディアより)

  • マイアー・アムシェル・ロートシルト

    マイアー・アムシェル・ロートシルトから見たパリパリ

    フランクフルトで古銭商人としてスタートし、ヘッセン=カッセル方伯(ヘッセン選帝侯)家の御用商人の銀行家となったことで成功のきっかけを掴み、ナポレオン戦争で大きな財を成した。彼の5人の息子たちはフランクフルト(長男アムシェル)、ウィーン(次男ザロモン)、ロンドン(三男ネイサン)、ナポリ(四男カール)、パリ(五男ジェームス)の5か所に分かれて事業を行い、それぞれ5家のロートシルト家の祖となった。マイアー・アムシェル・ロートシルト フレッシュアイペディアより)

  • ネリー・メルバ

    ネリー・メルバから見たパリパリ

    メルバはメルボルンで声楽を学び、地元オーストラリアでそこそこの成功を収めた。その後、結婚したが、すぐに離婚し、歌手としての活躍の場を求めてヨーロッパに渡った。1886年、ロンドンで仕事を得られなかったメルバは、パリに移って声楽を学び直し、やがてパリやブリュッセルで大成功を収めた。ロンドンに戻ったメルバは、1888年から、コヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスで主演のリリック・ソプラノを務めるようになった。程なくして、メルバは、パリでも、ヨーロッパ各地でも更に大きく成功し、また後にはニューヨークのメトロポリタン・オペラにも1893年にデビューし、大成功を収めた。メルバのレパートリーは狭く、キャリアを通して25ほどの役しか演じなかったし、特に頻繁に演じたのは10役に過ぎなかった。オペラでも、特にフランスやイタリアの作品を得意とし、ドイツ・オペラはほとんど歌わなかった。ネリー・メルバ フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・ヴュータン

    アンリ・ヴュータンから見たパリパリ

    まもなく周辺の都市でも演奏するようになり、ブリュッセルでシャルル・ド・ベリオの知遇を得て師事するようになる。1829年にベリオに連れられてパリに向かい、この地でもロードの協奏曲を演奏して、大成功のうちにデビューをおさめた。だが翌年には七月革命が勃発した上、師のド・ベリオがマリーア・マリブランとイタリアに駆け落ちしたため、単身ブリュッセルに戻って演奏旅行に備えなければならなかった。その後は自力でヴァイオリンの演奏技巧に磨きをかける。アンリ・ヴュータン フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・ガーデン

    メアリー・ガーデンから見たパリパリ

    幼少期に渡米してアメリカ合衆国の市民権を取得しているが、長年フランスに暮らし、スコットランドに隠退した。「オペラ界のサラ・ベルナール」と評されているように、有能な声楽家であっただけでなく、演技力に秀でた女優でもあった。声色の興味深い使い分けをする陰翳に富んだ演技は、特に称賛の的であった。広い声域と柔軟性に恵まれた美声によって、1900年代のパリで最初の成功を掴んだ。オペラ=コミック座の主役級のソプラノ歌手となり、クロード・ドビュッシーの《ペレアスとメリザンド》(1902年)のメリザンド役を含む数々の役柄の世界初演を行い、音楽史に名を遺した。ジュール・マスネとは密な協力関係にあったことからその歌劇の解釈は他の追随を許さず、《シェリュバン(ケルビーノ)》(1905年)を作曲してもらって主役を演じた。1903年から1929年にかけて、エジソン社(GE、RCA)やパテ社、コロムビア・レコード、ビクター社によって多数の録音が遺されている。メアリー・ガーデン フレッシュアイペディアより)

11314件中 91 - 100件表示

「首都パリ」のニューストピックワード