8610件中 91 - 100件表示
  • ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック

    ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサックから見たパリパリ

    リモージュ近郊のサン=レオナール=ド=ノブラに生まれた。家庭で教育を受けていたが、1794年に父がロベスピエールの恐怖政治の犠牲となって逮捕されたため、パリに行ってエコール・ポリテクニーク(国立理工科学校)に入学する準備を開始。1797年に入学した。3年後、国立土木学校 (Ecole des Ponts et Chausses) に移り、間もなく指導教官クロード・ルイ・ベルトレーにつく。1802年に理工科学校の化学者アントワーヌ・フールクロアの助手になり、その後1809年に化学の教授になった。1808年から1832年までソルボンヌ大学で物理学の教授を務めたが、パリ植物園の化学の教授の職を務めるためにソルボンヌを辞めた。1821年、スウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に選ばれた。1831年、下院のオート=ヴィエンヌ県代表に選ばれ、1839年には上院議員となった。ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックの聖火リレー

    北京オリンピックの聖火リレーから見たパリパリ

    聖火は、リレーの全行程を繋ぐ。しかし、夜間や飛行機移動中、悪天候、そしてフランスのパリなどで発生した激しい抗議のときにはトーチは消火され、聖火はランタンで運搬される。このランタンは複数ある。北京オリンピックの聖火リレー フレッシュアイペディアより)

  • ギュスターヴ・ドレ

    ギュスターヴ・ドレから見たパリパリ

    アルザス地方、ストラスブールのニュエ・ブルー(青い雲)通りに生まれ、パリの聖ドミニク通りで没しペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。ギュスターヴ・ドレ フレッシュアイペディアより)

  • カルナヴァレ博物館

    カルナヴァレ博物館から見たパリパリ

    カルナヴァレ博物館 (カルナヴァレはくぶつかん、仏:) は、フランスの首都・パリの3区にある博物館。パリ歴史博物館 ()、カルナヴァレ美術館ともいう。カルナヴァレ博物館 フレッシュアイペディアより)

  • シドニー・ベシェ

    シドニー・ベシェから見たパリパリ

    シドニー・ベシェ(Sidney Bechet、1897年5月14日 - 1959年5月14日)は、アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のジャズ・ミュージシャン。クラリネット奏者として活動を始め、ソプラノ・サックスも吹くようになる。ニューオーリンズ・ジャズの分野で活動。アメリカのやブルーノート・レコード、フランスのヴォーグ(Vogue)等のレーベルに録音を残した。フランス・パリで死去。ルイ・アームストロングと並んで、ジャズ史上初の偉大なソロイストの1人と評される。シドニー・ベシェ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ダルシー

    ヘンリー・ダルシーから見たパリパリ

    1803年に、フランスのディジョンで生まれる。1817年、14歳の時に父親が死去したが、母親は学費を借金によって支払った。1821年、パリのエコール・ポリテクニークに入学し、2年後に国立土木学校に転入した。この転入により、卒業後は技術分野のの1つであるとして採用された。ヘンリー・ダルシー フレッシュアイペディアより)

  • Juste Debout

    Juste Deboutから見たパリパリ

    Juste Debout (ジュストゥ ドゥブ)は2002年から毎年、フランス・パリで行われている、2ON2で勝負を決めるストリートダンスの世界大会である。Juste Debout フレッシュアイペディアより)

  • 西部戦線 (第一次世界大戦)

    西部戦線 (第一次世界大戦)から見たパリパリ

    1914年8月に第一次世界大戦が開始されると、ドイツ軍は直ちにベルギーおよびルクセンブルクに侵入し、さらにフランス北東部の工業地域を掌握しようと試みた。初戦の一連の勝利によってパリ付近にまで攻め寄せたドイツ軍部隊は第一次マルヌの戦いにおける敗北によって、フランス軍の殲滅に失敗し、戦線を後退・整理させた。この後、スイスからイギリス海峡にいたるまで戦線が構築され、前線の両側では塹壕が掘り進められた。この戦線は第一次世界大戦のほとんどの期間を通じて大きく変化することはなかった。西部戦線 (第一次世界大戦) フレッシュアイペディアより)

  • ポルフィの長い旅

    ポルフィの長い旅から見たパリパリ

    ポルフィとともにミーナを探す旅に出たが、パリに向かう途中、森に迷ったポルフィを猟師から助けようとして代わりに撃たれ命を落とす。ポルフィの長い旅 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の歴史

    日本航空の歴史から見たパリパリ

    しかし1960年8月には、ダグラスDC-8-32型機を太平洋路線に投入したことから、急速に太平洋路線の乗客数が回復した。その後もダグラスDC-8シリーズの増強を続け、翌1961年6月には、これまではエールフランス航空との共同運航だった北回りヨーロッパ線の自社運航を同機で開始し、アンカレジ経由で(ノルウェーのボードーでのテクニカルランディングを行う場合もあった)パリとロンドン、コペンハーゲンへの乗り入れを開始した。これ以降、アジアやヨーロッパ、アメリカ各地を中心とした国際線と国内幹線を中心に急速に規模を拡大した。また、日本の高度経済成長に伴う国内、国際航空貨物の急増に対応してダグラスDC-7FやダグラスDC-8Fなどの貨物専用機を次々と導入し、その路線網を拡充していった。また、1962年には銀座の旧本社跡に銀座日航ホテルを開業し、ホテル事業に進出した。日本航空の歴史 フレッシュアイペディアより)

8610件中 91 - 100件表示

「首都パリ」のニューストピックワード