11314件中 101 - 110件表示
  • パフューム ある人殺しの物語

    パフューム ある人殺しの物語から見たパリパリ

    『パフューム ある人殺しの物語』(原題: '''' )は、2006年製作のドイツ・フランス・スペイン合作映画。18世紀のパリを舞台にしたパトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』の映画化。パフューム ある人殺しの物語 フレッシュアイペディアより)

  • 笈田ヨシ

    笈田ヨシから見たパリパリ

    笈田 ヨシ(おいだ よし、Yoshi Oïda、1933年7月26日 - )は、日本の俳優・演出家。旧芸名は笈田勝弘。兵庫県神戸市出身。パリ在住。内外の舞台で活躍。笈田ヨシ フレッシュアイペディアより)

  • 第52回世界卓球選手権個人戦

    第52回世界卓球選手権個人戦から見たパリパリ

    リープヘル第52回世界卓球選手権個人戦(だい52かいせかいたっきゅうせんしゅけんこじんせん)は、2013年5月13日から5月20日までフランスのパリで開催さた卓球大会。第1〜16コートはパレ・オムニスポール・ド・パリ・ベルシー、第17〜38コートはINSEPに設置され、それぞれで試合が行われた。第52回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・フラメル

    ニコラ・フラメルから見たパリパリ

    ニコラ・フラメルまたはニコラス・フラメル(Nicolas Flamel、1330年 ポントワーズ- 1418年 パリ)はパリの出版業者。錬金術にも関係し、金属変成や、賢者の石の製造に成功したという伝説がある。ニコラ・フラメル フレッシュアイペディアより)

  • シャルル・ボードレール

    シャルル・ボードレールから見たパリパリ

    ジョゼフ・フランソワ・ボードレールの息子としてパリに生まれる。ジョゼフはパリ大学で哲学と神学を学んだ司祭であったが、後に職を辞し、芸術家らと交わるなど、芸術に深い関心を持っていたという。第一帝政下で上院議員の議長を務めるなどした人物でもあった。晩婚のジョゼフはボードレールが6歳のときに亡くなり、その1年半後、まだ若く美しい母カロリーヌは、将来有望な軍人オーピックと再婚する。ボードレールは母の再婚に深く傷つき、生涯エディプス・コンプレックスというべき鬱屈とした感情を抱えることになる。シャルル・ボードレール フレッシュアイペディアより)

  • クアドリガ

    クアドリガから見たパリパリ

    近代のクアドリガの彫刻の原点は、「勝利のクァドリガ」の異名を持つサン・マルコの馬という古代の彫刻であり、古代のクアドリガの彫刻としては唯一現存している。元々はコンスタンティノープル競馬場の建物の上にあったもので、現在はヴェネツィアのサン・マルコ寺院にある。1204年の第4回十字軍に参加したヴェネツィアの十字軍が持ち去って、サン・マルコ寺院に設置した。1797年、ナポレオンがパリに持ち去ったが、1815年にヴェネツィアに返還された。大気汚染のため、本物は1980年代に博物館に移されており、現在サン・マルコ寺院にあるのはレプリカである。クアドリガ フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ヴィエルヌ

    ルイ・ヴィエルヌから見たパリパリ

    ルイ・ヴィクトル・ジュール・ヴィエルヌ(Louis Victor Jules Vierne, 1870年10月8日 ポワティエ – 1937年6月2日 パリ)は、フランスのオルガニスト・作曲家・音楽教師。ルイ・ヴィエルヌ フレッシュアイペディアより)

  • 国立自然史博物館 (フランス)

    国立自然史博物館 (フランス)から見たパリパリ

    本博物館は、パリ第5区(最寄駅 : パリメトロモンジュ広場駅 Place Monge)のパリ植物園内にある当初からのものの他、フランス全土に施設を有する(下記参照)。パリ植物園にある陳列館は、鉱物学・地質学陳列館、比較解剖学・古生物学陳列館、そして有名な進化大陳列館(Grande Galerie de l'évolution)である。博物館所属の古くからある動物園(Ménagerie)もこの植物園内にある。国立自然史博物館 (フランス) フレッシュアイペディアより)

  • パリ・ブリュッセル・アムステルダム間の列車

    パリ・ブリュッセル・アムステルダム間の列車から見たパリパリ

    パリ・ブリュッセル・アムステルダム間の列車は、フランスのパリとベルギーのブリュッセルおよびオランダのアムステルダムを結ぶ国際列車である。パリ・ブリュッセル・アムステルダム間の列車 フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック建築

    ゴシック建築から見たパリパリ

    ゴシック建築(英語:Gothic Architecture)は、12世紀後半から花開いたフランスを発祥とする建築様式。最も初期の建築は、パリ近くのサン=ドニ(聖ドニ)大修道院教会堂(Basilique de Saint-Denis)の一部に現存する。イギリス、北部および中部イタリア、ドイツのライン川流域、ポーランドのバルト海沿岸およびヴィスワ川などの大河川流域にわたる広範囲に伝播した。ゴシック建築 フレッシュアイペディアより)

11314件中 101 - 110件表示

「首都パリ」のニューストピックワード