8610件中 11 - 20件表示
  • 2008年夏季オリンピックの開催地選考

    2008年夏季オリンピックの開催地選考から見たパリパリ

    2008年夏季オリンピックの開催地選考には10都市が立候補した。その後、IOC(国際オリンピック委員会)の理事会による1次選考で5都市に絞られた候補都市のうち、2001年7月13日の第112次IOC総会において中国の北京が開催地に決定した。そのほかに開催地を争っていた候補都市は、カナダのトロント、フランスのパリ、トルコのイスタンブール、日本の大阪市である。北京は2回目の投票で圧倒的な過半数を得て中国で初の五輪開催を勝ち取った。IOCの委員やメディアは北京が勝利した要因として「中国は世界一の人口を有し、経済的にも発展を遂げていることや、反ドーピング政策にも力をいれてきている」という点や「8年前のシドニーとの大接戦」を挙げた。 北京は8年前に行われた2000年夏季オリンピックの開催地を決める投票において、IOC委員の過半数近い票を得るもオーストラリアのシドニーに僅か2票差で敗れて開催を逃していた。2008年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • 大野敬正

    大野敬正から見たパリパリ

    また、パリ近郊ヴィルパントで開催されたJapan Expo 2011では、最終日メインステージのトリをつとめ、3千人超のオーディエンスを熱狂させた。大野敬正 フレッシュアイペディアより)

  • 世界都市

    世界都市から見たパリパリ

    2013年現在、主要な学術調査において最も評価されている世界都市はニューヨークとロンドンであり、他のあらゆる都市を引き離し「二大世界都市」としての地位を確立している。かつて「三大」の一角と評価されることが多かった東京は、東京金融市場が担うグローバルな機能がニューヨークやロンドンほど発展しなかったことや、日本の長期的な経済の低迷などもあり、一歩後退したとされている。ただ、依然として東京の総合的な都市力は非常に高く、パリを含めた上位4都市を「四大世界都市」として位置付けることも多い。伝統的な四大世界都市が上位を維持している一方、アジアの代表的な金融センターである香港とシンガポールは、特にビジネス関連をより一層重視した世界都市格付けにおいて、パリや東京と並ぶ、あるいはそれらを上回る評価を得ている。また、ロサンゼルス、シカゴ、ワシントンD.C.、ソウルも多くの指標でトップ10にランクインしており、屈指の世界都市と言える。2012年4月、アメリカのA.T.カーニーらが最新版の世界都市指数(GCI)を公表した。総合評価ではニューヨークが前回に続き世界第1位となり、以下、ロンドン、パリ、東京、香港が続いた。10年から20年後には、北京と上海が世界トップクラスの世界都市へ成長する潜在性があるとの調査報告も出している。世界都市 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ジロドゥ

    ジャン・ジロドゥから見たパリパリ

    ジャン・ジロドゥ(Jean Giraudoux)は、フランスの外交官・劇作家・小説家。1882年10月29日、オート=ヴィエンヌ県の小都邑ベラックに生まれ、1944年1月31日、ナチス占領末期のパリに没した。ジャン・ジロドゥ フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・メクセペル

    フリードリヒ・メクセペルから見たパリパリ

    1974年 1913年に製造された狭軌道の蒸気機関車 ”Henschel” を購入。 「寄せ集め」("Sammelsurium")「電球」("Birne")「時計」("Uhr")「ヴォルプスヴェーデの静物」("Worpsweder Stilleben")「アメリカのテーブル」("Amerikanischer Tisch")「気象学的な静物」("Meteorologischen Stilleben")「二つのボトル」("Zwei Flaschen")と題する7点のエッチング(カラー作品6点、モノクロ作品1点)にタイトルページの作品1点を収めたオリジナル銅版画集「静物」("Nature Morte")をベルリンの Propyläen Verlag、パリの Galerie Berggruen、ローマの Patheon Presse より共同出版。フリードリヒ・メクセペル フレッシュアイペディアより)

  • イタリア・ルネサンス年表

    イタリア・ルネサンス年表から見たパリパリ

    1345年 - 【フランス】パリのノートルダム大聖堂完成(1163年 - )。イタリア・ルネサンス年表 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・クローデル

    ポール・クローデルから見たパリパリ

    1868年、北仏エーヌ県のヴィルヌーヴ=シュル=フェール(Villeneuve-sur-Fère)村で、父ルイ・母ルイーズの4人の子の、末子に生まれた。収税官の父の転勤で幼時を転々としたのち、1881年、パリのルイ大王高等中学校に学んだ。1884年、バカロレアに合格して哲学級へ進級し、級友のロマン・ロランとコンサートへ通い、また、文学に親しんだ。1885年、パリ大学法学部へ進んだ。ポール・クローデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルター・ベンヤミン

    ヴァルター・ベンヤミンから見たパリパリ

    1930年、年頭、パリ滞在。3月離婚が成立する。8月、北極圏旅行。11月母、死去する。ヘッセルとの共訳でプルースト「ゲルマントの方へ」刊行。ヴァルター・ベンヤミン フレッシュアイペディアより)

  • 松方コレクション

    松方コレクションから見たパリパリ

    上記の1916年から1918年にかけての欧州滞在を第1回目の収集旅行とすると、2回目の収集旅行は1921年(大正10年)4月から1922年2月にかけてで、この時はロンドンのほか、パリ、ベルリンに渡った。このときの渡航は、日本海軍の依頼で潜水艦(Uボート)の設計図を入手するのが密かな目的だったという。松方の名は既にコレクターとして知られており、当時健在であった印象派の巨匠モネとも直接に交渉し作品を購入した。画商などから購入するときも剛胆で、ステッキで「ここからここまで」と指して購入したとの逸話も伝えられる。このパリ滞在時には矢代幸雄が同行しており、パリ近郊ジヴェルニーのモネ邸を訪問した際の様子は、矢代の著書『芸術のパトロン』に描写されている。それによると、松方はモネの自邸に飾ってある自作の中から18点を選び、所望した。モネは「自宅に飾ってあるのは自分のお気に入りの作品だが」と言いつつ、「君はそんなに私の作品が好きなのか」と言って快く譲渡してくれたという。松方コレクション フレッシュアイペディアより)

  • ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り

    ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通りから見たパリパリ

    「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」は、ハンガリーの世界遺産の一つである。ハンガリーの首都ブダペストはその美しさに定評があり、「ドナウの真珠」、「ドナウのバラ」、「ドナウの女王」、「東欧のパリ」など、それを称える異名をいくつも持っている。この世界遺産はその街並みが登録されたもので、登録名が示すようにドナウ川両岸の歴史地区、そして大陸ヨーロッパ初の地下鉄が通るアンドラーシ通りが対象となっている。ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り フレッシュアイペディアより)

8610件中 11 - 20件表示

「首都パリ」のニューストピックワード