11314件中 11 - 20件表示
  • ロシアのクラシック音楽史

    ロシアのクラシック音楽史から見たパリパリ

    これらはあくまでもロシアから見た東洋のイメージに過ぎなかったが、こうしたオリエンタリズムを取り込んだディアギレフのパリ公演では、皮肉なことに東洋的要素がパリから見て東方のロシア音楽の特徴のひとつとして受容された。こうして、オリエンタリズムは「典型的なロシア的なもの」「ロシアの国民的特色」と見なされるようになった。オリエンタリズムは、ソ連時代にはプロパガンダとして提示されるに至った(下記の節参照)。ロシアのクラシック音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • 将太の寿司

    将太の寿司から見たパリパリ

    デュカスの暴言や彼の作る「寿司とは呼べない寿司」に腹を立て、世界に日本の寿司を知らしめるためと豪語し、就労ビザを取らずにフランス・パリへ飛び立つ。将太の寿司 フレッシュアイペディアより)

  • 正義者同盟

    正義者同盟から見たパリパリ

    1834年、パリにおいて結成されたドイツ人亡命者や遍歴職人から成る秘密結社の追放者同盟(:de:Bund der Geächteten)(亡命者同盟とも訳す)から1837年に分離独立して結成された最初のドイツ人共産主義結社である。これが後の共産主義者同盟になる。正義者同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・コポー

    ジャック・コポーから見たパリパリ

    ジャック・コポー(Jacques Copeau 1879年2月4日 - 1949年10月20日)は、フランス現代演劇の開拓者。劇団主宰者、演劇批評家、劇作家、俳優、NRF誌創刊グループの一人。パリに生まれ、ブルゴーニュのボーヌに没した。ジャック・コポー フレッシュアイペディアより)

  • コリューシュ

    コリューシュから見たパリパリ

    コリューシュ(Coluche)、本名ミシェル・コルッチ(Michel Colucci)は、フランスの俳優である。主に喜劇俳優(コメディアン、ユーモリスト)だが、後年にはシリアスな役も少なからず演じた。1944年10月28日パリ14区生まれ、1986年6月19日アルプ=マリティム県オピオで没。コリューシュ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年夏季オリンピックの開催地選考

    2008年夏季オリンピックの開催地選考から見たパリパリ

    2008年夏季オリンピックの開催地選考には10都市が立候補した。その後、IOC(国際オリンピック委員会)の理事会による1次選考で5都市に絞られた候補都市のうち、2001年7月13日の第112次IOC総会において中国の北京が開催地に決定した。そのほかに開催地を争っていた候補都市は、カナダのトロント、フランスのパリ、トルコのイスタンブール、日本の大阪市である。北京は2回目の投票で圧倒的な過半数を得て中国で初の五輪開催を勝ち取った。IOCの委員やメディアは北京が勝利した要因として「中国は世界一の人口を有し、経済的にも発展を遂げていることや、反ドーピング政策にも力をいれてきている」という点や「8年前のシドニーとの大接戦」を挙げた。北京は8年前に行われた2000年夏季オリンピックの開催地を決める投票において、IOC委員の過半数近い票を得るもオーストラリアのシドニーに僅か2票差で敗れて開催を逃していた。2008年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・メクセペル

    フリードリヒ・メクセペルから見たパリパリ

    1974年 1913年に製造された狭軌道の蒸気機関車 ”Henschel” を購入。 「寄せ集め」("Sammelsurium")「電球」("Birne")「時計」("Uhr")「ヴォルプスヴェーデの静物」("Worpsweder Stilleben")「アメリカのテーブル」("Amerikanischer Tisch")「気象学的な静物」("Meteorologischen Stilleben")「二つのボトル」("Zwei Flaschen")と題する7点のエッチング(カラー作品6点、モノクロ作品1点)にタイトルページの作品1点を収めたオリジナル銅版画集「静物」("Nature Morte")をベルリンの Propyläen Verlag、パリの Galerie Berggruen、ローマの Patheon Presse より共同出版。フリードリヒ・メクセペル フレッシュアイペディアより)

  • アポロの杯

    アポロの杯から見たパリパリ

    『婦人公論』7月号 - 「憂鬱なヨーロッパ」(のち「欧州紀行」〈ジュネーヴにおける数時間、パリ―シルク・メドラノ、ロンドン及びギルドフォード〉)アポロの杯 フレッシュアイペディアより)

  • テオドール・シャセリオー

    テオドール・シャセリオーから見たパリパリ

    シャセリオーは、カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島のサマナ(現ドミニカ共和国)に生まれた。父親はフランス人で、島がまだフランスの植民地(サン=ドマング)だった頃は行政職だった。母親はクレオールの地主の娘だった。1821年、家族はパリに移り、そこでシャセリオーはスケッチに早熟な才能を見せた。1830年、11歳の時、シャセリオーはアングルのアトリエに入ることを認められ、この新古典主義巨匠の愛弟子となった。アングルは人々にこう言ったそうだ。「見たまえ、紳士諸君。この子はきっと絵のナポレオンになるよ」。テオドール・シャセリオー フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルター・ベンヤミン

    ヴァルター・ベンヤミンから見たパリパリ

    1930年、年頭、パリ滞在。3月離婚が成立する。8月、北極圏旅行。11月母、死去する。ヘッセルとの共訳でプルースト「ゲルマントの方へ」刊行。ヴァルター・ベンヤミン フレッシュアイペディアより)

11314件中 11 - 20件表示

「首都パリ」のニューストピックワード