11314件中 21 - 30件表示
  • セーヌ=サン=ドニ県

    セーヌ=サン=ドニ県から見たパリパリ

    パリ-リール間、パリ-ストラスブール間、パリ-ミュルーズ間の各路線やグランド・サンチュールなどの重要な鉄道路線がセーヌ=サン=ドニ県内を通過する。セーヌ=サン=ドニ県 フレッシュアイペディアより)

  • 都市

    都市から見たパリパリ

    アジア以外の例:ロサンゼルス、シカゴ、ニューヨーク、メキシコシティ、サンパウロ、シドニー、ロンドン、マドリード、パリ、ハンブルク、アムステルダム、モスクワ、カイロ、ダーバン、ブエノスアイレスなど。都市 フレッシュアイペディアより)

  • 夜想曲 (フォーレ)

    夜想曲 (フォーレ)から見たパリパリ

    なお、献呈相手のマルグリット・ボニは、画家ウジェーヌ・ボニの夫人であり、のち1892年に彫刻家ルネ・ド・サン=マルソーとの再婚も経ながら、1870年から1930年にかけてパリの音楽中心のサロンを催した。彼女のサロンでは、フォーレのほか、シャブリエ、メサジェ、ドビュッシー、ラヴェル、プーランクら音楽家たちが常連となり、交友関係を結んだり、芸術上の刺激を受けることになった。夜想曲 (フォーレ) フレッシュアイペディアより)

  • イタリア・ルネサンス年表

    イタリア・ルネサンス年表から見たパリパリ

    1345年 - 【フランス】パリのノートルダム大聖堂完成(1163年 - )。イタリア・ルネサンス年表 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・クローデル

    ポール・クローデルから見たパリパリ

    1868年、北フランス、エーヌ県の村で、父ルイ・母ルイーズの4人の子の末子に生まれた。収税官の父の転勤で幼時を転々としたのち、1881年、パリのルイ大王高等中学校に学んだ。1884年、バカロレアに合格して哲学級へ進級し、級友のロマン・ロランとコンサートへ通い、また、文学に親しんだ。1885年、パリ大学法学部へ進んだ。ポール・クローデル フレッシュアイペディアより)

  • ドルジェル伯の舞踏会

    ドルジェル伯の舞踏会から見たパリパリ

    ラディゲは『ドルジェル伯の舞踏会』を18歳から20歳(1921年から1923年9月末)にかけて書き上げたが、その後1923年11月末頃に突如、体調を崩して腸チフスと診断され、パリのピッシニ街の病院に入院し、病床で校正刷をチェックしながら治療に専念していた。しかし快方には向かわずに、そのまま12月12日に20歳の短い生涯を閉じた。『ドルジェル伯の舞踏会』はラディゲの遺作となり、死後の1924年にBernard Grassetより書き下ろし出版された。翻訳版は現在まで世界各国で行われている。ドルジェル伯の舞踏会 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ジロドゥ

    ジャン・ジロドゥから見たパリパリ

    ジャン・ジロドゥ(Jean Giraudoux、1882年10月29日 - 1944年1月31日)は、フランスの外交官・劇作家・小説家。オート=ヴィエンヌ県の小都邑ベラック生まれ。ナチス占領末期のパリで死去。ジャン・ジロドゥ フレッシュアイペディアより)

  • ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り

    ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通りから見たパリパリ

    ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り(ブダペストのドナウかがんとブダじょうちくおよびアンドラーシどおり)は、ハンガリーの世界遺産の一つである。ハンガリーの首都ブダペストはその美しさに定評があり、「ドナウの真珠」、「ドナウのバラ」、「ドナウの女王」、「東欧のパリ」など、それを称える異名をいくつも持っている。この世界遺産はその街並みが登録されたもので、登録名が示すようにドナウ川両岸の歴史地区、そして大陸ヨーロッパ初の地下鉄が通るアンドラーシ通りが対象となっている。ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り フレッシュアイペディアより)

  • ガルニエ宮

    ガルニエ宮から見たパリパリ

    ガルニエ宮(Palais Garnier)は、フランスの首都パリにある歌劇場である。単にオペラ座(l'Opéra)と呼ばれることもある。パリ国立オペラの公演会場の一つである。ガルニエ宮 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパにおける政教分離の歴史

    ヨーロッパにおける政教分離の歴史から見たパリパリ

    フランス北東部のノワイヨンの町に生まれたジャン・カルヴァンは、1523年にパリに上り、パリ大学で、近代的教育法の祖といわれるのもとでラテン語の教育を受け、人文学・スコラ哲学を学び、さらにフランス・カトリックの一大根拠地であり、反福音主義の牙城ともいうべきで5年にわたって哲学、文法、弁論術などを学んで、次いでオルレアンとブールジュの大学で法学を修め、合わせてギリシア語・ヘブライ語も学んだ。1533年11月1日、パリ大学の新しい総長は福音主義者で、信仰義認をテーマとした総長就任演説をおこなったが、そこにルターの表現が含まれていたため、その演説後ただちに異端の申し立てがなされ、コップはフランス国内を転々とした。この演説の草稿づくりにカルヴァンも関与したことで、彼自身もパリを脱出せざるを得なくなり、1534年には檄文事件で激化した弾圧を避けるためコップとともにスイスのバーゼルに亡命した。こうしてジャン・カルヴァンは改革者への道を歩み出すこととなった。カルヴァンはバーゼルの地で主著『キリスト教綱要』を1536年に刊行している。ヨーロッパにおける政教分離の歴史 フレッシュアイペディアより)

11314件中 21 - 30件表示

「首都パリ」のニューストピックワード