8610件中 41 - 50件表示
  • マクベス (ヴェルディ)

    マクベス (ヴェルディ)から見たパリパリ

    改訂版初演:1865年4月21日、パリ・リリック劇場にてマクベス (ヴェルディ) フレッシュアイペディアより)

  • ルクソール神殿

    ルクソール神殿から見たパリパリ

    アメン大神殿とはスフィンクスの参道で結ばれていた。神殿入口となる第1塔門の前には1対のラムセス2世の坐像、その手前にはオベリスク(高さ25メートル)が1本立っている。オベリスクは本来左右2本あったが、右側の1本(高さ22.55メートル)は1819年、フランスに贈られてパリに運ばれ、現在コンコルド広場にある。ルクソール神殿 フレッシュアイペディアより)

  • ル・キャピトール (列車)

    ル・キャピトール (列車)から見たパリパリ

    ル・キャピトール()はフランス国鉄がパリのオステルリッツ駅とトゥールーズのマタビオ駅の間で運行していた列車である。1967年にフランスで初、世界では3番目(長期間続いたものとしては東海道新幹線に次ぎ2番目)の最高速度200km/hでの運転を開始した。ル・キャピトール (列車) フレッシュアイペディアより)

  • ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス

    ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスから見たパリパリ

    ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス(Venice Simplon-Orient-Express, 略称VSOE)は、オリエント・エクスプレス・ホテルズ社が運行しているヨーロッパの観光列車である。2012年現在では、通常はロンドン - 間およびカレー - パリ - ヴェネツィア(ベニス)間で運行されている。イギリスと大陸では別の編成を利用している。車両は主に1920年代に製造され、国際寝台車会社(ワゴン・リ)や英国プルマン社の豪華列車で用いられていた寝台車、食堂車、サロン車(パーラー・カー、プルマン車)などである。ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • ル・ミストラル (列車)

    ル・ミストラル (列車)から見たパリパリ

    ル・ミストラル(Le Mistral)は1950年から1982年までパリ - ニース間をリヨン、マルセイユ経由で結んでいたフランス国鉄の昼行列車である。1965年から1981年まではTEEの一列車でもあった。フランスを代表する豪華列車であったが、TGVと引き替えに廃止された。ル・ミストラル (列車) フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・シラク

    ジャック・シラクから見たパリパリ

    1932年11月29日、フランスの首都パリでユダヤ系の家庭に誕生した。父親は銀行員で、のちに飛行機会社の役員になった。ジャック・シラク フレッシュアイペディアより)

  • 三部会

    三部会から見たパリパリ

    1302年、フランス王フィリップ4世が、ローマ教皇ボニファティウス8世と争った際に(アナーニ事件参照)、王側が国民の支持を得るために、パリのノートルダム大聖堂に各身分の代表を招集したのが最初とされる。三つの身分はそれぞれ、第一身分である聖職者、第二身分である貴族、そして第三身分である平民で構成される。身分毎に各1票の議決権を有していた。王国のさまざまな問題について議論が行われたが、主たる議題は課税に関するものであった。三部会 フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンス・ミュシャ

    アルフォンス・ミュシャから見たパリパリ

    オーストリア帝国領モラヴィアのイヴァンチツェ(en)に生まれた。ブルノ中学校に入り教会の聖歌隊となった。夏休みに合唱隊の聖歌集の表紙を描くなど絵を得意とした。中学校を中退、地方裁判所で働く。19歳でウィーンに行き舞台装置工房で働きながら夜間のデッサン学校に通う。2年後失業。1883年ミクロフでクーエン・ブラシ伯爵に会い、その弟のエゴン伯爵がパトロンとなる。25歳のときエゴン伯爵の援助でミュンヘン美術院に入学、卒業し、28歳のときパリにてアカデミー・ジュリアンに通う。アルフォンス・ミュシャ フレッシュアイペディアより)

  • メアリ・ウルストンクラフト

    メアリ・ウルストンクラフトから見たパリパリ

    メアリ・ウルストンクラフトはスイス生まれでイギリスで活躍中のロマン主義の画家ヘンリー・フューズリ(Henry Fuseli; 元はドイツ語でヨーハン・ハインリヒ・フュースリー Johann Heinrich Füssli)に恋をするが、妻帯者であるフューズリへの思いを断ち切るためと、目下進行中のフランス革命の様子を観察するために、単身イギリスを去りフランスの首都パリへ渡る。メアリ・ウルストンクラフト フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・コシュロー

    ピエール・コシュローから見たパリパリ

    パリ近郊サン=マンデに生まれる。数ヶ月間ヴァイオリンの訓練を受けた後、1929年にマリユス=フランソワ・ガイヤールにピアノを師事。1933年にはマルグリット・ロンに入門し、3年後にはさらにポール・パヌセに入門。1938年、マルセル・デュプレの弟子であるマリ=ルイーズ・ジローからオルガンの手ほどきを受ける。アンドレ・フルーリとポール・ドラフォスのもとでオルガン演奏の研鑽を積み、1942年にはドラフォスの後任としてパリのサン=ロック教会のオルガニストに就任した。ピエール・コシュロー フレッシュアイペディアより)

8610件中 41 - 50件表示

「首都パリ」のニューストピックワード