11314件中 41 - 50件表示
  • パリメトロ13号線

    パリメトロ13号線から見たパリパリ

    パリメトロ13号線 (パリメトロ13ごうせん、仏: ) は、フランス・パリのメトロ(地下鉄)路線のひとつ。パリ交通公団(RATP)が運営する。パリの北、アニエール=ジュヌヴィリエ=レ・クルティーユ駅とサン=ドニ=ユニヴェルシテ駅から伸びる分岐線が合流し、南のシャティヨン=モンルージュ駅に至る。パリメトロ13号線 フレッシュアイペディアより)

  • レクイエム (ヴェルディ)

    レクイエム (ヴェルディ)から見たパリパリ

    ヴェルディは1873年の夏、妻ジュゼッピーナと過ごしたパリで殆どの作曲を行い、翌年4月頃までには完成したと考えられている。なお同中「ラクリモーサ(涙の日)」は『ドン・カルロ』のパリ初演(1867年)時に演奏時間の都合でカットされた部分の転用、「リベラ・メ(我を救い給え)」は上記「ロッシーニ・レクイエム」の自身の作曲部分の転用である。レクイエム (ヴェルディ) フレッシュアイペディアより)

  • マクベス (ヴェルディ)

    マクベス (ヴェルディ)から見たパリパリ

    改訂版初演:1865年4月21日、パリ・リリック劇場にてマクベス (ヴェルディ) フレッシュアイペディアより)

  • エルナーニ

    エルナーニから見たパリパリ

    前々作『ナブッコ』(初演1842年)、前作『十字軍のロンバルディア人』(同1843年)のミラノ・スカラ座初演が成功、ヴェルディの新進気鋭のオペラ作曲家としての評価は急速に高まりつつあった。ロッシーニは作曲から引退、ベッリーニは1835年に早世、ドニゼッティは主としてパリとウィーンを拠点に活動しており、ちょうどこの時イタリアは新たなオペラ作曲家を渇望していたという事情もある。エルナーニ フレッシュアイペディアより)

  • フレジュス鉄道トンネル

    フレジュス鉄道トンネルから見たパリパリ

    thumb|250px|フレジュス鉄道トンネルのイタリア側坑口フレジュス鉄道トンネルあるいはフレジュストンネル(イタリア語 : , フランス語 : )はイタリア・フランス国境のアルプス山脈にあるフレジュス峠を貫く鉄道トンネルであり、トリノからシャンベリを経由しリヨンまたはパリ方面に至る鉄道路線の一部を形成している。イタリア側(南側)の入口はピエモンテ州トリノ県のバルドネッキア、フランス側(北側)はローヌ=アルプ地域圏サヴォワ県のモダーヌ(Modane)である。フレジュス鉄道トンネル フレッシュアイペディアより)

  • ルクソール神殿

    ルクソール神殿から見たパリパリ

    アメン大神殿とはスフィンクスの参道で結ばれていた。神殿入口となる第1塔門の前には1対のラムセス2世(紀元前1279-1213年頃)の坐像、その手前にはオベリスク(高さ25メートル)が1本立っている。オベリスクは本来左右2本あったが、右側の1本(高さ22.55メートル)は1819年、フランスに贈られてパリに運ばれ、現在コンコルド広場にある。ルクソール神殿 フレッシュアイペディアより)

  • 美術商

    美術商から見たパリパリ

    また、ギャラリストは何人か抱えた美術家を一斉に売り出し、結果的に美術運動を仕掛けたり、一国の美術を世界にアピールすることもある。先駆的な例では、印象派などの作家の紹介に力を入れた19世紀後半のパリの画商ポール・デュラン=リュエルや19世紀末のアンブロワーズ・ヴォラールは、売れていないが芸術的に重要な傾向の絵画を買い取り、売れるように尽力した画商である。20世紀前半にパリに居たドイツ人画商、ヘンリー・カーンワイラーはモンパルナスに集まった世界各国からの画家達を扱い、キュビスムやエコール・ド・パリの画家達を有名にした。1950年代後半にニューヨークに画廊を開いたレオ・キャステリは当時流行していた抽象表現主義とは違う具象的なイメージを流用した画家に注目して契約し、後にポップアートと呼ばれる運動を後押しして美術界での大きな影響力を得た。美術商 フレッシュアイペディアより)

  • 三部会

    三部会から見たパリパリ

    1302年、フランス王フィリップ4世が、ローマ教皇ボニファティウス8世と争った際に(アナーニ事件参照)、王側が国民の支持を得るために、パリのノートルダム大聖堂に各身分の代表を招集したのが最初とされる。三つの身分はそれぞれ、第一身分である聖職者、第二身分である貴族、そして第三身分である平民で構成される。身分毎に各1票の議決権を有していた。王国のさまざまな問題について議論が行われたが、主たる議題は課税に関するものであった。三部会 フレッシュアイペディアより)

  • ル・ミストラル (列車)

    ル・ミストラル (列車)から見たパリパリ

    ル・ミストラル(Le Mistral)は1950年から1982年までパリ - ニース間をリヨン、マルセイユ経由で結んでいたフランス国鉄の昼行列車である。1965年から1981年まではTEEの一列車でもあった。フランスを代表する豪華列車であったが、TGVと引き替えに廃止された。ル・ミストラル (列車) フレッシュアイペディアより)

  • The Saboteur

    The Saboteurから見たパリパリ

    1940年代のナチスに占領されたパリとその近郊、フランスとドイツの国境の町であるザールブリュッケンが舞台で、当時の街並みが忠実に再現されている。The Saboteur フレッシュアイペディアより)

11314件中 41 - 50件表示

「首都パリ」のニューストピックワード