11314件中 51 - 60件表示
  • サド侯爵夫人

    サド侯爵夫人から見たパリパリ

    舞台は、パリのモントルイユ夫人邸のサロン。サド侯爵夫人・ルネの母の家である。登場人物は、モントルイユ夫人、ルネ、シミアーヌ男爵夫人、サン・フォン伯爵夫人、ルネの妹・アンヌ、家政婦・シャルロットの女性6人のみで、話題の中心人物であるサド侯爵(アルフォンス)は登場しない。サド侯爵夫人 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ジューヴェ

    ルイ・ジューヴェから見たパリパリ

    ルイ・ジューヴェ(Louis Jouvet、1887年12月24日 - 1951年8月16日)は、フランスの男優、演出家、劇団主宰者。パリを本拠としながら、内外へも度々巡演した。日本には、1937年輸入公開された『女だけの都』以降の、多くのフランス映画に登場して知られた。ルイ・ジュヴェとも表記する。当代の新作のほか、古典とくにモリエールを、演出し演技した。ルイ・ジューヴェ フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・コシュロー

    ピエール・コシュローから見たパリパリ

    パリ近郊サン=マンデに生まれる。数ヶ月間ヴァイオリンの訓練を受けた後、1929年にマリユス=フランソワ・ガイヤールにピアノを師事。1933年にはマルグリット・ロンに入門し、3年後にはさらにポール・パヌセに入門。1938年、マルセル・デュプレの弟子であるマリ=ルイーズ・ジローからオルガンの手ほどきを受ける。アンドレ・フルーリとポール・ドラフォスのもとでオルガン演奏の研鑽を積み、1942年にはドラフォスの後任としてパリのサン=ロック教会のオルガニストに就任した。ピエール・コシュロー フレッシュアイペディアより)

  • パリ=シャルル・ド・ゴール空港

    パリ=シャルル・ド・ゴール空港から見たパリパリ

    パリ=シャルル・ド・ゴール空港(パリ=シャルル・ド・ゴールくうこう、)は、フランスの首都パリの国際空港である。フランスの軍人・大統領のシャルル・ド・ゴールにちなんで名付けられた。パリ=オルリー空港と並ぶ、パリの空の玄関口のひとつ。フランス最大の空港である。シャルル・ド・ゴール国際空港(シャルル・ド・ゴールこくさいくうこう)とも呼ばれる。パリ=シャルル・ド・ゴール空港 フレッシュアイペディアより)

  • フランス革命期における非キリスト教化運動

    フランス革命期における非キリスト教化運動から見たパリパリ

    憲法制定国民議会は、1791年9月3日、フランス初の憲法(1791年憲法)を可決し、これはまもなく国王ルイ16世によって承認された。この憲法は、教会を国家権力のもとにおき、権力の世俗化を図ることを1つの特徴としていた。これに先立つ新しい地方行政制度やギルドの廃止を定めたル・シャプリエ法、教会財産を担保とする債券アッシニアの発行、聖職者民事基本法、あるいは、そのほか行政や財産に関する法令が次々と成立したが、1791年憲法とこれらの一連の法令にもとづく体制を「1791年憲法体制」と呼んでいる。ここでは、権力の世俗化とともにギルドなどの社団的な中間権力をなくして権力の一元化が推し進められた。1791年憲法では、税の支払能力によって能動市民と受動市民とに分け、能動市民による制限選挙によって選ばれた議員による、一院制の新しい議会をひらくことが定められた。こうした自由主義的な立憲君主制が軟着陸するためには、国王側の協力が条件となっていたが、革命側からすれば、これは不確実なものと把握されていた。議会が二院制論をしりぞけ、立法機関の行政機関に対する優位を強調して国王拒否権に難色を示したのも、宮廷に対する疑念からであった。国王一家がパリを脱出し、その日のうちにヴァレンヌで捕捉された1791年6月20日の事件(ヴァレンヌ事件)は、国民を見捨てようとした国王夫妻に対するこうした疑念を押しひろげ、それはときに激しい嫌悪をともなうものであった。フランス革命期における非キリスト教化運動 フレッシュアイペディアより)

  • ナチス・ドイツのフランス侵攻

    ナチス・ドイツのフランス侵攻から見たパリパリ

    6月14日、ドイツ軍がパリに無血入城し、6月16日、フランスのポール・レノー内閣は総辞職、後継のフィリップ・ペタン元帥はドイツへの降伏を決断した。6月22日、コンピエーニュの森において休戦条約が調印され(独仏休戦協定)、フランス(当時第三共和政)は崩壊した。アルザス=ロレーヌ、サヴォワ・ニースはそれぞれドイツ、イタリアに割譲され、パリを含む北部フランスはドイツ軍の占領下に、南部フランスはペタンを首班とするフランス国(ヴィシー政権)として独立を許されたものの、実際にはドイツの保護国であった。一方、前国防次官シャルル・ド・ゴール准将は亡命先のイギリスで「自由フランス」を結成し、フランス国民に対独抗戦の継続とヴィシー政権への抵抗を呼びかけることとなる。ナチス・ドイツのフランス侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たパリパリ

    レストランが星を1つ獲得するとその店の売り上げは30%増え、ある国でミシュランガイドが刊行されると、その国でミシュランタイヤを買おうと思う人が3%増えるといわれるが、オンライン化の波に乗り遅れたガイド・地図事業自体は毎年1500万ユーロの赤字となっている。2010年にアクセンチュアがコンサルティングを行い、このままでは2015年には年間の赤字が1900万ユーロ、2011年から4年間の累積で8000万ユーロになるとし「廃刊」を含む3つのシナリオが提示されたとされる。ガイド・地図部門はデジタル・トラベル・アシスト部門と統合され、これに伴いパリ中心部7区にあったガイド・地図部門も、パリ郊外ブローニュ=ビヤンクールにあるデジタル・トラベル・アシスト部門のオフィスに引っ越した。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンス・ミュシャ

    アルフォンス・ミュシャから見たパリパリ

    オーストリア帝国領モラヴィアのに生まれた。ブルノ中学校に入り教会の聖歌隊となった。当時は音楽家を志したが、1875年に声が出なくなり志を諦める。コーラス・グループの仲間のひとりにレオシュ・ヤナーチェクがいた。夏休みに合唱隊の聖歌集の表紙を描くなど絵を得意とした。中学校を中退、地方裁判所で働く。19歳でウィーンに行き舞台装置工房で働きながら夜間のデッサン学校に通う。この頃、ハンス・マカルトの作品に触れ、多大な影響を受けた。2年後失業。1883年、ミクロフでクーエン・ブラシ伯爵に会い、その弟のエゴン伯爵がパトロンとなる。25歳のときエゴン伯爵の援助でミュンヘン美術院に入学、卒業し、28歳のときパリにてアカデミー・ジュリアンに通う。アルフォンス・ミュシャ フレッシュアイペディアより)

  • オリエント急行

    オリエント急行から見たパリパリ

    オリエント急行の起源は国際寝台車会社(日本での通称「ワゴン・リ」社)により1883年に運行がはじめられたパリ - コンスタンティノープル(イスタンブール)間の列車(当時は一部船舶連絡)である。その後、西ヨーロッパとバルカン半島を結ぶ国際寝台車会社の列車群が「オリエント急行」を名乗るようになった。西ヨーロッパ側の起点はパリのほかフランスのカレーやベルギーのオーステンデなどがあり、バルカン半島側の終点はイスタンブールのほかギリシアのアテネやルーマニアのコンスタンツァ、ブカレストなどがあった。これらの列車は出発地や途中の経路により以下のように名付けられていた。オリエント急行 フレッシュアイペディアより)

  • 松方コレクション

    松方コレクションから見たパリパリ

    上記の1916年から1918年にかけての欧州滞在を第1回目の収集旅行とすると、2回目の収集旅行は1921年(大正10年)4月から1922年2月にかけてで、この時はロンドンのほか、パリ、ベルリンに渡った。このときの渡航は、日本海軍の依頼で潜水艦(Uボート)の設計図を入手するのが密かな目的だったという。松方の名は既にコレクターとして知られており、パリのベルネーム・ジューヌやディラン・リュエル等の画商めぐりには、1921年3月からパリに留学中でフランス語が堪能な成瀬正一が屡々同行した。成瀬の松岡譲宛書簡(1921・9・5付)には、「此頃松方さんが 来て方々絵を買ひに歩いてゐる。ゴオガン十五六枚、セザンヌ四十八枚、クウルベ十枚を筆頭に沢山買つた。矢代君も一緒だ。日本で展覧したら立派なものだらう。世界の大抵の美術館には劣るまい。八百枚以上の名画があるんだから」とある。矢代幸雄が後年『芸術新潮』に書いた「松方幸次郎」には、「当時、私と共に松方さんについて歩いたのは、私と東大以来親しくしていた成瀬正一であった。成瀬は十五銀行の頭取の息子で、菊池や芥川の仲間であった。彼の当時新婚の奥さんは、川崎造船所の川崎家より来ており、従って松方さんはこの新婚の夫婦をパリで子供のように可愛がり、また成瀬は絵が好きなので、松方さんの画商めぐりにはよく私と一緒について歩き、また二人で松方さんの顔をきかせて方々の蒐集家を訪問して、いろいろ見せてもらつた。それで自然に成瀬は松方さんに画の選択について言うことになっていたが、もともと非常に金持ちの坊っちゃんで臆面なしであり、殊に、松方さんには何でも言える間柄であったから、成瀬の意見は松方さんに通りがよく、それで私は屡々松方さんに何か言う時、成瀬に応援を頼んだ。...彼は殊に二人の画家を推奨して已まなかった。一人はギュスターブ・モローであり、これは確かに彼の文学趣味から来ていた。...もう一つ成瀬が好きだったのはクールベーであった。...松方さんと一緒に歩くと、頻りにクールベーを求めるので、しまいには画商の方も承知して何時行っても何かよいクールベーを見せてくれるようになった。その中には随分いいクールベーもあったが、どの程度松方さんが買われたか、よく知らない。しかし日本に割合に多くクールベーの佳品から、以下いろいろの程度のクールベー風の作品が入っているのは、成瀬と共に歩く松方さんが自然に多くクールベーを買われ、その結果、敏感なるパリの美術市場は日本人のお客とみれば、クールベーを出して見せたためではなかろうか。お陰で私はよいクールベーの勉強が出来、松方コレクションにもよい作品が入っているようである。」とある。松方は当時健在であった印象派の巨匠モネとも直接に交渉し作品を購入した。画商などから購入するときも剛胆で、ステッキで「ここからここまで」と指して購入したとの逸話も伝えられる。パリ近郊ジヴェルニーのモネ邸を訪問した際の様子は、矢代の著書『芸術のパトロン』に描写されている。それによると、松方はモネの自邸に飾ってある自作の中から18点を選び、所望した。モネは「自宅に飾ってあるのは自分のお気に入りの作品だが」と言いつつ、「君はそんなに私の作品が好きなのか」と言って快く譲渡してくれたという。松方コレクション フレッシュアイペディアより)

11314件中 51 - 60件表示

「首都パリ」のニューストピックワード