8610件中 81 - 90件表示
  • エヴァ・イオネスコ

    エヴァ・イオネスコから見たパリパリ

    エヴァ・イオネスコ(Eva Ionesco, 1965年7月18日 - 別表記:エバ・イヨネスコ)は、パリ生まれ、フランスのモデル・女優。エヴァ・イオネスコ フレッシュアイペディアより)

  • 第33SS武装擲弾兵師団

    第33SS武装擲弾兵師団から見たパリパリ

    しかし、「反共」と銘打った部隊ではあったものの、集まった隊員の中には文字通り反共の念に燃える者もいれば、単にドイツでの強制労働を逃れたいだけの者や、入隊によって支給される高給を目当てとした者もいるなど、お世辞にも隊員すべてが反共思想の持ち主である部隊とはいえなかった。そのうえ、この部隊はドイツが対ソ開戦に踏み切ったのを機に、パリに割拠する対独協力諸団体の領袖たちが自発的に”大同団結”して創設したものであって、ドイツからのさし金があったわけでもなければ、ヴィシー政権もまったく関与していなかった。第33SS武装擲弾兵師団 フレッシュアイペディアより)

  • クアドリガ

    クアドリガから見たパリパリ

    近代のクアドリガの彫刻の原点は、「勝利のクァドリガ」の異名を持つサン・マルコの馬という古代の彫刻であり、古代のクアドリガの彫刻としては唯一現存している。元々はコンスタンティノープル競馬場の建物の上にあったもので、現在はヴェネツィアのサン・マルコ寺院にある。1204年の第4回十字軍に参加したヴェネツィアの十字軍が持ち去って、サン・マルコ寺院に設置した。1797年、ナポレオンがパリに持ち去ったが、1815年にヴェネツィアに返還された。大気汚染のため、本物は1980年代に博物館に移されており、現在サン・マルコ寺院にあるのはレプリカである。クアドリガ フレッシュアイペディアより)

  • 男性・女性

    男性・女性から見たパリパリ

    本作のとりあえずの原作は、19世紀の文豪ギ・ド・モーパッサンの短編小説『ポールの恋人』(1881年)と『合図』(1886年)である。まるでいっしょに脚本を執筆したようにクレジットするのが、ゴダール式である。「15の明白な真実 15 faits précis」と副題された通りの15のエピソードで、1965年冬のパリの若者の姿をダイレクトに捉える。男性・女性 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松林太郎

    赤松林太郎から見たパリパリ

    2001年 神戸大学卒業と同時に渡仏し、2003年にパリ・エコール・ノルマル音楽院の室内楽高等演奏家課程を審査員満場一致で首席卒業赤松林太郎 フレッシュアイペディアより)

  • メス (フランス)

    メス (フランス)から見たパリパリ

    パリ、メス、ストラスブール、ザールブリュッケン、ドイツの大都市圏へ通じる東西の軸メス (フランス) フレッシュアイペディアより)

  • コメディ・フランセーズ

    コメディ・フランセーズから見たパリパリ

    コメディ・フランセーズ(Comédie-Française)は、1680年に結成された、フランスを代表する、王立の、後に国立の、劇団である。また、その劇団が本拠とする、パリのパレ・ロワイヤルに建つ劇場の名称でもある。2008年現在、コメディ・フランセーズは、ほかに2つの劇場をもつ。コメディ・フランセーズ フレッシュアイペディアより)

  • モリエール (列車)

    モリエール (列車)から見たパリパリ

    モリエール(Molière)、旧名パリ・ルール(Paris-Ruhr)はフランスのパリとドイツ北西部のドルトムント、ケルンなどをベルギー南部経由で結んでいた国際列車である。1954年にパリ・ルールの名で運行を開始し、1973年にモリエールと改名、1997年にタリスがケルンまで乗り入れたのとともに廃止された。1957年から1979年まではTEEであり、その後1980年から1983年までと1986年からはインターシティ、1987年からはユーロシティであった。モリエール (列車) フレッシュアイペディアより)

  • パルジファル (列車)

    パルジファル (列車)から見たパリパリ

    パルジファル(Parsifal)、はフランスのパリとドイツ北西部のドルトムント、ハンブルクなどをベルギー南部経由で結んでいた国際列車である。1957年から1997年まで運行されており、1979年まではTEEの一列車であった。その後1983年からは国際インターシティ、1987年からはユーロシティとなった。パルジファル (列車) フレッシュアイペディアより)

  • グランド・オペラ

    グランド・オペラから見たパリパリ

    グランド・オペラ(英語でgrand opera, 本来はフランス語でgrand opéra(グラントペラ))は、19世紀前半のフランス・パリのオペラ座を中心にして流行した、オペラの一様式を表す用語である。この言葉を正確に定義付けるのは難しいが、今日では様々な要素において「大規模」なオペラをグランド・オペラ様式と称することが多い。歴史的題材を採用した台本、数多くのキャスト(主要登場人物)、大規模なオーケストラ編成、豪華な舞台衣装、スペクタクル的な舞台効果などに加えて、音楽面では台詞語りがなく(すなわちドラマ進行はレチタティーヴォによる)、構成上は4幕あるいは5幕の多数幕立てとして、多くの場合バレエを含むことなどが特徴である。もっとも、19世紀前半のフランスでは台詞なしのオペラは、1幕物であってもgrand opéraと称されていたので、歴史文献にあたる場合は若干の注意が必要である。グランド・オペラ フレッシュアイペディアより)

8610件中 81 - 90件表示

「首都パリ」のニューストピックワード

  • 乗り入れ

  • 解散権は日銀にもマスコミにもない

  • 日米の抑止力、日米韓の緊密な連携をしっかり発信し、プレゼンスを示していくことが重要だ