前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1129件中 1 - 10件表示
  • アルゼンチンの歴史

    アルゼンチンの歴史から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    現在のアルゼンチンに相当する地域はトルデシリャス条約に基づき、スペインの優先権が認められていたために、アルゼンチンは1516年のスペイン人の征服者フアン・ディアス・デ・ソリスの到来によって「発見」され、植民地化が始まった。1522年のエステバン・ゴメスによるマルビーナス諸島の「発見」、1526年のセバスチャン・カボットの航海などを経て、1536年にバスク人の貴族ペドロ・デ・メンドーサによってラプラタ川河口にヌエストラ・セニョーラ・サンタ・マリア・デ・ラ・ブエン・アイレが建設されたことにより、スペインの定住植民地となった。ヨーロッパ人の到達以降、この地に居住していた人々は、自らがインドに到達したと思いながら死んでいったコロンに因み、「インディオ」(インド人)と呼ばれるようになった。アルゼンチンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレスアルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • デボラ・ディオニシウス

    デボラ・ディオニシウスから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2013年9月7日、ブエノスアイレスのエスタディオ・ルナ・パルクでオルガ・フリオと対戦し、3-0(100-88、99-88、99-89)の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。デボラ・ディオニシウス フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ (ローマ教皇)

    フランシスコ (ローマ教皇)から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ()は、1936年にアルゼンチンの首都ブエノスアイレス特別区フローレス区で、イタリア系移民の子として生まれた。父のマリオ・ホセ・ベルゴリオは、ピエモンテ州のポルタコマーロ出身の鉄道職員であり、母のレジーナ・マリア・シヴォリもまたイタリア系移民の子で、ブエノスアイレス出身である。夫婦は中流の労働者階層で5子をもうけたが、ホルヘ・マリオは幼少期に感染症により右肺の一部を摘出している。マリオ・ホセはホルヘ・マリオが小学校を卒業すると「教育上の配慮から」会計士事務所に働きに出された。サレジオ会が経営するラモス・メジア・サレジオ学院(現ウィルフリド・バロン学院)を経て、ブエノスアイレス大学で化学を学び学士号を取得した。フランシスコ (ローマ教皇) フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンの地理

    アルゼンチンの地理から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2010年の人口は約4,210万人であり、世界全体で32番目に人口が多い国である。アルゼンチンの人口はラプラタ川河口部に集中しており、南部のパタゴニアなどの人口は稀薄である。1990年の調査では、首都ブエノスアイレス自治市の人口密度は14,650人/km2に達したが、州としてもっとも人口密度が高いトゥクマン州でも43人/km2であり、南部のチュブ州は1.2人/km2、サンタ・クルス州は0.5人/km2だった。先住民のほとんどはアンデス山脈の山麓に住んでおり、低地には一部の採集狩猟民が散在するのみだったが、ヨーロッパからの移民の大部分は大西洋岸に移住し、人口の重心が西から東へと変化した。アルゼンチンの地理 フレッシュアイペディアより)

  • シーザー・ペリ

    シーザー・ペリから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1996年: Edificio República、ブエノスアイレス、アルゼンチンシーザー・ペリ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・マイダナ

    マルコス・マイダナから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2006年12月22日、ブエノスアイレスでWBAフェデラテンスーパーライト級王者ミゲル・カリスト(パナマ)とWBA世界スーパーライト級王者アンドレアス・コテルニクへの挑戦権を賭けて対戦し、3回2分59秒TKO勝ちを収めWBAフェデラテン王座の獲得、アンドレアス・コテルニクへの挑戦権も獲得した。マルコス・マイダナ フレッシュアイペディアより)

  • マルセラ・アクーニャ

    マルセラ・アクーニャから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2001年4月28日、母国初試合としてブエノスアイレスでジャミリア・ローレンスと対戦し、初勝利となる4回戦2-1(39.5-37.5、37-39、39-37.5)の判定勝ちを収めた。マルセラ・アクーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ウシュアイア

    ウシュアイアから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    20世紀前半のほとんどは、市は凶悪犯を収容する刑務所の周りに発展していた。囚人の脱走を困難なものにするため、かつてイギリスがオーストラリアを流刑地にしたのにならい、アルゼンチン政府は首都ブエノスアイレスから遠く離れた、このフエゴ島という孤島に流刑地を造ったのであった。流刑囚はここに住み着くほかはなく、刑務所の周りの山から木を切り、平地に運んで町をつくるのにほとんどの時間を費やした。また、森林から町へと木材を運ぶための鉄道も建設した。現在では、この鉄道は南フエゴ鉄道(スペイン語名: El Tren del Fin del Mundo - 「世界の果ての鉄道」の意)という観光用の鉄道として使われている。ウシュアイア フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの歴史

    ペルーの歴史から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1717年にペルー副王領からボゴタを主都にパナマ、カラカス、キトを含む地域が、イギリスの攻撃に備えることを目的にヌエバ・グラナダ副王領として分離された。ヌエバ・グラナダ副王領は一旦廃止されたものの、1739年に復活した。ペルーの衰退は、それまで貿易特権により、リマ商人とパナマ地峡を経由してヨーロッパとの貿易を行う必要があったブエノスアイレスやチリ、ベネズエラなどのペルー副王領内の周辺的な地域が、ヨーロッパとの直接交易が可能になった1748年以降相対的に進行して行った。植民地時代のリマでは都市文化が栄えており、特に1761年から1776年まで着任した副王アマトはリマの市街地整備や演劇の振興に尽力した。ペルーの歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1129件中 1 - 10件表示

「首都ブエノスアイレス」のニューストピックワード