前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
770件中 1 - 10件表示
  • アルゼンチンの歴史

    アルゼンチンの歴史から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    現在のアルゼンチンに相当する地域はトルデシリャス条約に基づき、スペインの優先権が認められていたために、アルゼンチンは1516年のスペイン人の征服者フアン・ディアス・デ・ソリスの到来によって「発見」され、植民地化が始まった。1522年のエステバン・ゴメスによるマルビーナス諸島の「発見」、1526年のセバスチャン・カボットの航海などを経て、1536年にバスク人の貴族ペドロ・デ・メンドーサによってラプラタ川河口にヌエストラ・セニョーラ・サンタ・マリア・デ・ラ・ブエン・アイレが建設されたことにより、スペインの定住植民地となった。ヨーロッパ人の到達以降、この地に居住していた人々は、自らがインドに到達したと思いながら死んでいったコロンに因み、「インディオ」(インド人)と呼ばれるようになった。アルゼンチンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ダカール・ラリー

    ダカール・ラリーから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    以前は、例年1月1日(前年の12月末に始まることもある)にフランスの首都・パリからスタートし、スペインのバルセロナからアフリカ大陸に渡り、セネガルの首都・ダカールまでのおよそ12000kmを走ることで知られていたが、2009年からは南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスからチリを回る周回コースに、2012年からはペルーを加えた3カ国を通るルートとなった。1981年より国際自動車連盟(FIA)と国際モーターサイクリズム連盟(FIM)の公認レースとなっている。ダカール・ラリー フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。2009年のGDPは約3100億ドル(約27兆円)であり、神奈川県よりやや小さい経済規模である。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • シーザー・ペリ

    シーザー・ペリから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1996年: Edificio República、ブエノスアイレス、アルゼンチンシーザー・ペリ フレッシュアイペディアより)

  • クイズマジックアカデミーのクイズ概要

    クイズマジックアカデミーのクイズ概要から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

     1.アブジャ 2.ブエノスアイレス 3.アルジェ 4.ティラナクイズマジックアカデミーのクイズ概要 フレッシュアイペディアより)

  • コルドバ (アルゼンチン)

    コルドバ (アルゼンチン)から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    コルドバ(Córdoba)はアルゼンチンのコルドバ州の州都。ブエノスアイレスの西北西に700kmに位置する。現在の人口は127万人であり(2001年)、ブエノスアイレスに次ぐ第二の都市である。コルドバ (アルゼンチン) フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの歴史

    ペルーの歴史から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1717年にペルー副王領からボゴタを主都にパナマ、カラカス、キトを含む地域が、イギリスの攻撃に備えることを目的にヌエバ・グラナダ副王領として分離された。ヌエバ・グラナダ副王領は一旦廃止されたものの、1739年に復活した。ペルーの衰退は、それまで貿易特権により、リマ商人とパナマ地峡を経由してヨーロッパとの貿易を行う必要があったブエノスアイレスやチリ、ベネズエラなどのペルー副王領内の周辺的な地域が、ヨーロッパとの直接交易が可能になった1748年以降相対的に進行して行った。植民地時代のリマでは都市文化が栄えており、特に1761年から1776年まで着任した副王アマトはリマの市街地整備や演劇の振興に尽力した。ペルーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ダカール・ラリー(1月1日?16日、アルゼンチン・ブエノスアイレス発着)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ウシュアイア

    ウシュアイアから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    20世紀前半のほとんどは、市は凶悪犯を収容する刑務所の周りに発展していた。囚人の脱走を困難なものにするため、かつてイギリスがオーストラリアを流刑地にしたのにならい、アルゼンチン政府は首都ブエノスアイレスから遠く離れた、このフエゴ島という孤島に流刑地を造ったのであった。流刑囚はここに住み着くほかはなく、刑務所の周りの山から木を切り、平地に運んで町をつくるのにほとんどの時間を費やした。また、森林から町へと木材を運ぶための鉄道も建設した。現在では、この鉄道は南フエゴ鉄道(スペイン語名: El Tren del Fin del Mundo - 「世界の果ての鉄道」の意)という観光用の鉄道として使われている。ウシュアイア フレッシュアイペディアより)

  • パラグアイ

    パラグアイから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1537年にブエン・アイレからの探検隊によりアスンシオンが建設されると、スペイン領となった。この建設はラ・プラタ川からアルト・ペルーへの陸路と存在すると思われた「銀の山」を探すためであり、かつポルトガルの領土拡張に対する防塞建設のための遠征の結果だった。パラグアイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
770件中 1 - 10件表示

「首都ブエノスアイレス」のニューストピックワード