770件中 11 - 20件表示
  • チリ

    チリから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    16世紀以来チリはスペインの植民地であったが、ナポレオン戦争によるヨーロッパの混乱と、フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトが兄のジョゼフ・ボナパルトをスペイン王ホセ1世に据えたことに対する、スペインでの民衆蜂起が発端となったスペイン独立戦争が勃発すると、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否した。ラパスやキト、サンタフェ・デ・ボゴタといった各地でクリオーリョの間に独立運動の気運が高まる中、チリでも1810年にブエノスアイレスで勃発した五月革命 の影響により、クリオーヨ達は「開かれた市会」の開催を要求し、同年9月18日に開かれ、政治委員会の設立が決議された。1811年2月21日の法令で、チリの港を国際貿易に解放することが定められ、スペイン領アメリカの主要都市に置かれていた当時組織アウディアンシアの廃止を決定された。フアン・マルティネス・ロサスがサンティアゴ・デ・チレに自治政府を創設し、国民議会を招集して奴隷の輸入禁止、奴隷の子の自由を保障する決議などを行った。さらに独立を志向する自由主義者達は、共和国建設を計画はじめていた。チリ フレッシュアイペディアより)

  • パラグアイの歴史

    パラグアイの歴史から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1537年8月15日、聖母の被昇天の日にブエノスアイレスから出発したスペインの探検家によってパラグアイ川の畔にヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオンが建設された。先住のグアラニー族たちは、スペイン人と出会うと女性を提供し、共存を受け入れた。1542年にはラ・プラタ地方の地方長官として、ブエノスアイレスが放棄されていたためアスンシオンにカベサ・デ・バカが派遣されたが、風紀の粛正に努めたカベサ・デ・バカは1545年に現地化したスペイン社会の代表者イララによって追放されてしまった。当初グアラニー族たちは共通の敵だった狩猟民との戦いを目的にスペイン人と蜜月関係を築いていたが、1556年にエンコミエンダ制が導入され、グアラニー族がスペイン人に分配されるようになると、それまで「義兄弟」だったグアラニー族とスペイン人の関係は一挙に険悪なものとなり、1579年に起きたオベラーの反乱のように、16世紀後半を通してグアラニー族の反乱が相次いだ。パラグアイでは当初エンコミエンダ制として、グアラニー族の拡大家族制度テピイを基盤に先住民を生涯を通して奴隷労働力とするヤナコナ制が採用されたが、後にヤナコナ制は先住民を一定期間の労働力として使用するミタ制に取って代わられた。パラグアイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 都市

    都市から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アジア以外の例:ロサンゼルス、シカゴ、ニューヨーク、メキシコシティ、サンパウロ、シドニー、ロンドン、マドリード、パリ、ハンブルク、アムステルダム、モスクワ、カイロ、ダーバン、ブエノスアイレスなど。都市 フレッシュアイペディアより)

  • 2020年夏季オリンピック

    2020年夏季オリンピックから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2020年夏季オリンピック(2020ねんかきオリンピック)は、2020年に開かれる予定の第32回夏季オリンピックである。2013年9月7日にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われる第125次IOC総会で開催地が決定する。2020年夏季オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • ウルグアイ

    ウルグアイから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    フランス革命以降、ヨーロッパで続いたナポレオン戦争により、ナポレオン・ボナパルトの指導するフランスとスペインが同盟を結び、イギリスと戦うことになると、イギリスはラ・プラタ地方に目をつけ、1806年にブエノスアイレスに侵攻し、また、同年モンテビデオを占領する。ホセ・ヘルバシオ・アルティーガスはこのイギリス軍の侵攻に対して民兵隊を率いてあたり、1807年にブエノスアイレスでポルテーニョ民兵隊に敗れたイギリス軍はモンテビデオからも撤退した。翌1808年フランス軍がスペインに侵入し、ナポレオンは自身の兄ジョゼフをスペイン王ホセ1世として即位させた。それに反発する住民が蜂起し、スペイン独立戦争が勃発すると、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否し、各地でクリオージョ達による自治、独立運動が進んだ。ウルグアイ フレッシュアイペディアより)

  • CAサン・ロレンソ

    CAサン・ロレンソから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    CAサン・ロレンソ()は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスのボエド地区を本拠地とするサッカークラブチーム。CAサン・ロレンソ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ビアンチ

    カルロス・ビアンチから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    カルロス・ビアンチ(Carlos Bianchi, 1949年4月26日 - )はアルゼンチン・ブエノスアイレス出身の元サッカー選手、監督。カルロス・ビアンチ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ウルリヒ・キンスキー

    フランツ・ウルリヒ・キンスキーから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    フランツ・ウルリヒ・キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ(独:Franz Ulrich Kinsky von Wchinitz und Tettau, 1936年10月7日 ウィーン - 2009年4月2日 ブエノスアイレス)は、ボヘミアの旧貴族、資産家。キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ侯爵家の第11代当主。全名はフランツ・ウルリヒ・ヨハンネス・クレメンス・クリストフォルス・アントニウス・ボナフェントゥラ・マリア(Franz Ulrich Johannes Clemens Christophorus Antonius Bonaventura Maria)。チェコ語名はフランティシェク・オルジフ・キンスキー・ゼ・ヴヒニッツ・ア・テトヴァ(捷:František Oldřich Kinský ze Vchynic a Tetova)。フランツ・ウルリヒ・キンスキー フレッシュアイペディアより)

  • フアン・パブロ・ソリン

    フアン・パブロ・ソリンから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    フアン・パブロ・ソリン(Juan Pablo Sorín, 1976年5月5日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の元サッカー選手。2006 FIFAワールドカップではアルゼンチン代表のキャプテンを務めた。ポジションはDF(左サイドバック)、MF(左ウイングバック、左ウイング)。ユダヤ人である。フアン・パブロ・ソリン フレッシュアイペディアより)

  • 文野旅行社

    文野旅行社から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アルゼンチンのブエノスアイレスに事務所があり、日本語が通じる旅行会社である。文野旅行社 フレッシュアイペディアより)

770件中 11 - 20件表示

「首都ブエノスアイレス」のニューストピックワード