1129件中 21 - 30件表示
  • ウルグアイ

    ウルグアイから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    フランス革命以降、ヨーロッパで続いたナポレオン戦争により、ナポレオン・ボナパルトの指導するフランスとスペインが同盟を結び、イギリスと戦うことになると、イギリスはラ・プラタ地方に目をつけ、1806年にブエノスアイレスに侵攻し、また、同年モンテビデオを占領する。はこのイギリス軍の侵攻に対して民兵隊を率いてあたり、1807年にブエノスアイレスで民兵隊に敗れたイギリス軍はモンテビデオからも撤退した。翌1808年フランス軍がスペインに侵入し、ナポレオンは自身の兄ジョゼフをスペイン王ホセ1世として即位させた。それに反発する住民が蜂起し、スペイン独立戦争が勃発すると、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否し、各地でクリオージョ達による自治、独立運動が進んだ。ウルグアイ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ウルリヒ・キンスキー

    フランツ・ウルリヒ・キンスキーから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    フランツ・ウルリヒ・キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ(独:Franz Ulrich Kinsky von Wchinitz und Tettau, 1936年10月7日 ウィーン - 2009年4月2日 ブエノスアイレス)は、ボヘミアの旧貴族、資産家。キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ侯爵家の第11代当主。全名はフランツ・ウルリヒ・ヨハンネス・クレメンス・クリストフォルス・アントニウス・ボナフェントゥラ・マリア(Franz Ulrich Johannes Clemens Christophorus Antonius Bonaventura Maria)。チェコ語名はフランティシェク・オルジフ・キンスキー・ゼ・ヴヒニッツ・ア・テトヴァ(捷:František Oldřich Kinský ze Vchynic a Tetova)。フランツ・ウルリヒ・キンスキー フレッシュアイペディアより)

  • ドミンゴ・マテウ

    ドミンゴ・マテウから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1765年にスペインのバルセロナで生まれた。イギリス軍のブエノスアイレス侵攻の際は、コルネリオ・サアベドラと共に戦った。五月革命後にプリメラ・フンタの委員となり、1831年にブエノスアイレスで亡くなった。ドミンゴ・マテウ フレッシュアイペディアより)

  • フローレス (ブエノスアイレス)

    フローレス (ブエノスアイレス)から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    フローレス(Flores)は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス特別区の中央部にある地区(バリオ)である。コムーナ7に所属している。フローレス (ブエノスアイレス) フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ウッズ・ブリス

    ロバート・ウッズ・ブリスから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1904年、ブリスはロシア帝国のサンクトペテルブルク大使館で二等書記官となり、1907年1月まで駐在した。その後ブリスは1907年から1909年までベルギーのブリュッセル公使館で書記官を、1909年から1912年までアルゼンチンのブエノスアイレス公使館で書記官を務め、1912年から1916年までフランスのパリ大使館で書記官を務めた。ブリスは1916年から1920年までフランスのパリ大使館で参事官を務めた。また1918年、ブリスはオランダのハーグ公使館で臨時の代理公使も務めた。ロバート・ウッズ・ブリス フレッシュアイペディアより)

  • マタンサ川

    マタンサ川から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    マタンサ川(、「屠殺の川」の意味)、マタデロス川(、「食肉解体場の川」の意味)、マンサーナ川(、「リンゴの川」の意味)は、アルゼンチンのブエノスアイレス州とブエノスアイレス自治市を流れる全長64kmの川。単にリアチュエーロ(、「小川」の意味)とも呼ばれる。マタンサ川 フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・ペレス・カルドーソ

    フェリックス・ペレス・カルドーソから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1908年パラグアイの地方に生まれる。若い頃よりアルパ・パラグアジャ(パラグアイのハープ)を習得し、演奏グループを結成してパラグアイ首都のアスンシオンで本格的に演奏活動を始める。さらに海外に演奏活動の場を求め、ブエノスアイレスを拠点にパラグアイ出身の音楽家として大活躍した。1952年、ブエノスアイレスで病死した。フェリックス・ペレス・カルドーソ フレッシュアイペディアより)

  • リテラトゥーロス・ランカイ

    リテラトゥーロス・ランカイから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    リテラトゥーロス・ランカイ()は、南北アメリカで発行されていたリトアニア語の文芸雑誌。1952年から1959年までブエノスアイレスで不定期で刊行されていた。リテラトゥーロス・ランカイ フレッシュアイペディアより)

  • ヘネラル・パス通り

    ヘネラル・パス通りから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ヘネラル・パス通り()は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス自治市の西側を取り巻くように走る環状高速道路である。大部分がブエノスアイレス自治市とブエノスアイレス州の境界線の上を走り、アルゼンチンでも数少ない無料の高速道路のひとつである。公式名称はアルゼンチン国道A001号線()である。ほとんどの区間は片側3車線であり、パンアメリカンハイウェイとラプラタ川の間は片側5車線となる。両方向に側道が付随しており、途中にはガソリンスタンドやファストフードレストランを有するサービスエリアがある。ヘネラル・パス通り フレッシュアイペディアより)

  • バスク系アルゼンチン人

    バスク系アルゼンチン人から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アルゼンチンにおけるバスク移民は、19世紀末から20世紀初頭にバスク地方からアルゼンチンへの移民によって生まれた。バスク人は既にスペイン植民地としてのアルゼンチンの征服、開発と独立の時代から大きな役割を果たした。ブエノスアイレスの再建者であるフアン・デ・ガライはバスク人である。バスク系アルゼンチン人 フレッシュアイペディアより)

1129件中 21 - 30件表示

「首都ブエノスアイレス」のニューストピックワード