770件中 21 - 30件表示
  • ダニエラ・クルコウェル

    ダニエラ・クルコウェルから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ダニエラ・クルコウェル(Daniela Yael Krukower、1975年1月6日- )は、アルゼンチンのブエノスアイレス出身の柔道選手。階級は63kg級。身長175cm。ダニエラ・クルコウェル フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アゴーテ

    ルイス・アゴーテから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ブエノスアイレス市出身。ブエノスアイレス大学の医学部で学び、化膿性肝炎に関する論文で1893年に医学の学位を得た。健康省の役人になり、1895年からは、マルティン・ガルシア島のハンセン病患者の病院の病院長となった。1899年からブエノスアイレスのHospital Rawsonで働いた。1905年からブエノスアイレス大学の医学の助教授、1915年から教授となった。1914年に研究所を設立し、研究を行い、特に輸血に関する研究に功績があった。血友病患者の治療のために Lucio Imazとともに輸血の研究を行った。輸血のための血液の保存のために特殊な保管方法と温度管理を行う方法は失敗した。血液の凝固を避けるための添加物の動物実験を行い、クエン酸ナトリウムが凝固を防ぎ、人体への影響も小さいことを発見した。抗凝固剤を加えた血液での最初の人体への輸血の施術は、1914年11月9日、大学の学長、医学部の学長の立会いのもとで行われ成功した。300ccの輸血が行われ、患者は回復した。第一次世界大戦の勃発により、負傷兵の治療にこの技術は重要で広く行われるようになった。戦争が終わった後、この方法は独立して3人の医学者が、それぞれ発見していたことがわかった。ベルギーのアルベール・ユスタンが1914年3月27日に、輸血治療をしており、ドイツ系アメリカ人のリチャード・ルーイソン(Richard Lewisohn)が1915年にニューヨークのマウントサイナイ病院 (Mount Sinai Hospita)で輸血治療をおこなっていた。ルイス・アゴーテ フレッシュアイペディアより)

  • リオプラテンセ・スペイン語

    リオプラテンセ・スペイン語から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    リオプラテンセ方言は主にブエノスアイレス、モンテビデオ、ロサリオといったこの地域の特に人口が密集した三つの都市に根付いており、これらの地域の郊外でも同様に話されている。リオプラテンセ・スペイン語 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・スコラ

    ルイス・スコラから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ルイス・スコラ(Luis Scola)ことルイス・アルベルト・スコラ・バルボア(Luis Alberto Scola Balvoa、1980年4月30日 - )は、アルゼンチンのプロバスケットボール選手である。NBAのフェニックス・サンズに所属している。ブエノスアイレス出身。ポジションはパワーフォワード。ルイス・スコラ フレッシュアイペディアより)

  • レオノール・フィニ

    レオノール・フィニから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    レオノール・フィニ(Leonor Fini、1907年8月30日、ブエノスアイレス - 1996年1月18日、パリ)はアルゼンチン人の画家。レオノール・フィニ フレッシュアイペディアより)

  • ハロッズ

    ハロッズから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アルゼンチンのブエノスアイレスにも直営の支店を有していたが、1922年に他の事業者に売却され、現在はハロッズ本社からは独立したハロッズ・ブエノスアイレスが経営している。このブエノスアイレスの店舗は2011年に一旦閉店したが、2013年に新装オープンが計画されている。ハロッズ フレッシュアイペディアより)

  • テトロ 過去を殺した男

    テトロ 過去を殺した男から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    『テトロ 過去を殺した男』(Tetro)は、フランシス・フォード・コッポラ監督・脚本・製作、ヴィンセント・ギャロ、アルデン・エーレンライク、マリベル・ベルドゥ出演の2009年のドラマ映画である。撮影は2008年にブエノスアイレス、パタゴニア、スペインで行われた。アメリカ合衆国では2009年6月11日に限定公開された。テトロ 過去を殺した男 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン・ブラジル戦争

    アルゼンチン・ブラジル戦争から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    戦争が始まるとすぐにドン・ペドロ1世は海軍を用いて連合州のモンテビデオ港とブエノスアイレス港を封鎖し、アルゼンチン海軍の基地はカルメン・デ・パタゴネスに移転した。1827年、ブラジルはアルゼンチンに対してより一層の封鎖を強くするために、カルメン・デ・パタゴネスを襲撃するものの、これは現地市民の抵抗により失敗することとなった。アルゼンチン・ブラジル戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ラス・ピエドラスの戦い

    ラス・ピエドラスの戦いから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1811年2月にモンテビデオ総督でラ・プラタ副王だったフランシスコ・ハビエル・デ・エリオはモンテビデオにてブエノスアイレスの革命委員会に対する戦いを宣言した。ブエノスアイレス主導の独立運動と呼応したホセ・アルティガスは軍を率いてモンテビデオを攻略しに向かった。ラス・ピエドラスの戦い フレッシュアイペディアより)

  • シスプラチナ州

    シスプラチナ州から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1816年ポルトガルのドン・ジョアンVI世は領土拡大を試みて、植民地時代からのスペインとの係争地だった東方州に侵攻した。当時東方州ではアルゼンチンのリトラル三州にまで及んだ連邦同盟を率いるホセ・アルティーガスとブエノスアイレスの軍勢が一進一退の攻防を繰り広げていたが、このことはポルトガルの侵攻を有利にした。1820年、ゲリラ的に抵抗していたアルティーガス軍は最終的敗北を喫し、アルティーガスはパラグアイに亡命、失脚することになる。こうして1821年、東方州はシスプラチナ州と改名され、ポルトガルの、そしてブラジル独立後はブラジル帝国の領土の一部なった。シスプラチナ州 フレッシュアイペディアより)

770件中 21 - 30件表示